« 花と緑のフェスティバル | トップページ | 高山植物室の春 »

熱帯雨林温室のインド

今、熱帯雨林温室の見ごろの花は…

入り口付近ではコレがお出迎え
Cimg5667
ウナヅキヒメフヨウ

名前の通り、頷いている芙蓉…

ハイビスカスが閉じたままうな垂れている…と言うと通じますか?

「宇奈月の芙蓉?」て、たまに聞かれます。残念…

「しおれてるの?」とも聞かれます。残念残念…

質問の多い花です…

Cimg5670
フイリソシンカ

沖縄の北谷町(ちゃたんちょう)の町花だそうです。

こんな素敵な花が街路樹だったらいいですね。

Cimg5671
マイソルヤハズカズラ

インド南部原産で、インドの都市、「マイソール」から名付けられました。

余談ですが、「マイソール」って、アシュタンガヨガというヨガの聖地なのです。

最近は日本でもヨガが普及して、日本からも毎年多くの人々が修行に行ってます。

インドつながりで、これも見ごろです。

Cimg5676

Cimg5680
ムユウジュ(無憂樹)

仏教三大聖木のひとつです。

お釈迦様がこの木の下で、母親の摩耶夫人の腋の下から産まれたといわれています。

他にも、悟りをひらいた木「菩提樹」、お釈迦様入滅の木「沙羅双樹」もあります。

そして、これもインド原産
Cimg5683
シロバナブラシマメ

本当にブラシ状。

時々、「かわいい」というお褒めの言葉をいただきます。

そしてこのフサフサは雄しべの集合体です。

昨日は春一番が吹いたそうで。

今日も植物園はポカポカ暖かく、温室よりも外へ行く方が多いこと。

今回はごくごく一部しかご紹介できませんでしたが、お花、増えてきましたよ。

|

« 花と緑のフェスティバル | トップページ | 高山植物室の春 »

見ごろの植物」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290176/33502342

この記事へのトラックバック一覧です: 熱帯雨林温室のインド:

« 花と緑のフェスティバル | トップページ | 高山植物室の春 »