« 熱帯雨林温室のインド | トップページ | キッズコーナー誕生! »

高山植物室の春

高山植物室は、本来標高の高い山で生きている植物に

ここまで降りてきてもらっているので、山より春が早いです。

高山植物なので、ここは温室ではありません。

ここに入るときは、いつもグッと気合入れるのです。寒いから。

今日は気合も肩透かし。ココも今日はなんだか春でした。

陽射し強かったですから。

Cimg5684
ヨウシュクモマグサ

これは洋種ですが、この仲間のクモマグサは、立山の浄土山では7月頃に見られます。

Cimg5688
プリムラシネンシス

日本では、春を告げる花はサクラですが、ネパールでは今頃の時期、

こんな可憐なサクラソウ科の花が春を告げるそうです。

Cimg5687
ヒマラヤワスレナグサ

これに近い「エゾムラサキ」という花は、初夏の上高地で群生を見られます。

似ているので、それをワスレナグサと思う人が多いようです。

そして、食べごろなのがコレ
Cimg5698
ギョウジャニンニク

おひたしなどでどうぞ。でもコレは見るだけにして下さいね。

アリシンが豊富で、動脈硬化に対抗します。

高山植物室を出るとすぐ見える木がコレ

何の木かわかります?
Cimg5713
ヘーゼルナッツの木、セイヨウハシバミ

何かぶら下がってますね。

これは花で、早春に、葉よりも早くつきます。

これがぶら下がっていました。
Cimg5712
Cimg5711

長いところが雄花、小さい赤い芽のように見えてるのが雌花。

雄花が開いて、花粉が飛んで雌花と受粉します。

あのヘーゼルナッツは、雌花の部分が大きくなってできるのです。

それは秋ぐらい。雄花の長い部分は、落ちてしまいます。

受粉が風まかせなので(風媒花)、

蝶たちを呼ぶために派手な花でいる必要がありません。

だから地味?独特?な花ですけど、着々と子孫繁栄の為に、春の準備始めてます。


春を告げるのはサクラだけじゃないですね。

みんなそれぞれのかたちで春を教えてくれています。









|

« 熱帯雨林温室のインド | トップページ | キッズコーナー誕生! »

見ごろの植物」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290176/33515939

この記事へのトラックバック一覧です: 高山植物室の春:

« 熱帯雨林温室のインド | トップページ | キッズコーナー誕生! »