« 雪もとけて… | トップページ | 雲南省 »

温室も毎日違う表情

今の時期の温室も目が離せなくなってきました。

回っているつもりなのですけど…

ぼんやりしていたのでしょうか。

気付いた時には「もう満開だった??」

熱帯雨林植物室のコレも、今朝教えられて気付きました。

こんな大物を見過ごしていたなんて…
Cimg6132
ヒスイカズラ

美しい翡翠色。

植物の世界でこの青は珍しいです。

そして色だけでなく、この花のカタチ。
Cimg6160
勾玉に見えませんか?

これも名前の由来のようです。

祈る女性にも見えますけどね。

翡翠の宝石言葉は幸運。

調べ方によっては、長寿、健康なども…

植物園で幸運見つけて下さい。

熱帯雨林植物室とラン温室との間です。

マメ科のつる性植物なので、温室の高い所で咲いています。

幸運をうっかり見過ごさないように、上、見ていて下さいね。

4月いっぱいは咲いていると思います。

そして、熱帯雨林植物室、花の香りの競演になってきました。

以前もご紹介したフイリソシンカ
Cimg6154
全体に花が咲き、満開です。

姿も美しいですが、香りも良いのです。

これだけ咲いていますからね、甘い香りが漂います。

そして、この花好きです。
Cimg6128
ニオイバンマツリ

花の色が紫から白へ変化します。

一つの木に二色の花が咲いているみたい。

姿は可憐ですが、香りはきちんと主張しています。

そして、年に何度か咲きます、この花。
Cimg6145
チョウセンアサガオ属の一種
(ダツラ・ウェルシコロル)

エンジェルトランペットの仲間です。

これも花色が白からオレンジ色へ変化するので、二色の花が乱れ咲いています。

形に目を奪われますが、このトランペット、顔を近づけてみると…青い良い香り。

入り口を入るとこれらが次々に現れるので、香りが追いかけてくるような…

今の時期は、ちょっと日にちを置くと温室の様子が変わります。

もちろん外も。

毎日来るのは大変だと思いますので、どうなったかな?って気にしていて下さい。

そして毎回変わる植物達を楽しんで下さいね。




|

« 雪もとけて… | トップページ | 雲南省 »

見ごろの植物」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290176/33811767

この記事へのトラックバック一覧です: 温室も毎日違う表情:

« 雪もとけて… | トップページ | 雲南省 »