« ボタニカルアート | トップページ | 午後の紅茶 »

園内バスの車窓から

おはようございます。

良い天気でございます。

今日は、園内を走る電気バスの車窓からの風景をお楽しみ下さい。

Cimg7872
本日の運転手は、中川さん。なぜか渋い顔。園内を知り尽くした中川さん。

運転手歴、長いです。しかし、日々勉強する姿勢に頭が下がります。

学んだことを、ユーモアを交えて説明しながら回ってくれるので、お客様には大人気。

このバスに乗って、初めて園内の奥まで行ったという方の多いこと。

Cimg7873
「さて、どこまわるかの」

Cimg7875
「香りの植物」近辺の道。

Cimg7877
藤棚が見えてきました。まだ満開。白い藤も見えます。

Cimg7878
桃源郷だった「サクラ・ウメ園」も鮮やかな緑色。

ここから南池に向かいます。この先、知らない方多いのです。もったいない~。

Cimg7879
南池が見えてきました。向こう岸にロッケリーを望んだ景色。

窓がないので開放的。半オープンカーの為、風が心地よく感じられます。

外周だけでなく、小道に入ってみましょう。

Cimg7882
森に入り、「河原の植物ゾーン」を通り、小川に架かる橋を渡ります。

この辺で、自分がどこにいるかわからなくなりがち。私は。

Cimg7883
「湿地の植物ゾーン」が再び見えてきました。

見る角度で景色が変わります。ここから見る向こう岸は海岸の植物。

ちょっと止まって見ごろの撮影。
Cimg7888
ヤブウツギ

Cimg7892
一面オレンジ色で埋め尽くされるのはもうすぐ。ニッコウキスゲ。

Cimg7911
珍しい。白いハマナス。

昨日の雨で、咲いているものは散っていたので、蕾の写真。

Cimg7919
センダイハギ
Cimg7920
一面きいろ。

Cimg7925
走りながら撮ったので、撮りたい景色を撮れなかったのですが…

「海岸の植物ゾーン」から見た池。

Cimg7930
カキツバタ

Cimg7933
花のプロムナード(桜並木)に架かる橋から北池を見ると…展示温室の全景。

Cimg7936
今は緑の桜並木。木陰をつくってくれています。

Cimg7937
「球根植物ゾーン」に差し掛かり、温室も近づいてきました。

Cimg7939
「雲南の植物ゾーン」の北池側。チヨウキンレンも見えてきたところで…

この先は撮ってないので終了。

ここまでのバスの旅、園内地図 と一緒に見ると、お分かりいただけますか?

外周を走らず、途中から小道に入るコースでしたが、景色の変化を感じていただけたのではないでしょうか。

東京ドーム5個分の広さ。歩くと気持ちが良いです。

でも、人によっては、「良い運動」どころじゃないかもしれません。

疲れるかな?歩くのに自信がないな…という方はもちろん、

歩いたことはあるけど、おじちゃんの説明聞きたい方も、是非どうぞ。


今日のブログには絶対に溝口肇のチェロ。


余談

この子が現れる季節になってきたようです。

Cimg7943
コンニチハ

Cimg7941
「春か…」と遠くを見る。

|

« ボタニカルアート | トップページ | 午後の紅茶 »

見ごろの植物」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290176/34702811

この記事へのトラックバック一覧です: 園内バスの車窓から:

« ボタニカルアート | トップページ | 午後の紅茶 »