« かき氷 | トップページ | お盆 »

夏の花

あついですね。

言葉にすると一層暑く感じるから、言ってはいけないとは思いながらも。

あっついですね。

さて、久しぶりに外の植物。

まずは世界の植物ゾーン。

今の時期、よく見かけるサルスベリ。
Cimg0717

近寄ると
Cimg0721

Cimg0731
こんなにヒラヒラ。中華料理の前菜でこのようなものがあったような。

そして、サルが滑りそうな幹。
Cimg0722
Wikiによると、「実際は難なく登ってしまう…」なんて書いてありましたが、そんなつまらないことを…
ツルツルです。人の肌のよう。

Cimg0727
園内、さすがに今の時期は暑いです。夏ですから当然ではありますが…

こんな木陰のベンチで、一休みしながら回って下さい。

自動販売機も設置されておりますが、「広い園内の果てで水分切れしたらどうしよう!」という方は、水筒持参が良いかもしれません。
熱射病には、くれぐれもご注意下さい。

サルスベリの園芸品種 ‘パープル・クィーン’
Cimg0735
ハッとするような紫色。

よく見るサルスベリと比べて、低いです。

向こうに赤いサルスベリが見えますよね。あれくらい低い。
Cimg0738

今の園内、芝生の広場。向こうに見えるのはサルスベリ。あんなに低い。
Cimg0788

ドーン
Cimg0740
アメリカフヨウ

大きい。

比べられるものがコレくらいしかなかったので。。。
Cimg0744
携帯の二倍の直径。

アメリカって感じですね。いい加減なこと言いましたか。

夏は、アオイ科の植物が次々に花を咲かせます。

トロロアオイ
Cimg0751
この花、食べたことあります。酢の物で。ネバトロっとして、スタミナつきそうな食感。

見覚えある姿
Cimg0752
オクラ?

オクラってアオイ科のトロロアオイ属だそうです。
でもコレが、いわゆるいつも食べてるオクラかどうかは…先生に聞いておきます。

オオボウシバナ
Cimg0772
花弁の青色の色素を絞り、和紙にしみ込ませたものを「青花紙」と言い、生地を染色する時の下絵を描くのに使用します。

日本の植物ゾーンへ。

さて、これもアオイ科ですね。ムクゲ。
Cimg0775

白い花も。
Cimg0776

ヤマナシ
Cimg0783
呉羽梨が楽しみです。もうすぐですね。

サンライトホールのエントランスに、変わった野菜。
Cimg0790
ニシインドコキュウリ

昨日食べました。炒めて。

なるほどキュウリです。
まわりがトゲトゲしていて、皮が少し硬い。
味は、大きくなると少し酸味が出るようで、ピクルス向きだと思います。

トマト‘レッド・ゼブラ’
Cimg0798
赤いシマウマ。色と模様が特徴的。

昔ながらのトマトの味がするらしいです。

苗、頂いて育てていますが、まだ結実してくれないので、味を知りません。

この苗はこんなにたわわに実っているのに。
Cimg0799
まるで4個パックになるために実ったかのような揃い方。

このままパックに入れて、すっきり納まります。

これもアオイ科。ハイビスカス。
Cimg0807

色や形も様々。
Cimg0815

Cimg0816

Cimg0827

アオイ科の植物って、花の写真だけ見ていると同じように見えるものが多いですが、大きさや、全体の姿など、やはりそれぞれの特徴があります。

これから咲くものでは、スイフヨウ(酔芙蓉)。

咲いて儚い酔芙蓉。

富山の人には、馴染みの花ですよね。

もうすぐ、おわら風の盆です。

追記

トロロアオイですが、調べたら「野菜のオクラと親戚で…」と書いてあったので、あのオクラとは違いました。「似ていることから『花オクラ』とも呼ぶ」そうです。

|

« かき氷 | トップページ | お盆 »

見ごろの植物」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290176/36105073

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の花:

« かき氷 | トップページ | お盆 »