« 本日の熱帯雨林植物室 | トップページ | 第4回 秋のラン展 »

本日のお外

本日11/19(金)~21(日)まで、秋のラン展が開催されます。。。

が、本日の見ごろのブログです。

ラン展も、またご紹介します。

葉っぱは色づいているけれど、花の色味が少ない時期。

と思ったら、鮮やかな赤色の花が香りの植物のコーナーにありました。

パイナップルセージ
Cimg2624

どこかで見たことある形。
サルビアの仲間です。
花の少ない今の時期に咲いてくれるのが嬉しいですね。
パイナップルのような甘い香りの葉を、ハーブティーなどに用います。

朝陽を浴びすぎて、眩しい写真ですみません。
こういう時はどう撮れば良いのですか?どなたか。

クチナシの実の鮮やかな黄色
Cimg2638

そろそろおせち料理の予約も始まっているようで。
これも活躍する時期ですね。色づけに。
栗きんとん!

この実の形、ずっと見ていると、気になってきませんか?

「実の口が開かないところから‘口無し’の名になった。
また、実にある突起部分をくちばしに見立てた「クチハシ」からの変化」
という説もあるらしいです。

なんとなく見過ごすこともできるけれど、ちょっと気にしてみる。
形や、色や。。。
すると、名前の由来だったり、「面白いこと」に必ず突き当たります。

まだ咲いていてくれました!

Cimg2647_2

ジュウガツザクラ(十月桜)

朝の冷たい空気の中、小ぶりな花が健気に咲いていました。
いつまで咲いていてくれるかな。
今のうちに見にいらして下さい。
ちょっと笑顔になって、ちょっと元気になります。
ちょっと。。。です。
「あとは自分で頑張って!」
そんなことも言ってないですけど。

ソメイヨシノの並木道

Cimg2670_3
満開の花がなくても、良い雰囲気。

カサカサと落ち葉を踏んで
家族とか、恋人とか、友達とか。。。
好きな人と並んで歩いて下さい。
手をつなぐと良いです。
寒いから。

カシワバアジサイ
Cimg2677_3
カシワの葉に似てますね。

ここだけ部分的に燃えるような赤。
なぜ?
先生に聞いておこう。

イチョウ
Cimg2685_3
とても立派なイチョウの木
空に向かってグーンと伸びて。
イチョウ並木ではないけれど、一本でも十分な迫力。
そして一本でも十分な香り。。。匂い。。。

ク、クサイ。。。

Cimg2682
踏んじゃったしね!

これって果実って言うの?
イチョウって裸子植物ですよね。
被子植物のように、果肉になる子房がないから、果実とは言わないはず?
種皮外層が多肉化したものらしいです。

ところで、なぜこんなにクサイ?
自分を運んでもらう為に、好まれる香りを放つ方法
食べられない為に、嫌われる香りや味で身を守る方法
植物が生きる術ですが、イチョウの実はどっち?
こんなに臭いけど、食べる動物もいるらしいし。
運んでくれる動物を選んで、この香り?

イチョウって、疑問だらけ!
「色がきれい」「くさいくさい」だけじゃないですね。
答えも出ないままブログに書いてすみません。
先生に聞いてみよう。
わかったら、また書きます。

ユリノキの下
Cimg2688_2
まあ、庭にあったら、掃除する気も失せますね。

よく見ると、色も形も大きさも、虫の食い方も、全部違う。
同じものって、この木が生まれてから一度もないんですよね。
当たり前のことか。
足を止めて、当たり前のことを思って時間を割く。
ここを歩くとそれができるのですよね。
贅沢。

追記

書いたブログが全部消えたり(消したり)、文字の大きさが直らなくなったり
色々あって、このブログ、3度書きました。
追記するほどのことではございませんが。
3度書きました。

|

« 本日の熱帯雨林植物室 | トップページ | 第4回 秋のラン展 »

見ごろの植物」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290176/37734867

この記事へのトラックバック一覧です: 本日のお外:

« 本日の熱帯雨林植物室 | トップページ | 第4回 秋のラン展 »