« 帰ってまいりました。 | トップページ | 雲南旅行 2日目 »

雲南旅行 1日目

まず初めに

今回のニュージーランドでの大地震の被災者の方々が一日も早く回復なさいますように。行方不明の方が少しでも早く見つかりますように。
被害や悲しい結果が少しでも食い止められますように。
心からお祈り申し上げます。
行き先こそ違えど、同じ人数、海外に赴いていただけに、他人事とは思えない出来事です。

さて、今回の旅は、友の会の会員の皆様、植物園から数名などなど、合わせて23名の旅。

プラス、昆明で調査研究中の兼本さん、昆明植物研究所の魯さんと合流したり。。。

皆様賑やかだったこともあり、もっと大人数でいたように感じました。

まずは一日目

富山空港11:30発→上海 浦東空港→虹橋空港→昆明22:15着
(時差は一時間)

一日中移動の日。

Cimg4143
このボーディングブリッジが、そのうち懐かしくなるとはね。

あちらでは、ほとんど階段で乗ることが多かったですから。

上海航空のCAは
Cimg4163
菊川怜似。どうでもいい情報、すみません。

空から見た富山県中央植物園
Cimg4169
雪のおかげで、道がはっきりわかり、園内地図みたい。
けっこう大きいな。東京ドーム5個分、たしかにあるな。

中華っぽい機内食をつまみに
Cimg4183

白ワイン飲んで
Cimg4181

あれは何の島かなぁと外を見て
Cimg4194

寝てたら上海着いた。
Cimg4199
ほら、階段だ。
上海は寒いだけにこれがつらい。
でもとにかく着いた!
3時間かからないので、あっという間。

ここから、中途半端な長さを高速で走る、世界最速の上海リニアモーターカーとバスに乗って虹橋空港へ。
「上海磁浮列車」と書くらしいです。うん、字で意味がわかるな。
看板は。。。
Cimg4211
なんとなく。雰囲気で。うっすらと。感覚で。わかる。気がするだけ。

浦東国際空港と上海市郊外の竜陽路駅の間、29.863kmを7分20秒で結ぶ。

将来的には杭州まで延伸したいらしいですが。。。とにかく下ろされるところが中途半端。

その理由も聞きましたけど、まあ、政治的な理由。

「作ろうよ」って言った人が脱却したところで着工ストップ。。。みたいな。言い方軽すぎですね。

アトラクションと思えば楽しいかもしれません。

Cimg4231
431km/h なり。意外と揺れるから、写真がブレてます。

感想は。。。速い。でも、時速計ばかり見て、景色を楽しめないかも。

一般市民がどれくらい利用してるのか知りたいところです。

上海の案内担当、りゅう君。(発音しかわからない)
Cimg4239

日本語上手です。独特のクセはあっても。

渋谷さん、りゅう君に「じぶん腰痛いからおねえちゃん荷物持って」と言われていました。

ノビノビなさった方です。

「夏川りみの『なみだそうそう』知ってるか」と言われたので、「涙と書いて『なだ』です。」と訂正したけど絶対に言い直さないので諦めました。

旅行会社の方曰く、中国(上海?)の人って働き者で、何個も副業持っている人が多いらしいです。
睡眠時間を削ってまで。
なぜそんなに働くのか聞いたら、「どれだけ働いて身体壊しても、今(若いうち)なら治るから」だそう。
この発展の理由、少し見えてきた気がします。
あとはやはり、人口ですか。

Cimg4247
この箱の中に人間が詰まっていると思うと怖い。

途中でランチ休憩挟みつつ。。。
中国で、青島ビールは常温が美味しいと知りました。
Cimg4255

虹橋空港
Cimg4272
今度乗るのはこれ。

ローカルの多い機内。写真はなし。

時計が22:17となっているから、多分昆明に到着した写真だと思います。
Cimg4273

そこで待っていたのは。。。
Cimg4281
ローカルだと思ったら兼本さん

琉球の王子、地元に馴染みすぎ。

その横で再会を喜ぶ渋谷さん。最高の笑顔。

Cimg4282
左は昆明研究所の魯さん。

優しいな、ここからずっとつきっきりでお世話して下さいました。

中央は、東方航空のマイレージカードを持っている希少な日本人、神戸さん。

機転の神戸さん。この方の仕切りがあっての楽しい旅でした。

そして、昆明で最高クラスのホテルへ。

翌朝、ホテルのエントランスに、金色のランボルギーニが停まっていたそうなので、高級ホテルなのでしょう。

それ以外にも、高級外車しか停まっていませんでした。
中国、羽振りがいいな~。部分的に。
この車は客寄せですか。
そんなものに乗せられませんよ日本人は。
皆、金色ランボルギーニの前で記念撮影しまくりでした。
おもうつぼ。

というわけで、移動移動の一日だった為、植物などの話は一切なしの一日目でございました。

二日目は中国の熱帯地域、西双版納(シーサンパンナ)。
ここもカルチャーショック大きかったです。

つづく。

|

« 帰ってまいりました。 | トップページ | 雲南旅行 2日目 »

イベント」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290176/38982466

この記事へのトラックバック一覧です: 雲南旅行 1日目:

« 帰ってまいりました。 | トップページ | 雲南旅行 2日目 »