« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

センダン

暴風雨も去り、ちょっと晴れ間も見えたので、センダンを見に行ってきました。

ブログでも何度もセンダンが好きだとか書きましたし、載せようと思って。

デッキを歩いていたら、ここからカエルの鳴き声が聞こえるのです。
Cimg72261
温帯スイレン、随分成長しましたね。
カエルにとっては隠れる絶好のポイント。
声はするけど姿が見えず。。。
ケロケロなんて、そんなかわいいもんじゃない。
「ゲハ~ゲハ~」って相当大きい声。
こりゃ、きっと大きいカエルのはず!
葉っぱも掻き分け探しましたが、私が近付くとたちまち静寂。。。
「ヤツが来た!」って戦慄が走るのがわかる。
いつか見つけてやる。

温帯スイレンの花
Cimg72341

次々に咲き始めています。
Cimg7230
ビビットな熱帯スイレンよりほっこり柔らかく見えるのは、色合いのせい?
丸みのある姿のせい?

小川の畔
Cimg72371
ちょっとした風景も、なんだか夏に近付いてきたような。

台風は来なかったけど、強風に倒されました。
Cimg72381
ぐったりジャーマンアイリス
かわいそうに。あの風の中、よく頑張った。

でもここ、職員さんが、一生懸命手入れしていました。
最後まで見ていなかったけど、多分今はどうにかなってるはず。

そしてここが、センダンの並木道
Cimg72441
花が小さくて薄いピンク色なので、遠目はわかりにくいですが

こんな小さな花が
Cimg7248

たくさん咲いているのです。
Cimg72431

まだ満開の少し手前なのか、香りはまだ弱く。
香りの強い時期は、花に近付かなくても、ここを歩くだけで甘い香りに包まれます。
道を歩いていて沈丁花に気付くような、あの感じ?
花が控えめな姿だから、どこから香りが漂っているのかわからない。
小さい声で「。。。それワタシです。」

今日は姿だけ。
香り求めてまた行きます。

| | トラックバック (0)

やまぼうし

梅雨に入ったのか。入るのか。

とにかく雨が多くなりました。
うっかりテーブルに出しておいたお菓子が、一晩で傷みました。
注意です。
肌には良いけど。湿度。

この天気のせいで、なんとなく外に写真を撮りに行っておりません。
雨にくじけがち。
大好きなセンダンも咲いているそうなので、そろそろ行きます。

我が家のリビングで済ませてしまってすみません。
Cimg7206
落ちたヤマボウシ
傷も少ないので水に浮かべる。
ハナミズキが好きですが。
ヤマボウシの可愛らしさも好み。

因みにこれがハナミズキ
Cimg6751
園内にて、4/29撮影。

これだけ花を大写しだと、違いは一目瞭然。
でも、なんとなく遠くから見たり、なんとなく思い出したりすると、混同しませんか?
似た時期に咲いていた気がするし。。。とか。

同じミズキ科ですけど、わかりやすい違いは。。。

花の時期が違う。
ハナミズキが早く、4月下旬から5月下旬
ヤマボウシは、5月中旬から6月中旬

ハナミズキは花が先
Cimg67552
枝に花しかついていない。

ヤマボウシは葉が先
新緑の中に白っぽい花が映えて美しい。
あ、写真撮り忘れた。

総苞片(花びらに見える部分)の形の違いは、先の写真の通り。

他にも色々あるのかもしれませんが。。。
素人の私にはこれくらい。

あ、これがあった。
うちの犬の好物がヤマボウシ。
見向きもしないのがハナミズキ。

ヤマボウシのあの真ん中の緑の球体、熟すと美味しい果実になるらしいです。
赤い果実が庭に落ちているのを見つけ、おやつにしています。
なぜ食べられるってわかったのだろう。
野生の勘か。
毒だったらどうするのか。
お食事に命を削る犬が二匹。家にいる。

お食事のためにはどんな労力も惜しまない女子もいる。
「食べられますかね。」
Cimg7207
ワンタンじゃないよ。

Cimg7212
食べられないと判断して去る。

ピロピロ置いていった。

| | トラックバック (0)

ひとりごと

カモ、無事にチビもスロープを上れるようになり
Cimg71891
ちょっと遠いですけど、見えますかね。
ちっちゃいのが陸に上がっているのが。
どうしても上れない子が1羽いまして。
あとはその子だけなんだけど、どうしてもダメ。
すると、母がまたドボンと入水。
まさか。。。と思ったけど。。。
せっかく陸に上がった子達が後追い入水。

きりがない。。。

母親って、「きりがない」ってこと、根気よく続けて育ててくれたんだな。。。と思います。

このループ、見ているだけで疲労感。終わりがあって良かったです。

彼らが去ったあと、スロープに近付いてみたら
Cimg71911_2
水中から続くように作られていた。
すごい。サンダーバードっぽい。

園内バスのおじちゃんが作ってた。優しいね。

そんな昨日の噴水池。

今朝は
Cimg7197
この子がポツン。

テンション上がります。

良い季節になってきました。

連続で植物無関係ブログになりましたが、見頃の植物もまた載せます。

| | トラックバック (0)

母と子

カモのことですけど。

毎年子供を見せに来るそうです。
Cimg7179
でも今回は、珍しくエントランスの噴水池に来てしまいました。
ピーピー鳴いているのですが、全部「かあちゃん。かあちゃん。」って聞こえる。

で、何をしているかと申しますと
Cimg71621
母が先に陸に上がり、チビ達を待つ。

「むりー!むりー!」とピーピー鳴きながら上陸を試みるも、本当に無理。

仕方ないから
Cimg71601
母、再び入水。

これを何十回繰り返してる。
朝から。

「そりゃお母さん、無理でしょう」
と、見るに見かねた、野鳥を愛する中田次長(ご自宅にも愉快な動物たくさん→ご自宅
Cimg71661
補助の坂をつけてみた。

でも、人間を警戒する母。
ここに子供を隠す。
Cimg71681
見てる。。。

Cimg71771
そろそろいいかしら。。。と出てくる。

でもあの坂に気付いてくれない。

でも、あの坂じゃチビたち転がって無理じゃないかってことで
Cimg7176
ブロックで階段。

そんな中田次長の
Cimg71691
努力もまだ活かされず

Cimg71821
池を彷徨う母と子

当然なのかもしれませんが、絶対に諦めない母。
ちょっと子供を置いて自分だけ休憩。。。なんてしない。
何度も上陸と入水を繰り返し、母も疲れているはず。
だって、もうかれこれ5時間くらいこれ。
そして危険が近づいたら(私とか…)、子供を隠す。

昨日、母が読んでいた本の一節を思い出しました。
「母親の愛情と父親の愛情は、全く同じではない」

「へー」とか「ほー」とか軽く流していたのですが。
そして、現代と昔とでは多少ズレもあるかとは思いますが。
個々で捕らえ方も違うとは思いますが。
しかも獅子文六の「娘と私」という私小説なので、所謂「世間一般」ではないかもしれませんが。。。

でも、今日のこの光景の後に昨日のその一節を思い出すと。。。

いや、やめた。
自分が子を持ってからにしよう。

もうすぐ、父の日です。

追記

夕方、やっと全員上陸して別の池まで連れ立って行ったそうです。

途中、カラスに襲われそうになりながらも、母が身を挺して必死に守り、多分今は安全な場所。

守ってくれる存在。

親は、有り難いです。

| | トラックバック (0)

夏にむけて、色々とね。

あっついです。

でもまだ夏の湿気はないので、洗濯物がよく乾きます。
昨日は、布団干しました。
ついでに犬も洗いました。
長毛犬洗うには有り難い日。
乾きにくい犬。それが二匹。家にいる。

植物園も夏に向けて、忙しそう。

関係者以外、立ち入り禁止
Cimg7135
バックヤードです。

何かわかりますか?
Cimg71401
毎年、壁面を埋め尽くす姿が見事な、ノアサガオの植え込み。

埋め尽くしてる写真がありませんでした。
でも、どれだけダイナミックな壁面になるか、ご存知な方も多くいらっしゃると思います。
オーシャン・ブルーって名前の似合う、深い青?藍?紫?
どんな色か、夏、確かめにいらして下さい。

ちなみに作業している渋谷さんのこの帽子。
見る人が見たらわかっちゃうのですが、とっても良いもの。
ヘレン・カミンスキー。
これを作業用に選ぶ感覚が素敵なんです。

Cimg7141
おじさん達の指定キャップ姿も素敵。

Cimg71451
兼本さんも夏に向けて作業中。

オオオニバスが成長してるから、水槽換えるみたい。
Cimg71471

こうなるからね。→昨年の夏のイベント

着々と、植物園も夏に向かっています。

マラソンシーズン、数々の大会にエントリーし損ねました。
フルマラソンなんてまだ遠い。
さて、夏に向けて、何するか。
今年も山、登ってきます
鍛える為にも、やっぱり走るのです。

| | トラックバック (0)

張り合うわけではないけれど

やっぱり植物園のHPが更新されたんですけどね。

思いがけず、写真がとても良かったのです。

見頃の植物のチョイスがエビネだなんて、とても素敵です。

内輪の褒めあいは気持ち悪いので、この辺でやめておきますが。

担当者、兼本さんに敵うわけもありませんが、少し悔しくて。

再度見頃探しに行ってきました。

自転車に乗ったら、サドルが高い。足が届かない。

兼本さんだ。手足が長いアバター体型の兼本さんが前に乗ったんだ。

また悔しいので、無理して乗車。

今日も爽やかな空気。朝は尚更。
Cimg7093
毎日水の近くにいられる幸せ。

藤棚
Cimg71001
強風の日もありましたが、まだまだ見応えあります。
甘い香りも変わらず。

藤棚の下で少し遠くを眺めていたら、誰かが何度も話しかけてきた。

まだ開園前でお客様はいないはず。。。

これでした。
Cimg7095
「冷たいお飲み物はいかがですか?」

あなた、ずっとしゃべってたの。
温かい飲み物が欲しいの。ごめんね。
ところで夜は休んでね。

コデマリが美しい一角
Cimg71021

この景色を作った桐林さん
ここから向こうの池の見え方にとても拘っていて。
極寒の中、水に入っての大仕事でした。
お陰で、ここの景色はどの季節も素晴らしいです。
雲南旅行にも一緒に行った桐林さん、今は植物園じゃない場所で活躍なさっています。
ずっといてほしかったな。

どの辺りかと申しますと。
クレマチス園の近くの小さな橋の上からの景色です。

Cimg7103
コデマリと共にお楽しみ下さい。

その近くにはカキツバタ
Cimg7121
何を見ても、「もう咲いた?!」って思ってしまう毎日です。
花によっては見頃が終わるのも早いので、気になったらすぐいらして下さい。

ハマナス
Cimg7125
風が強くて、シャッター押したら花が寄ってきた。
はみ出していてすみません。

Cimg71311
今日は園内バスも気持ち良さそうです。

| | トラックバック (0)

本日は西側へ

富山はしばらく晴れ続きのようです。

今日運動会というご家庭も多いのではないでしょうか。

どこかでマラソン大会もあったはず。

素敵な休日をお過ごし下さい。

さて、今日は入園口を入って西側へ。

大きいツクシ
Cimg70551
みたいだけど
Cimg70561
近づくと違うね。
あ、自転車に乗った兼本さんだ。
見頃の植物の撮影だ。
今日はブログ、HPの更新に追い付きそう。
張り合っていませんけど。

かなり寄ってみた。
Cimg7085
チヨウキンレン(地湧金蓮)
名前、ピッタリ。
これの説明はコチラでどうぞ。
横着しました。

シナユリノキ
Cimg7059

ユリノキ
Cimg70641

似ていますが、花の形がちょっと違いますね。
共に、百合の花というよりチューリップの花に似ていますけど。
シナユリノキは中国の長江以南やベトナムに自生。
ユリノキは北米原産で、日本でも街路樹としてよく見かける落葉高木です。
紅葉した姿も見事。掃除が大変そうですけど。

足元を見ると、コレがたくさん落ちている。
Cimg70681
フウの果実

ここから落ちてきたんだ。
Cimg7074

見上げると、これも高い木
Cimg70751
これも街路樹としてよく見かける落葉高木です。
赤や黄のグラデーションがとても美しい。
フウってどんな字?
「楓」と書いて「フウ」だからややこしい。
「カエデ」とは違う。
なんで同じ漢字にしちゃったのだろう。

西側の池の畔
Cimg70871
今日は風が強くて、雲がよく動く。

運動会、そろそろお弁当の時間かな。
おにぎりの海苔の香りとか、懐かしいです。
コンビニおにぎりじゃ、出ないです。あの香り。
香りの記憶は、写真よりも残るのでしょうか。

| | トラックバック (0)

暑いです。

昨夜の富山は暑かったです。

しかも、強風の為に窓を開けられず。

「春だよね~」なんて言っていたのに、きっとすぐに梅雨になって夏がくるのかな。

って、今朝庭に出て、コレを見つけて思いました。
Cimg7050
昨年、植物園で購入したハイビスカス

最近まで蕾だったのに。

植物園のハイビスカスも、咲き始めているそうです。

まだ、裏で管理しているのですが。

出すときは一気に展示。見ごたえあります。

そしてこの暑さで、職員の衣替えが進んだせいでしょうか。

今日はあちこちで、とても良い香りがするのです。

シャボンの香り。フローラルの香り。

良い奥様お持ちです。

洗剤の香りね。

このお方なんて、真っ先に半袖。
Cimg7051
琉球の王子、兼本さん。(フローラルの香り)

平熱は37度だよ。ピース。

| | トラックバック (0)

追い付かない。

最近、植物園のHPのトップページがこまめに更新されております。
追い付きません。このブログが。

担当の兼本さん、一から勉強してHP作り直し、頑張っております。
当然更新もサクサク。
休み中に更新されていたりすると、「先を越された」と焦ります。
ライバル心さえ抱きます。かなり一方的に。

今回も、トップページがフジとボタンに更新されていて。
焦って朝一番で撮りに行きましたよ。

ボタン属 オスティー
Cimg6910
花粉たっぷり

Cimg6916
中国牡丹 ‘嬌容三変’

「嬌」は、「あでやかな」「なまめかしい」という意
「三変」は、ピンク→薄いピンク→白へと花の色が変化することから付けられたとか。

中国牡丹 ‘姚黄’
Cimg6926
葉が邪魔しまして。
隠し撮りぽくなって、色気三割増し。

富山の県花、チューリップ
Cimg6939

Cimg6937
生産量も、富山県が日本一。

お宅のチューリップも、富山県産。かも。

センダンの若芽
Cimg6931
センダンの並木道が甘い香りで満たされるのももうすぐ。
6月くらいかな。

フジ
Cimg69531
5日前はこのくらいだったのに。
はやい!

Cimg6948
さて、どれがシナフジでヤマフジでシナフジだっけ。
フジは蔓が右巻き、ヤマフジは左巻き。
シナフジは。。。
調べたら、フジとヤマフジの中間だって。
ふ~ん。。。わかりにくい。

Cimg6964
藤棚の下のベンチはランチにぴったり。

Cimg6961
彼らもお食事していますが、あまり気にしないで下さい。
お互い、お食事に集中していれば、何もありません。
昨年のクマバチには、ぶつかっても無視されました。
そもそも、私達なんて眼中にないのです、彼ら。

ここもお食事中
Cimg6975
ウワミズザクラ 日本の植物ゾーンにて

植物園の中に、こんな渓流もあるって、ご存知でしたか?
Cimg69831

本日のくさむしりのおばちゃん達
Cimg69891
「松本さんのお宅が~」って聞こえてきた。
今日ものどかな風景の一部になってました。

おばちゃん達の近くには
Cimg6992
レンゲツツジ 山地草原コーナー辺り

Cimg7006_2
センダイハギ 海岸の植物コーナー

同じく海岸の植物コーナーには

Cimg7015
ハマダイコン

ところで海岸の植物コーナーって
Cimg7018

こうなってるのです
Cimg70231

松が植栽されていたり、海岸を忠実に再現。
対岸に見えるのは、湿地の植物コーナー。
それぞれのコーナーで違う表情が上手く表されていて。。。
これが旅している気分にさせてくれるのです。

ここまで来て、鼻水が漫画みたいになってきた。
涙も止まらない。
花粉症ではないはずですが。。。退散。

| | トラックバック (0)

第32回 春のラン展 特別展「神々の花 ディサ」

今年も春のラン展が始まりました。

今年の特別展は、これ
Cimg6863
南アフリカからの贈り物 「神々の花 ディサ」

南アフリカ原産で、高山に咲くラン
Cimg6896
標高2000mくらいの高山の霧深い場所や川岸などに咲く地生ラン。
冷涼な場所を好むのですって。

Cimg6893
ラン展なのに、「これラン?」って尋ねられることもありました。
あまり見かけないランですよね。
鮮やかな色、丸まった花弁の形、とても美しいのですが、他の洋ランと比べると栽培の難易度が高く、あまり販売もされていないとか。
今回の蘭協会の方でも、これを栽培なさっている方は少ないらしいです。

この珍しいランをここでお見せしたいと企画したのは、神戸さん
本当は、世界中が南アフリカに注目していた昨年やりたかったのだそうです。
サッカーです。ワールドカップです。ブブセラね。

そして、この現地を再現したような展示
Cimg68971
岩場の起伏とか、リアルに表現しながらも、見て美しい展示。
これができるのはやっぱり
Cimg6859
渋谷さん
毎回作業する姿を見てるけど、今回は本当にかっこよかった。
声をかけるのも憚られるほど真剣な眼差し。
声かけてましたけど。

そして今回も美しいランが数多く出品されておりました。
Cimg6865

Cimg68681
中央植物園賞のデンドロビウム

金賞のエビネ
Cimg6878
ボケちゃいました。

これもラン
Cimg6876
栽培奨励賞の。。。確かデンドロビウム。。。

私が毎回ラン展を心待ちにする理由。
Cimg6902
毎回蘭協会の方が作って差し入れて下さる「おからクッキー」
売ってたら、絶対買い占めるほど、美味です。
レシピ頂いたのに、作っていません。
人が作るから美味しい。

5/5(木)までの催しです。
外の植物も次々に見頃を迎えております。
ボタンも咲き始めたようです。
是非お越しください。

色々と、楽しいラン展なのです。




| | トラックバック (0)

花ビタミン

相当な強風です。

花を散らすっていうより。。。根元からなぎ倒してるんじゃないの?

池の鴨たちは、それでも池で浮いてます。

ざっぷんざっぷん水かぶってます。上がればいいのに。

天井の高いホールにいると、この強風吹き荒ぶ音に心細くなります。

時々ブブセラっぽくなって怖いです。

覚えてますか、ブブセラ。サッカーの。

そのホールで、昨日はこんな作業を頑張りましたよ!

渋谷さんが。

じゃん。
Cimg6797
人前結婚式をすることになったんですよ。

うそですよ。

あでも本当に結婚式もしますよ。→去年の幸せな風景

「花ビタミン」と申しまして

「花の香りや色と接することで、気持ちが明るくなったり、リラックスできる効果を、『花ビタミン』と名付けた」のだそうです。

植物園が作ったものではありませんが。

個人的には、ちょっと植物園の楽しみ方とは違うと思うけど。
けっこう皆楽しんでるからいいんじゃない?

どう楽しむかと申しますと

土台(ケースやリース)を選ぶ
Cimg6818

香りを選ぶ
Cimg6817

プリザーブドフラワーを選ぶ
Cimg6809

あとはお好きに飾り付けて下さい。
Cimg6803

付け放題です。
Cimg6805

「付け放題」って言うと、ギュウギュウ詰めるのは。。。おとな。フタが閉まらない。
あくまで「出来映え」にこだわるのは、お子様。品があるの。
って統計が出ております。私の中で。
面白いです。

Cimg6796
男の子も熱中します。
「作る」って、みんな好きなんだよね。

こんな感じになる。
Cimg6819

渋谷さん作
Cimg6821
テーマ「スケート三姉妹に捧ぐ」
昨日テレビで見たんだね。
「織田君に捧ぐ」も作ろうとしていました。
見たい。

わたし作
Cimg6823
テーマ「子供が作った風を装う」
缶詰のパイナップルも入ってるよ。

よろしかったらどうぞ。
500円コースと1,000円コースがあります。

| | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »