« ゲッカビジン 今夜が最後 | トップページ | ゲッカビジンの夜 »

ウンベラータと申します。

ここにいると、つい植物や小動物を擬人化してしまい。

ブログでも、そうしがちで。

ゲッカビジンも喋らせました。

別に、植物と会話ができるとかいう恐ろしくピュアな精神の持ち主とかではなくて。

まあ、ただなんとなく。

サンライトホールに、逞しく、前向きな植物がおりまして。

Cimg8062
クワ科 イチジク属 ウンベラータと申します。
よろしくおねがいします。

背の高い木がここに欲しかったのかな。
ある日、ここに来ていた。
湿度が欲しい彼らには、空調ばっちりなココは、過酷な環境。
日光だって、思ったよりも浴びられない。

初めはね、かなり葉を落としていました。
もうダメかな~ってくらい。
しばらくしたら、また頑張って葉を付けてる。
「あ、ダイジョウブです。合わせますんで。」
一生懸命順応しようとしてる。
人間だったら、ここで諦める人、多いだろうな。
「自分、環境の変化とか、弱いんで。」
「ここ、合いません。」
「ストレスです。しばらく休みます。」

植物って、ひたむき。
Cimg8060
新芽、出していた。

言い訳とか、しない。
代わりに、ただ進む。
「新芽、やってみたら出たんで。出しておきました。」

見る度に、「もう引き上げようか~」みたいな話題になっていたウンベラータ。
こちらの都合で環境変えられたのに、そこで生きていこうと、合わせようとする。

頑張ってくれてるので、もう少し見ています。
見ているだけじゃ悪いので、結構噴霧しています。
「あ~、恐れ入ります」
って、言いそう。
また勝手に擬人化ですけど。
なぜか腰が低いキャラクター設定。

|

« ゲッカビジン 今夜が最後 | トップページ | ゲッカビジンの夜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290176/40873677

この記事へのトラックバック一覧です: ウンベラータと申します。:

« ゲッカビジン 今夜が最後 | トップページ | ゲッカビジンの夜 »