« 立山のはなし おしまい | トップページ | 本日のひとりごと。 »

宇津江四十八滝

なんか、植物園を飛び出したブログが多くなりすみません。

ちゃんと植物に寄り添ったブログにはしますので。
「なに、富山楽しそう」って思っていただければ。

さて、岐阜に行ってきました。
ええ、富山じゃないです。
高速で一時間程の、富山近県で楽しめる場所。

飛騨へ。この日も快晴だ。
Cimg9003
旧高山市中心部は、江戸時代からの城下町、商家町の姿がそのまま残されています。
「飛騨の小京都」らしいです。
平日だけど、お天気のせいもあって、なかなかの賑わい。
もうすぐ高山祭りだから、その時は大混雑かも。

Cimg90061
昭和の香りの濃い建築物も目立ちます。
いわゆる旧市街の観光地以外の町並みも、風情があって楽しめますよ。

そして、高山でお食事というと、高山ラーメンや飛騨牛になりがちですが…
ここはあえての
Cimg8991
味噌おでんや、

Cimg8997
焼き鳥でどうですか。絶品です。

Cimg8995
うどんに至っては、手延べですよ!

Cimg90021
こんなノスタルジックなお店が、城山公園内にあります。
美味しいものしか出てこない店とは、一見したらわかるまい。
ラーメンは懐かしい昭和のラーメン(人のを見た)。
高山市内を一望できるロケーションも素晴らしい。

公園内は、少しずつ紅葉が始まっています。
Cimg90241

サクラも少し色付いてきた。
Cimg9019

サンインヒキオコシ
Cimg9031
で、お食事中のハチ。
夢中すぎて、近付いても逃げない。

で、本当の目的はここではなくて
Cimg9046
ここの滝めぐり。
しぶい!

調べたら、「四十八」ってのは滝の数ではないようで安心。
どんだけ登るんだ…って一応覚悟していました。
この滝の伝説に登場する「よそ八」って人の名前が由来らしく。
見ることができる滝は13箇所でした。
伝説、省きます。長いので。

まず靴だね。
Cimg90371
モントレイルのトレイルランニング用シューズに履き替えて、気合い入れる。
立山で履いたシューズはトレッキング用。これは山を走る用。

大小さまざまな滝が
Cimg90681

次々に現れます。
Cimg90791

マイナスイオン効果で気持ちも穏やかに。
Cimg90721

ミスト効果でお肌も穏やかに。。。
Cimg90611

このシルエットは、飛騨といえば…の木。
Cimg90631
ホオノキ
ここは朴葉味噌が有名ですね。
森林の中でもよく見かけました。

立派な古木
Cimg9098
カツラ
に、何種類か植生しているようです。

水が豊かな為、森林の緑も歴史があって豊か。
Cimg9087
このような看板もあるので、森林散策も楽しめます。

途中、こんな景色も望めます。
Cimg9085
一気に疲れが取れます。

でもやっぱり疲れた。
「無理だったら半分で帰る」と、まさかのリタイヤ予告をしていましたが、いつの間にか頂上に到着。
サクサク下ったせいか、往復約1時間で楽しめてしまいました。
これはちょっと速いかも。
家族連れでも、片道一時間程度で登れるようですよ。
因みに、私たちの前を歩いていたのは、もうすぐ産まれそうな妊婦さん御夫婦。
「大丈夫ですか?」ってお声かけたら、
「動けって言われてるので…」ですって。
ここまで動くとは、お医者様、想像しなかっただろうな。
彼女、登りきりましたよ、先生。

一日で、小京都の旅も、自然と触れ合うこともできる高山、オススメです。
これからは、紅葉も楽しめますね。

|

« 立山のはなし おしまい | トップページ | 本日のひとりごと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290176/42145341

この記事へのトラックバック一覧です: 宇津江四十八滝:

« 立山のはなし おしまい | トップページ | 本日のひとりごと。 »