« サガリバナ | トップページ | 気持ち良い空ですね »

立山の話 つづき

皆様のお住まいの地域は、台風による影響はありましたか?

富山は、「夕方からは外出控えよう」みたいな空気でしたが、普通に金沢へ遊びに行きました。
359線、普段は混まずに40分位で金沢に着くらしいですが、大混雑。
現場に来て初めてわかった。土砂崩れ。
何時間かかったかな。
よりによって三差路の真ん中で土砂崩れ。
道3本×左右=6通りの意思のせめぎ合い。
まあ、人間性が露呈しますね。ごり押しさんとか、色々。
でも、結局いつも通り、立山?北アルプス?に守られた富山は、大きな被害はなかったようです。

そんな富山の守り神、立山の話のつづき。
思いがけず、なかなか終わらないのでタイトル変えました。
「平蔵平蔵」連呼しすぎなので。

ミドリガ池
Cimg8921
普通の池の写真になりすみません。

本当は、晴れていたら立山連峰が映り込み、美しい場所です。
名前の由来は、修験者の水を汲むための「水取りが池」、見た目の「碧池」、諸説あるようです。

ミクリガ池
Cimg89331
ここも本当は池が鏡になると美しいはず。

名前の由来は「御厨が池」って説もあります。
神様に捧げる料理を作る池ですね。
が、平蔵さんによると、ここは立山地獄の「八寒地獄」の池。
この池に入ると寒くて凍える地獄の池です。
そんな池の水で神様に捧げる料理を作るとは考えにくい。
昔、僧侶が池を見くびって三周(三繰り)泳いだら、神の怒りに触れて沈んでしまったことが由来ではないか。
だそうです。
(僧侶の話のところは失念したので調べました。。。平蔵さん、もっと違う話してくれていたかも。)

Cimg89271
少し雪渓が残っていました。
でも、もう少しでまた雪が降り出すはず。
この雪に、どれだけの歴史が詰まっているのでしょうか。

池の近くを歩いていたら、すごい音が近付いてきた。
Cimg89281
あれだ。
山の働く車だね。おつかれさまです。

Cimg89291
って道いっぱいじゃない!
歩行者、避けてるし。

近付いてきたら
Cimg8931
おお。キャタピラー。
絶対に避けます。

ここでお弁当タイム。
Cimg8935
とても大きいおにぎり。
お茶碗3杯分はありそうでした。
美味しく完食。
って、ここ地獄谷の目の前だった。
「硫黄の匂い大丈夫?」って聞かれるまでへっちゃらで食べていました。
ゆで卵一緒に食べてると思えばいいんじゃない?
どストライクのO型で良かった。

もうそんなに写真ないのですけど、次は地獄谷。
では、のちほど。

|

« サガリバナ | トップページ | 気持ち良い空ですね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290176/41944105

この記事へのトラックバック一覧です: 立山の話 つづき:

« サガリバナ | トップページ | 気持ち良い空ですね »