« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

小さい花

今朝の北池
Cimg94831
キラキラと陽射しが映る水面

そして、やや肥えた気がする鴨。

サクラ・ウメ園では
Cimg9491
ジュウガツザクラが満開です。

寒い今の時期に咲くサクラ。

小粒な姿も相まって、健気で可憐。

小さい花と、大輪の花、愛でる気持ちがまた違う。

両方、良いです。

小さい花の方が放っておけないけど、実は強かったりして。

ほら、小さいものって、数で圧倒!ってこともあるし。

ジュウガツザクラも、まだまだ次の蕾が沢山待機していて。
Cimg9503
「まだまだ咲きます!」

頼もしいです。

今朝、姪が来た。

長めの小花柄のブラウスに、長めのチェックのスカート、アンパンマンのリュックという素敵な装い。

いいね、柄が大混雑だよ。難易度の高い長さも絶妙。

ママが選んだもの、全部拒否して自分で選んだんだって。

小花とチェック、両方着たかったのね。

おしゃれへのこだわり。

自我の目覚め。

| | トラックバック (0)

蝶が飛びました。
Cimg94591

あの時の蝶に、光が差し込んだのを、初めて見た。

Cimg94521

前にもあったな。→回想

美しいものを作って、私たちを楽しませてくれる人の影。
Cimg94481

影が美しいって思わせてくれるひと。

そんな人の影も、やっぱり美しい。

そういうこと。

| | トラックバック (0)

ひとりごと

栗を拾った。

Cimg9436
たぶん違う毬だったから、従兄弟だね。

勝手な想定です。

Cimg9443
兄弟じゃなくても、そっくりね~

Cimg9445
とくにここなんてほんとうにそっくりね~
さすが従兄弟よね~

勝手な親戚同士の会話です。
深く考えないで下さい。

このちょんまげは、雌しべ。
ちょんまげでもアンテナでもなく。
以前はちゃんとここで花粉を受け取る役割があった。

拾ったばかりの栗は、このちょんまげがあるから愛おしくなる。

どんぐりも、このちょんまげがあります。

そして、このちょんまげの形で、わかることがある。

一本だけツンと立ってるのが、虫媒
昆虫が花粉を運ぶもの
昆虫がね、確実に花粉をくっつけてくれるから、一本でいいんだって。

二本(三本?)のちょんまげは、風媒
風が花粉を運ぶもの
風をあてにしないといけないから、できるだけ花粉がくっつく面積が広くないといけないからだって。
だからこの栗は、風媒ですね。

このちょんまげを見たら、どんな受粉をするか、わかるのですね。

あと、どんぐりの帽子(殻斗)の形でわかることもあるのだけど、いっぱい書くと私がパニックになりますので、それはまたの機会に。

栗拾いって、「学び」へのきっかけになるんだな。
と、私の食欲を正当化。

| | トラックバック (0)

衣替え

朝晩はすっかり寒くなりましたね。
そろそろコートを羽織る季節ですか。
冬服が重いです。
肩が凝るなと思ったら、まさかのパーカーのフードのせいでした。
これで凝ってたら、ユニクロのウルトラライトダウンしか着られないかも。

皆様、衣替えはもうお済みですよね。

サンライトホール、ここも衣替え済みでございます。
入り口を入ると
Cimg9431
おお!天井画が秋バージョンに!
なんか、多分素敵なんだけど、見にくくないですか!

反対から見た。
Cimg9432
これ、正解かも。

いや、正解ないのかも。
見やすい方向からご覧下さい。
どちらから見ても、素敵。

いや、やっぱり反対から見たほうがいいかな。

| | トラックバック (0)

えっちゅう

スポーツの秋やら、食欲の秋に勤しんでいることはブログでも書きましたが。

芸術の秋もね。

金沢21世紀美術館にて
Cimg9404
Colour activity house

現代アートを楽しみに行ったというよりは、美術館内のシアターでのライブ目的。
ああ、アイドルじゃないです。念のため。

金沢城や茶屋街も近く、モダンとクラッシックが交錯し、それが馴染んでいる不思議な空間。
「魅せる」「もてなす」ことに長けていると思います。

石川県から植物園にお越し下さるお客様、必ず仰います。
「石川県にはこんな施設が無いから羨ましい」と。
高速で1時間弱とはいえ、わざわざ新聞で富山の情報を確認してから、ここを目指して来て下さる。
本当に有り難いことです。

私からすれば、石川県も、このような文化施設や歴史的建造物が豊かで、とても素敵な土地。
お隣ですし、お互いの良いものを分かち合って、高め合えたら素敵です。
その為にも、富山の良い所、もっと探していきますね。

さて、富山といえば、チューリップ?
うん、それもあるね。かわいいし。誰もが知ってるしね。

これもある。
Cimg9412
エッチュウミセバヤ

既に名前に「越中」が入って富山をアピール。
なのにアピールの甲斐も無く、県花にもなっていませんが。

しかしこの植物、国の「絶滅危惧2類」に指定されています。
そして名前の通り、富山の固有種。
野生のものに関しては、人が近寄れないような断崖絶壁に生息しているらしいです。
あまり、人に見られるの嫌い?地味に生きたいのかな。
なら、県花とかになって持て囃されるのも苦手ね、きっと。
キャラクターとかにされるのは、不本意なはず。

葉がまた美しい。
肉厚なグリーンの葉に、鮮やかなピンク色の縁取り。
狙っていないのにこのセンス。

紅葉すると、またこれも美しい。
Cimg9419

Cimg94201

入園口、入って右手にすぐに見えます。

富山が誇れる植物園にて、富山が誇れるこの花。

待ってます。

| | トラックバック (0)

努力の人

2月に行った、中国は雲南省への旅行。

あれから8ヶ月も経ちましたか。ブログはこんなかんじ→長いよ。

その間に、日本も世界も大変なことに。

時を把握する感覚が狂った気がします。

ブログにも登場していただきましたが、昆明の研究者、魯(ルー)さんが来富!

16日は、友の会の方々と植物園の職員で、再会を喜ぶ集い。

写真はコレ

と言いたいところですが、私、諸事情により欠席致しましたので、写真なくてすみません。

伝え聞いた話では、皆様、久々の再会を喜び、楽しい集いになったようです。

隣のグループがうるさかったらしいです。

ああ、これいらない情報か。

で、私は昨日、魯さんと職員数人でお食事会へ参加させていただきました。

カメラ忘れた。

魯さんのお話にかぶりつきでございました。

内容→「ビジネスチャンスはどこにあるか」

それ聞いて、私、活かせるのか?

とりあえず、「ビジネスは、お金があるところから生まれるわけではない」

って聞いたので、「なんだ、私にもチャンスあるのか」と、安心して焼肉食べてました。

魯さん、「自分は今まで一度も苦労していないから、今が苦労」だって。

あ、魯さん、学位取る為に千葉に留学なさっているのです。かなり頑張っているようです。

ブログでも書きましたが、少数民族出身の魯さん。

狭き門ばかり潜り抜けてきたのではないでしょうか。

想像ですけど。

苦労を苦労と思わないだけで、努力でここまで来たのではないでしょうか。

想像ですけど。

ところで、私は諸事情でここへ
Cimg9376
そこか!

で、諸事情が済み、最終日、友人の誘いで観に行ったもの。

韓流アイドルの入隊前のコンサート。。。

韓流もアイドルも初めてで、色々な意味で、衝撃的でした。

話すと長く。。。なりません。

ただただ、努力の塊の人達。異国でアイドルやることの大変さ。入隊という韓国男児の運命。

二日連続、「努力の人」に会った気がします。

部長、この用事、本当に「ついで」です。

| | トラックバック (0)

植物園に、蝶が飛んだ。
Cimg9350

蝶のパレード
Cimg9361
外の世界の鳥とも交わる。

渋谷さんの感性、再び。
マティス風なのではなく、これは全て彼女。
優しい気持ち。

| | トラックバック (0)

走る

昨日は、生憎の雨模様…

が、晴れてきたので、古洞の森へ。
Cimg9284
雲の隙間から晴れ間。
紅葉は、まだまだです。

目的は、トレイルランニング。

当然、で履いたコレ履いて。
Cimg92821

こんな道とか
Cimg92961

こんな道?!とか
Cimg92951
駆けずり回るのですよ。
この辺りで、草むらから「ガサッ」って聞こえたので、「人がいますよ~!」と叫んだり、「森の熊さん」歌ったり。

登山もランニングも楽しいから、できるんじゃない?
と思って始めたものの、キツイ。すでに挫けています。
やめようかとまで思う。
まあ、写真撮ってるってことは、歩いてるのですけど。

ガマズミと葉の形が違う
Cimg9312
多分コバノガマズミ

遠目、赤い花を沢山つけているように見えたのは
Cimg93211

ゴンズイの果実
Cimg9319
オクナセルラタ(ミッキーマウスの木)に似てる。

タニウツギ?今の時期に?
Cimg9300
と思ったら、「返り咲き」ってことがあるらしいです。

カマキリがバッタを喰う。
Cimg93171
その横には死んだカマキリ。
生も死も、同じ道の上に。

Cimg93301
まだおばちゃん達に採られていない栗。
おばちゃんとは限らないのですけど。。。
栗って、だいたい先客がいる。あれ、悔しい。
それが虫の場合、もっと悔しい。

森の中に、光が射し込む。
Cimg93341


と、写真を撮っているので、やっぱり半分は走ってないです。

なのに

長ネギのかわりに玉ねぎが浮いた、珍しい醤油ラーメンと
Cimg9341
とんこつでどこも飽和状態の今、コレがいい。

超特大唐揚げと、ソース味の焼き飯で
Cimg9345
多い。旨い。安い。学生か。

失ったカロリーをガッツリ取り返す。
@福野のラーメン居酒屋。

グルメブログっぽくなってすみません。

「運動の秋」と「食欲の秋」。
なに、この秋らしい過ごし方。

| | トラックバック (0)

「野生植物の王国」中国雲南省の植物

タイトル、長かったので省略しましたが、正式には
「‘野生植物の王国’中国雲南省の植物」
―写真で振り返る日中共同研究―

Cimg9263

只今の企画展でございます。
天井のスイレンも綺麗だ。

9/30(金)~10/26(水)まで、富山県中央植物園、サンライトホールにて開催中です。

2001年から10年間に渡る、昆明植物研究所との日中共同研究。
公式な形での共同研究が終わった節目の企画展。
富山県中央植物園の研究スタッフが、どのような調査、研究を行ってきたか、多くの写真を用いて紹介しています。

第一期はベゴニア
Cimg92661

第二期はマメ科
Cimg92671

第三期はアヤメ科
Cimg9268

第四・五期はトウツバキ
Cimg92691

というのが主な研究テーマだったそうです。

ここにいながらも「また研究員さん中国に出張か~」くらいしか思っていなかったです。
気付いたら、誰かが数ヶ月いなくなる。
友の会の雲南省旅行で、やっと、この植物園の研究、果たす役割を知りました。
雲南旅行は、このへんからズズッとご覧下さい。ひまあれば。→このへん
この企画展で、多くの方々に「植物園ってこんなことをしていたのか」って知って頂きたいです。

まあ、私が好きな写真は
Cimg9271
高熱により、ど田舎のおんぼろ病院に入院した兼本さんとか。この方だから生きて帰れた。

Cimg9272
郷に入っては郷に従った兼本さんとか。その栄養、必要ないよね。

Cimg9275
雨男にも程がある。。。って中田次長とか。相当な降水確率らしいです。

Cimg9277
その手の意味は?って志内さんとか。フレミングの左手の法則@池。

「雲南珍道中」コーナーの写真が好き。

雲南旅行のブログでも書いたので詳細は省きますが、雲南省を知るきっかけにもなりますよ。
魅力的な土地でした。

是非、企画展にお越し下さい。
楽しみ方は、色々ございます。

| | トラックバック (0)

本日のひとりごと。

よいことがありそうだ。

そんな気持ちになる、空の高い本日の植物園。

こんな日にありがちなのが、団体様のキャンセル。

「雨なら植物園、晴れたら別の場所」とかね。

動物園かなにかですか。

動くものが良いですかね。

晴れた日こそ植物園じゃないと、もったいないですよ。

って思っていただけるように書きます。本日のブログ。

ハードル上げすぎました。普通に見頃のブログです。

Cimg9188
ケイトウ・ホルン
ケイトウの仲間、ノゲイトウ。

雲南コーナーに秋の味覚
Cimg9195
チュウゴクグリ
天津甘栗の栗はこれ。
皮離れ、良いでしょう?
日本の栗は、あんなにスルッと剥けません。
小ぶりだけど甘くて。
丹波栗の次にこれが好き。

今、道を歩いていると必ずこの香りに出会う。
Cimg9201
キンモクセイ
キンモクセイを青空バックって、初めて撮りました。
オレンジに青、いいね。

昨夜の豪雨に、しょぼくれたワタの実。
Cimg9211
本当はもっとマフマフしてるのですけど。
随分水吸った。

赤すぎて、どう撮ったら良いかわけがわからなくなったヒガンバナ
Cimg9218
寄ったらいけないのかもしれません。

低地草原コーナーで、満開のシオン
Cimg92441
昨夜の風で、全員、明後日の方向むいてますけど。
ここ、昆虫のお食事で大混雑。
なんか「ランチ食べ放題」みたいになってる。

この方も熱心に召し上がってます。
Cimg9232

この方も。
Cimg9237
ハエ。じゃなかったらすみません。
へえ。君もこんな花好きなんだ。
あまりフォトジェニックじゃないけどいいよ。ゆっくりお食べ。
チョウ、ハチ、ハエ。。。あと何かいろいろ。
昆虫の世界の垣根を越えて、これだけ群がっている様子。。。
何も違いはないな。。。て思えます。人間もね。

Cimg9254
ススキが、グンッと高い空へ。

北池のオオオニバスの葉。
そろそろほころびてきてるのに。
Cimg9260
まだ乗ってるんだね。
気に入ってるの?

君達に関しては、床上浸水じゃないのかな。
Cimg9259
。。。選べば?

植物園の動くものその一、カモでした。

富山、昨夜地震があったって本当ですか。
全然気付きませんでした。
兼本さんは、地震の5秒前に気付くらしいです。
地震の5秒前に気付きそうな人です。
とても動物的です。

秋ですね。
太った気がする。

| | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »