« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

龍が如く

今年も残すところあと5日。

植物園も、今年は本日でおしまい。

来年は1月6日から。

また来年も、何卒宜しくお願い致します。

あ、もちろん「植物園」なので、職員は順番に出勤しますよ。

命ある大切ないきものですから。

出勤したら、サンライトホールで、なにやら大きな作業中。
Cimg63711
なにこれ。多分アレだと思うけど。。。なにこれ。

Cimg6376
やっぱり龍でした。
天井画、ついに3D化。
龍を手がけたのは、やっぱり渋谷さん
中には風船が詰まってる。
まず背開きの龍を作って、袋状に縫って、風船を詰めていた。
サンライトホール、クリスマスツリーに天井画に。。。宛ら渋谷さんの個展会場。
良い空間になったな。
子供たちがね、天井を見上げて喜ぶのですよ。

昇り龍
Cimg6386
来年は、この龍が如く、勢い良く、光の方へ。。。

天井画も、もちろん変えました。
Cimg6391
竜宮城のようなイメージだそうです。
鶴、亀、福寿草、雪。。。
何だか、幸せになれそうな絵でしょう。
多分、そうです。
見たら、幸せになる絵。

来年、是非見にいらして下さい。

今年も一年、ありがとうございました。
来年も、皆様にとって笑顔の多い一年になりますように。

そして、私の拙ブログも、読んで頂きありがとうございました。
非公式とはいえ、好きなこと書かせていただきました。
来年もきっと、このスタンス。

| | トラックバック (0)

今年最後の熱帯果樹室

昨年などは、雪でも外に撮影に出たのですが→例えばこんな日

出なくなってしまった。。。

今日なんて、遭難するかも。

だから、熱帯果樹室の写真を。
Cimg62681
昨日のシーサー、狛犬になってる。
口も、阿吽(あうん)になってるのね、よく見ると。
因みに、狛犬もシーサーも、古代オリエントのライオンが起源とか。
同じもの、全く別の扱い…様々な見解があり、不明。

今年はゴレンシが豊作。
Cimg62701
ゴレンシは和名。
スターフルーツって言えばわかりますかね。
輪切りにしたら、星型です。

にせものはどれ?
Cimg6274
全部ツヤツヤ。わからないでしょ。

喉から手が出るほど欲しい、アセロラ。
Cimg6278
ビタミンCの宝庫。
原産は、西インド諸島、南アメリカ北部から中央アメリカにかけて。
日本では沖縄でも栽培されているようです。

サンジャクバナナ
Cimg62841
ずいぶん太ってきた。
売ってるバナナと同じくらいの大きさ。
今回は順調に育ってる。

パイナップル。
Cimg6286
サンタの監視付き。

このように生ってます。
Cimg62851
ニョキッと。
実の表面の六角形一つ一つが果実で、パイナップルはその集合体。
最近は、果実が指でポロッと取れて食べやすい「スナックパイン」もありますね。

良い具合に育った果実が多い果樹室です。
でも、よく考えたら28日から冬休みでした。
冬休み、気が気じゃない。特にバナナ。
木生りの黄色いバナナってなかなか見られないし。
下心は、ない。

| | トラックバック (0)

ホワイトクリスマス

富山のクリスマスマスは
Cimg63671
ホワイトクリスマスです。

現在に至っては、ホワイトアウトクリスマスです。

ホワイトクリスマスに憧れる、雪の降らない地域の皆様。
「雨と混ざると結構悲惨だよ」って思っておりましたが、今年はわりとサラサラなホワイトクリスマスです。
羨ましがって下さい。

熱帯果樹室前の番人、シーサーも
Cimg6265
トナカイだよ。

Cimg6266
サンタだよ。

不本意ながら、お子様を泣かせたらしいです。

かわいい。
と思う。

次回は、果樹室の中を載せますね。

| | トラックバック (0)

香りシクラメン

なんか。。。
Cimg6251_2
香りのシクラメンの展示、ガランとしてない?

実は、本日の開園と同時に、特価で大放出致しました。
言い方が安っぽいですか。

市場ではなかなか手に入りにくい香りシクラメン。
手に入っても、かなり高価。
それを\1,000~2,000でお譲り致しました。
随分並んで頂きました。雪の中、朝から。

毎年恒例のこれも同時にお譲り。
Cimg62531
ポインセチア
吟味していますね~。
随分減った。

我が家も買いましたよ、香りシクラメン。
姿も香りも、どれも甲乙付け難い。
決め手になったのは、名前でした。
「孤高の香り」
なんか、二度と手に入らない気にさせられる名前。

あ、まだ少し、残っていますよ。

| | トラックバック (0)

CHANGE!

毎日、何往復も、せっせと何か運んでいた志内さん。

「今日も運んでるな~」と眺めていただけなので、写真撮り損ねた。
そこで、
Cimg6203
「写真撮り忘れたから台車で何か運んでるフリをして」という無茶な要求に応えてくれた。
エア台車。
ありがとう、志内さん。

毎日、お腰の悪い中、相当重そうな鉢を運んで、温室に消えていった。

少しずつ手を加えて、理想の温室に近付けております。

最近も書きましたが、足元整備とか→この日

こんな鳥や
Cimg6235

スノーマンなどを配する遊び心とか
Cimg62181

世界最大の花を極秘入手とか
Cimg61291
ウィットとユーモアに溢れる温室です。
それにしてもよく作ったな。

サガリバナの果実も
Cimg6243

「サガリ」にかけて、下がった状態で展示したり。
Cimg62411
パネルも見やすく総取替え。

「見せる」のが上手。
上手なだけじゃなくて、良くしたい、変えたい「想い」が大きい。
温室担当になってから、すぐに取り掛かっていた。

ビフォーアフターの写真で説明できませんが
Cimg62311
全体的に見やすくなっていると思います。

説明しにくいから、階段を昇って
Cimg62451

上から全体を。
Cimg62491
でも私の写真じゃ伝わらない。

ビフォーをご存知の方も、初めての方も、是非、現在の温室にいらして下さい。
「そこにいて心地よい」ってことは、伝わると思うのですよね。

マイナーチェンジも、積み重なると、フルモデルチェンジになる。
「吊り橋架けたい」って言ってたけど、架かるんじゃないか?!って勢いでございます。

Yes!We Can!

言った。

| | トラックバック (0)

降りましたね、雪。

というタイトルにもかかわらず
Cimg6167
インフォメーションで飼ってる熱帯魚、コッピーです。
アカヒレってのが和名。
この時からの、インフォメーションの仲間→この時
5匹いたのですが、今年に入って2匹、天国へ。
寿命を考えると、確かにそろそろなんですよね。
毎朝、「1、2、3匹」って数えるのが日課。
水草に隠れて見えない時はドキドキします。
今朝、1匹うなだれていた。
「すみません」とお声掛けしたら、「ハッ」としてた。
彼、一番気懸かり。

そしてやっと、今朝の植物園、北池。
Cimg6186
やっぱり雲が時々切れる。
この景色が、雪国の特権かな。

雪に足跡つけるのも久し振り。
Cimg6190

テレビでは、豪雪の景色ばかり取り上げられるので、雪の降らない地域の方々からは「どれだけ雪深いの」って思われがちですが
Cimg6174
けっこういい空見てるの。

クリスマスイベントがあって感覚が麻痺していましたが
Cimg6198
クリスマスはこれからでしたね。

ひとりごとでした。

| | トラックバック (0)

お足元

そろそろ雪も本格的になるかな?と思えた今朝の出勤タイム。

雨が、あられっぽくなっていました。

かと思ったら、やはり雪国の天気。

到着する頃には、雲の切れ間から朝陽が射して、虹が架かりました。

写真ね、ないです。余裕のない朝でございましたので。

これは昨日の富山の空。橋の上から。
Cimg6125
厚い雲が覆ったと思ったら、切れ間から光が差し込む。冬の富山の空。
遠い昔は、あの光の下で悲しいことがあり、天使が昇っていくのだと思っていた。
ミケランジェロとか誰かの天井画。。。多分そういうのが頭にあった。
おそらく「フランダースの犬」のイメージ。

橋の向こうには、やっぱり立山連峰。
Cimg6119
写真イマイチ。
本物は、もっとダイナミック。

晴れ間も確かにありますが、やはり足元が悪い。
どんな天気でも「本日はお足元のお悪いなか~」って慣用句が増える。

熱帯雨林温室、雪は降らないけど、お足元を整えました。
Cimg61391
敷石を敷いて、奥の植物まで見やすくした。

ここも、
Cimg61441
以前はヒールが刺さった。

なにより、
Cimg61501
車椅子で見て回りやすくなった。
以前は、飛び石の部分が車椅子では難しかった。
職員、頑張りました。お腰のお悪いなか。

嗚呼、外は本格的な雪が降ってきました。
久し振りに見たな、この景色。

温室は、足元、悪くないです。
是非いらして下さい。

| | トラックバック (0)

また明日

本日の、閉園後の植物園。
Cimg6109
今日の夕陽にさようなら。

明日は朝陽で会いましょう。

明日も穏やかな一日をお過ごし下さい。

| | トラックバック (0)

昨日のことをちょっと。

昨日までの賑わいが昔のことのように思える、静かな植物園です。

お陰様で、大盛況で終えることができました。

このような大きなイベントでの、私にとってのちょっとした収穫。

久しぶりに会う子の、著しい成長が見られること。

夏に来てくれた彼。→この日
Cimg8465
彼、とても成長していて一目ではわからなかった。
当然、大人の歯も生え揃い、背も伸びて、顔つきも少し精悍味を帯びて。
まだ半年も経っていないのに。

そして、いつの間にか中学生になってしまった、常連だった子も来てくれた。
「子」なんて言えないくらい、「大人」に近付いていて。。。
「中学校楽しい?」って聞いたら、「まあまあ。。。」って、思いがけずバリトンボイス。
どっから声出してんの?!って一瞬ひるみました。
身長も追い付いてきた。
早いな~。
みんな、どんな大人になりたいかな。

こんな大人はどうかな。
Cimg60741
サンタです。
じぶん、バイオの研究やってます。

優秀な研究者、神戸サンタ。
この格好で、チラシも配っていました。
ONとOFFの切り替えができる大人だね、良く言うと。

実はワタクシ、BOSSより司会進行の指令を受けておりましたが、当日になって、やらなくて良いことになりました。小躍りするほど嬉しかったです。
私にはとても無理。

きっと、ここまでできませんでした。
Cimg6099
左のトナカイ。司会の大原さん。「か~んとりーろ~どっ!」って歌い終わったところ。
桜の研究者としては、日本随一なんですけどね。
この方も、スイッチ切り替えることができる大人なのですね。

カッコイイ大人、野崎弘通さん。
Cimg6093
バイオリンの音色で、聴く者の心をグッと掴むのが、本当に上手い。
お客様、「初めて聴いたけど、ジーンときた」って。
演奏が上手。それだけじゃ、こんなに惹き付けられないね。何か持ってる。

わたしも見習いたいです。
もう、相当おとなですけど。

| | トラックバック (0)

シクラメンのかほり

私が産まれた年の、布施明のヒット曲。

もういいです。年齢なんてばれても。

その当時、「シクラメンって香りあったっけ?」という違和感を、布施明自身も持ちながら歌っていたとか。

実際は、ほのかな香りもあるし、香りのある野生種もあったけど、一般に出回るシクラメンは、香りがないものと認識されていました。

でもね、今は布施明も違和感なく歌えます。
Cimg6004
香りがあるんです。
って写真じゃ全然伝わらない~。

本日12/9(金)~12/11(日)の三日間、富山県中央植物園にて、「花と緑・ふれあいフェア」を開催しております。
そのイベントの目玉の一つがこの「シクラメンの香り」
Cimg6015
現在入手可能な「香りシクラメン」のほぼ全て、16品種を全国から集めました。
恐らく、これだけの種類の香りシクラメンを一度に見ることができるのは、今回のこのイベントが初めてではないでしょうか。
会場に、甘い香りが漂います。
ラン展の時の香りに似ているかも。

どれも珍しく、手に入りにくいものばかりなのですが、特にこれはレア品種。
Cimg6038
‘おだや香’
やっぱり写真じゃ伝わりませんけど。
東京都農林水産振興局 東京都農林総合センター様の御好意で、特別に提供して頂きました。
絶対に出回っておりませんので、ここでしか見られない、感じられない香りです。
担当者曰く、「これは花立ちも良い」とか。

一つひとつ、解説もありますので、それぞれの違いも分かりやすい。
Cimg6032
字にしてみると、名前がお線香っぽい。
怒られるかな。

埼玉県農林総合研究センター様よりご提供頂いた香りシクラメン。
関東って、花の研究が盛んですね。
Cimg6042
開花が進むと青味が増す品種。

‘孤高の香り’
Cimg6043
少し、青色に変化してきていますね。わかりますか?
名前も気が利いてる。

このシクラメンの研究者と神戸さんは長いお付き合いのようで、何十年、結果を出すまで頑張ってきた姿を見てきたそうです。

野生種って、人を喜ばせる為に生きているわけでもないし。
「香りは良いけど姿が小さいよね~」って言われても、本人は「別に構いません。。。」
そこに人間が入っていくって、並大抵の努力ではないでしょうね。

なんだかね、汗と涙まで見えてしまう、このシクラメンに。
野生と、人の手が加わったもの、どちらが良いかなんて愚問。
研究の賜物の植物、私の中では、「アリ」です。

それぞれ、香りにも違いがありまして。
担当者曰く、「粉っぽい」とか「バラっぽい」とか。
表現も面白いですね。

お子様の舞台の撮影に集中なさっているお客様。
Cimg60521
あの、その後ろのシクラメンね、珍しいのです。
って念じてみたけど通じなかった。

布施明の歌、本当は「My Way」が好み。
シナトラですけど。

| | トラックバック (0)

温まります。

本日は、今のところ青空が見え隠れ。

ギリギリ晴れているという具合です。

暖房があっても、底冷えしますよね。

暖をとりに、温室へ。。。

花でアーチができてる。
Cimg00661

テングバナ
Cimg0064
丸いガクと、筒状の花弁の形が、天狗を思わせるのですって。

ベニチョウジ
Cimg0073
外では、こんな鮮やかな色の花に出会えることがなくなったので、ハッとしますね。

赤い紐
Cimg00791
ベニヒモノキ
英名ではキャット・テイルとも呼ばれるとか。

相当うな垂れているのは
Cimg0086
ウナズキヒメフヨウ
満開になっても、開かない。
このまま。
うな垂れたまま。
励ましてあげて下さい。

コエビソウ
Cimg0091
海老だ、えび。
見たままの名前。

図らずして、暖色系の花が多くなりました。

体感温度的にも、視覚的にも、温かくなる。。。温室です。

昨夜も、ギリギリの空模様の中、走って温まってきましたが。
今度は、これで温まってこようと思います。
Cimg9816
ボルダリング
ひぃ~。角度が有り得ない~。
テレビで聞いた話では、腕の力に頼らないって。。。
うん。意味がわからない。

Cimg9811
手が、ネコふんじゃったみたいになってる。
手足の配置をどう持っていくかなど、頭も使いそう。

「キャー」とか、黄色い声だけは出さないでおこう。
落ちるときは、無言で落ちよう。

北陸の冬は厳しいですが、温まる方法は沢山あります。

| | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »