« 雪、とけてきた。 | トップページ | 創立40周年記念 蘭まつり 北陸大会 »

「ラン」のはなし

今年も、北陸最大の「蘭まつり」の開催が近付いてまいりました。

3/2(金)、3(土)、4(日)の三日間、富山県中央植物園、サンライトホールにて開催されます。
今年の特別展は、「ランの香り」がテーマ。
どんな魅力的な香りの蘭が展示されるか、とても楽しみです。
今年の東京ドームでのラン展の限定販売の香水、非常に興味がありました。
現場に行かないと香りも試せないし、入場料もかかるし。
なかなか強気な香水ですこと。

ここのラン温室。
Cimg70231
いつも満開です。
「癒す」っていうより、「盛り上げてくれる」かな。

入ったらたちまち良い香りに包まれる。
どこからかなと探したら、多分これかな。

ハゴロモジャスミン
Cimg7012
小さな白い花が集まって

羽衣のように上から枝垂れる。
Cimg70151_2
繊細な刺繍のレースのような…
これはラン科ではなく、モクレン科ですけどね。
ラン温室の彩りのひとつ。

蘭のおはなし。
ランのおはなし。
RUNのおはなし。

再び雪が覆う富山のまちを見下ろし。
Cimg6976

海ほたるが見えてきた。多分、海ほたる…だと思う。
Cimg6996

遠いけど、スカイツリーとゲートブリッジ。
Cimg6999
初めて見たけど、もうこれで満足。

はい、そして東京マラソン。行って参りました。
Cimg70071
3万6千人が、都内のメインの通りを堂々と走り抜ける迫力。

速すぎる先頭集団。有楽町駅近く、中間地点にて。
Cimg70011
日本人…いないな。
なんか、手足が長くて、大きな車輪が走り抜けて行ったよう。
手前のオレンジの人、多分、皇帝。

次の集団。とにかく速すぎる。
Cimg7003
むやみに撮ったら、ギリギリ公務員ランナーが写っていた。
この時既に、給水の失敗で失速が始まっていた様子。
給水ボトルに貼った「コバトン」のシールが見えなかったのですって。
あ、コバトンって、さいたまのキャラクターなんです。かわいい鳩。
どこまでも、埼玉の公務員の鏡ですね。

ちょっと遅れて、でもまだ速い集団。
Cimg7006
赤い人、オリンピックを狙える、芸能界最速の男。
坐骨神経痛と肉離れの激痛を、ゼッケンの安全ピンを臀部に突き刺す痛みでごまかしながら走っていたらしいです。
そんな苦痛を感じさせない走り。
全然芸人じゃない。命懸けです。

そして、震災復興への願いで走る方々や、親子で走る方。
走る人の数だけ、ドラマがあるのでしょう。
沿道からの、「お父さ~ん!」という声援を聞いただけで、涙が出そうになりました。

お祭りとして楽しむ人も、真剣に記録を狙う人も、全員、「なんとなく」参加しているわけではない。
徹底的に、この日に自分のベストを合わせてきた人が…応援、関係者含めて何万人?
そのパワーを感じる、素晴らしい空間でした。
あ、植物園の女子も一名、完走致しました。
自己ベストを大幅更新の素晴らしいタイム。
根性あるのです。

さて、富山の「蘭まつり」も、関係者の方々が、その日にベストを合わせて準備中でございます。
数々の蘭の饗宴をお楽しみに。

結びが強引ですか。
「蘭」より「RUN」のお話が多かったですか。
勢いで書いてしまいました。
また、見頃の植物もお届け致します。

|

« 雪、とけてきた。 | トップページ | 創立40周年記念 蘭まつり 北陸大会 »

イベント」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290176/44283501

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラン」のはなし:

« 雪、とけてきた。 | トップページ | 創立40周年記念 蘭まつり 北陸大会 »