« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

シンプルですが

シャクヤクの花と
Cimg8779

Cimg8785

Cimg8788

Cimg8791

香りの植物コーナーのバラと
Cimg8795
フランスバラ

Cimg8805
セイヨウバラ

センダンが
Cimg8818
綺麗でした。

フランスバラの蜜を吸うクマバチ
Cimg8802
クマバチって、蜜を吸うとき
「ぢゅっ!ぢゅっ!ぢゅっ!ぢゅっ!」
っていうの…
初めて聞いた、クマバチのお食事の音。
もうほとんど入っていないコップの中のジュースをストローで吸う音。
本当に飲んでるんだな…。

走る話がしつこかったので、あっさりシンプルな見頃紹介です。
来週リレーマラソン走って、おしまい。

それでは皆様ごきげんよう。

| | トラックバック (0)

日曜日のこと

ご婦人の皆様方、運転中の日焼け、お気をつけになって。
いつの間にか、腕が焼けてしまいます。
対策は、日除けグローブ。
Cimg8703
マニキュアと指輪をしているグローブ、お気に入りです。

そんな努力も虚しく
Cimg8774
グローブせずしてグローブのように焼けた。
2週連続、またマラソン大会出たから。
今回は、フルの翌週なので10km。
手だけ守らなかった。

カーター記念黒部名水ロードレース。
富山で最大のマラソン大会。

黒部と言えば…あのファスナーのYKKなのですよ、富山以外の皆様。
Cimg8730
まず、YKKが持つバスの数に驚く。
YKKのシャトルバスがピストン運行。
待ち時間なし。

多い。
Cimg8743

外はもっと多いです。
Cimg8748
今回は過去最多のエントリー数。
6,602名が参加。

人気の理由のひとつは、公務員ランナー、川内君じゃないかな。
彼もゲストランナーの一人だったから。

走る時はカメラ持たないので、川内君の勇姿の写真がありません。
結果は、またもや酷暑のレースとなり、意外と苦しんだ川内君。
YKKの超速ランナー西村選手とのデッドヒートの末、二位でゴール。
やっぱり、ゴールで両脇から支えられたとか。毎回命がけ。

それにしても、彼は人柄が良い。
スタートの号砲直前に「選手達に激励を…」なんて予定外に振られても、キャップを取って四方へ深々と挨拶。
「僕も給水を取るので皆様も給水をきちんと取って下さい」
…いい人。

多分、ほぼ毎週、地方でこのような大会に参加し、
Cimg8754
炎天下でのこのようなイベントもあるはず。
川内君の登場を待つ皆様。

抽選会開催中。
Cimg8765
早速大会Tシャツ着てるところも、いい人。



タラバガニ5はいの当選者に
Cimg8763
笑顔でおめでとうの拍手。
全速力でハーフ走った後でも、ゲストランナー全員笑顔。
いい人たち。

先週は仙台の大会を走ったらしいです。
で、多分毎回同じ質問されているはずです。
それにも誠実に、丁寧に答える。
多分翌日、いつも通り仕事に勤しんでいたはずです。

読売新聞に掲載された彼の言葉。
「走ることに付随する全てのことが楽しみで、この為に生きていると言っても過言ではない」
一見、マラソンに傾倒しすぎでバランス悪い人?とも取れる。
でも、全てのことを走ることに繋げて、楽しんでいる、とも取れる。
そっちじゃないかな。
なぜなら、見ていて気持ちが良いから。
理由はそれだけ。

気付いたら、「川内選手」というより、「川内君」と言ってしまう。
翌日、職場にいそうな錯覚。
「昨日頑張ったじゃん」と声かけそう。
ゲストランナー全員、素晴らしい方ばかりでした。
良い大会に出られたことに感謝。

さて、コース。
一部黒部の海岸沿いを走る、風光明媚なコースでしたが、楽しむ余裕がなく。
10kmって、フルよりキツイ。
フルは6割の力で挑むなら、10kmは9割って言ってたかな。
全速力で10km。

バテて下を見たとき、足元にハマダイコンを見つけた。
Cimg7015
って、当然撮る余裕ないから、これは一昨年の植物園のハマダイコン
今年はこんなに咲いていない様子。

この花を見つけて、少しだけ気が紛れた。
「ハマダイコン…」
この瞬間だけ苦しさが消えた。
海辺に咲く花を見つけて、ここは海なんだと実感。
下向くのも、悪くないね。

結果は、一年毎にタイム更新できてるから良しとします。
でも、フルマラソンでも一緒に走った吉野さんに、残り3、4km程で抜かれた。強い。
いつも目標です。
ブログはかわいいけど→これ、彼女のSoulは力強い。

走る話ばかりすみません。
ハマダイコン出しただけですみません。
川内君のこと書きたかったのです。
すみません。

追記

すみませんと言いながら…
Cimg8746
アメリカ元大統領、カーター閣下のメダルが完走記念。
すごく嬉しかったのですけど、わたし。
おしゃれじゃない?

カーター閣下と大会の由来?
省きます。

| | トラックバック (0)

昨日のこと、続き。

入園口入って右手を進むと

木の上にチューリップ?
Cimg8613_2
ユリノキ
やっぱり、チューリップツリーとも呼ばれるみたい。

雲南の植物ゾーンに、まだ桜?って思ったら
Cimg8621_3
ウンナンバイカウツギ
バラ科じゃなくてユキノシタ科だし、桜どころか梅花っていってるし。
全部はずした。

同じく雲南ゾーン
青山さんから教えてもらったから、これ見たかった。
Cimg86301
岩場のシャクヤク

ちょうど、太陽を目一杯浴びている時でした。
Cimg8632

ここで書いた、ニセアカシアが満開。
Cimg86381
正しい和名はハリエンジュ

これはハナエンジュ
Cimg8642
ともに、マメ科
ともに、甘い香り
クマバチが嬉しそうにお食事中。

桜並木を望むステージから。
Cimg8647
立山連峰は見えないけど、桜の葉が濃く逞しくなった。
それより雑草、目立ってきたね…

中池の温帯スイレン
Cimg86531

北池のおばちゃん
Cimg86581
草むしり中。
このすぐ後、休憩時間になったようで、おかきが入った大きい袋、嬉しそうに出してた。

南池、アヤメ
Cimg8664
この網目模様が目印です。
未だに、アヤメ、ショウブ、カキツバタ…あと何?
その辺、判別できず。
アヤメだけ、網目模様に助けられています。

日本の植物コーナーで、今一番目に入る花は
Cimg8678
タニウツギ

Cimg86831
タニウツギーっ!
ボリュームを表現してみました。

ニッコウキスゲ
Cimg8692
これを見ると、そろそろ夏がくるなって思います。

温室に戻ったら、完全に水を抜いて、本格的な掃除に入っていました。
Cimg86971

コロソマさん、ぐったりして桶にもたれていました。
Cimg8608
先輩、長生きしてください。

| | トラックバック (0)

昨日は休園日

温室の池の掃除をしておりました。

水面にビッシリ繁殖したサンショウモをすくう。
Cimg85831
きりがない。

洗濯物のように、沈んだ藻を引き上げる。
Cimg85791
きりがない。

で、水を抜きながらの作業、水が無くなったら困るのが、彼ら。
Cimg85741
池に住む仲間達。彼はコロソマさん。

ピラニアの仲間だって聞いていたから、どんな恐ろしい顔しているか見てみたら。
Cimg85781
前歯が出ていて、目が半開き…。
あなた、あれに似ているわね。
がちゃぴん。

調べたら、肉食性ではなく、植物性を主体とした雑食性だって。
この前歯も、動物を襲うためじゃなくて、池に落ちた種子を割って食べる為だって。
でも、虫を落としたら、すごく暴れていたから、小さい生き物はそこそこ食べてると思う。
池のコッピー全滅してるところを見ても…。
兼本さんが池に入れたから、かれこれ15年は経ってるらしい。
コロソマ先輩。

噴水池も掃除。
Cimg85991

あらゆる水が無くなって
Cimg8604
この子が彷徨っていた。
持ち方おかしいね。
北池へお帰り。

さて、外へ写真撮りに行きます。

ではのちほど。

| | トラックバック (0)

サンライトホール前

昨日の午後のはなし。

入園口前で、にわかに人の動きが。

おじさん達、何やら作業を始めた。
Cimg85371
サラセニアの展示が始まった。
もうそんな季節か。

サラセニアっていうのは
Cimg8541
こんな筒状の葉に虫をおびき寄せ、落とし、栄養としてしまう食虫植物。

花の形も変わっていまして
Cimg8560
これは、花粉媒介に適した形。
花粉を付けた昆虫が外に出るには、花びらの隙間から出る必要があり、その時に必ず雌蘂の柱頭に花粉を付けて出る構造。

子供たち、好きだよね、食虫植物。
今年は『食虫植物展』もありますよ。
7/20(金)~8/1(水)
乞うご期待。

サラセニアを設置したと思ったら、次は壁面にノアサガオ。
Cimg85641
よく働くね、栗さん。
7月には、サンライトホールの壁面がオーシャンブルーで埋め尽くされる。

このように、蔓をひとつひとつ誘引してあげる。
Cimg85671
作業がとても丁寧なのです、栗さん。

急に、「ワイルドだろ~」と言い出した。
「え。誘引って別にワイルドじゃないし。」
返答に困っていたら、今、世間で流行っているらしい芸人のネタだって。
言いたかっただけか。
知らなくても困らないだろうな、それ。

入園口横では、「古典園芸植物、ツワブキ」の展示。
Cimg85461
一見地味ですか?花、まだだからね。秋です、花。

それがね、それぞれ葉が個性的で面白いの。

天星
Cimg8548
なるほどね。宇宙の星に見えてくる。コスモだ、コスモ。

達磨獅子
Cimg8551
獅子と言われたら…そうかな。
パセリに見えるけど。

これ、オーソドックスじゃないですか?

Cimg8555
庭の後ろに生えていたツワブキを思い出す。
子供の頃、火傷したら、母がこれを摘んできて、指に巻いてくれた。
効果のほどはよくわからないのですけれど…熱を取るの?
冷たいわけでもなく、むしろ生ぬるくてジンジンする。
でも、治った気がした。
ツワブキを見ると思い出すのは、母親の愛情です。

葉の面白さは、この植物園に来てから知りました。
Cimg8554
花も可憐でかわいいですし。

そんな昨日の植物園。

今日は休園日。
お昼休み、藤棚の下でお弁当を食べて、お昼寝しました。
鳥の声しか聞こえない。
「幸せだよね」
声に出してしまいました。

写真も撮ってきましたが、それはまた。

| | トラックバック (0)

塩の千本桜

富山の桜の名所と言えば、植物園。

松川沿い、富山城址公園など、色々ありますが

塩の千本桜も有名です。
Cimg8473
って、この写真では全然伝わらない。
満開の写真は、本当に美しいので、是非検索してみて下さい。

神通川の中洲を囲む堤防っていうのかな。
そこに、結構歴史のある樹齢の桜並木が、約1000本。
今は緑も濃くなり、とても気持ちの良い木陰をつくってくれています。
この下をゆっくり歩く…お勧めです。

って、走ってきたのですけどね。

とやま清流マラソン
意外なことに、富山で唯一のフルマラソン。
千本桜の下に、続々とランナーの車が集まってきた。
Cimg8470

とってもローカルな大会なのに、韓国からの団体参加。
Cimg8477
アンニョン。

走るから、あまり写真撮ってないのですけどね、桜は見られなくても、ニセアカシアが満開でした。
甘い香りが漂っていましたよ。

こんな長閑な景色の中を走る。
Cimg8469
良い季節には、桜並木の向こうに立山連峰を望める絶景。

のどかすぎて、走る気が起こらない。
みんな、「30分後にフルマラソン走ってる気がしないよね」とか
「これは家でゴロゴロしてるモードだ」とか、好きなこと言ってる。
でも、スタートしたら、やる気出した、全員。

桜並木の木陰に助けられたけど、それでも暑かった。
「あっつい。あっつい。あっつい」と、ネガティブワードでリズムを取る。
それほど暑かった。
心配なのは、脱水症状からの痙攣、足つり。
痙攣で転がってる人、ポツポツいました。
ただ、このレースの特徴は、周回。
仲間と、3回はすれ違うことができる。
その時、声掛け合って元気を出す。
「これは痙攣しそうだ」って思った時、仲間に声かけて気を紛らわそうと思いました。
仲間を探し、やっとすれ違った時、なぜか歩いている。
「完全に痙攣した。」
先に言われた。
おかげでなんとなく痙攣のタイミングを逃し、ゴール。
仲間も全員無事完走。記録も縮めた。
植物園でのランニングの先輩、吉野さんも完走。
彼女のお仕事ブログ→これね。
彼女の存在も、大きな支え。

その頃、手の届かない程の実力の知人、富士山の周りを二日間不眠不休で走るレースを完走。
フルマラソンの記録がかすむ…。

人間って、おかしな生き物ですね。
自然の前ではとても小さな存在だけど、大きな顔をしたり。
逆らえないものばかりなのに、その中で、限界を設定せずに挑戦しようとする。
小さいからこそか。

最近、取材で「なぜ走るのですか?」と聞かれた。
なにそれ。取材、下手だね。
植物に、「なぜ花を咲かせているのですか?」って聞いてみてよ。
「なぜ」なんて考える間もなく、咲かせている。
同じよ。
って、速くなってから言いたいわ。

| | トラックバック (0)

金環日食

ご覧になりました?

世紀の天体ショー

見ましたよ。

天体じゃなくて、庭の地面だけど。
Cimg85091
ヤマボウシの木漏れ日を見た。
なってる?三日月型になってる?
あ、富山は、位置的に完全な金環は無理なので、三日月型になるのです。

サングラスを二重にかけて庭に飛び出したら、引き止められた。
子供以下。
で、木漏れ日観測になりました。
家族で庭に出てキャーキャー言ってたのは我が家くらいで、辺りは静寂。
テレビで見ていたのかな、みんな。

「ここが一番三日月型だわ!」
Cimg85161
と、携帯で写真撮る母。
あなたの背中に映る木漏れ日が、一番三日月型だって…
知らないよね。

もっと詳しいお話と写真は、多分兼本さんがブログで書いてくれるから、そっち見て下さい。
そっち
ビデオも撮っていた。

中田次長の柴犬親子は、早朝に鳴いたそうです。
動物は、何かを敏感に察知するのですね。
うちのは、トイレに失敗してうなだれていました。
なに、この差。

追記

兼本さん、ブログじゃなくて植物園HPに載せていた。→こっちだ。

| | トラックバック (0)

休園日出勤、二度目。

ニュースによると、今年4月のビール系飲料の売上高が、前年を下回ったとか。
今年は花見の時期の天気が芳しくなかったのが原因らしく。

そうでした?芳しくなかった?忘れました。
Cimg83261
桜並木の緑も、濃くなってきました。

ところで、「ビール系」に反応してしまいました。
発泡酒とか、含めた意味なのでしょうけれど。
「系」が付いた途端、軽薄に聞こえる。
「女の子はカクテル系?ビール系?」みたいな。居酒屋の会話のような。

そんなことより、カキツバタ
Cimg84041
南池の畔
風もなく、水面に映る。

小川の畔に点在するのも自然で良いって、青山さんが教えてくれた。
Cimg83291

北池の畔
Cimg8350
カッコウセンノウ

桐林さんが、南池への見晴らしに拘って、雨の中スタッフ総動員で手入れした場所。
Cimg83521
桐さん元気かな。この景色、お陰でまだきれいですよ。

その近く、クレマチス園は、次々と花が咲いております。
Cimg8371
クレマチス ‘フェアリー・ブルー’
孔雀のような複雑な色。

純白
Cimg8385
クレマチス ‘クラーク・ホワイト’

これが
Cimg8393

こうなって
Cimg8390

こうなる
Cimg8392
クレマチス ‘ドクター・ラッペル’

このクレマチスは、スッキリした形が好感持てます。
Cimg8378
なんて名前かしら。

Cimg8382
げんきですか。

もう終わりかけだけど、色も姿もかわいい
Cimg8421
クサボケ
間違えないように言わないとね。
乱暴に聞こえちゃうから。

大島桜の変異種、ウスガサネオオシマ
Cimg8430
果実。
さくらんぼってことか。

あんなに咲いていた藤棚のフジは、すっかり花も終わり
Cimg8444
まめ、まめ、まめ、まめ、まめ。

休園日、木曜日なのですけどね。
鳥や虫達、知っているのか。
虫にはよくぶつかるし。
鳥は飛ばずに歩いているし。
結構自由に満喫しているように見える。

それでは、また。





| | トラックバック (0)

赤いスイートピー


好きよ今日まで逢った誰より
I will follow you あなたの生き方が好き
このまま帰れない
心に春が来た日は
Cimg8282
赤いスイートピー

『赤いスイートピー』ってどんな歌だったか…
最後まで歌いきらないと歌詞にタイトル出てこない。
時間がかかりました。
『渚のバルコニー』なら、冒頭からわかるのですけど。
聖子ちゃん、歌、多すぎる。

富山県中央植物園HPのトップページでも言っておりますが、スイートピーって言ったら、この歌を思い出してしまいます。
トップページの写真のように、エントランスに16品種のスイートピーを展示。
甘い香りが漂っております。

イギリスで最も愛される一年草の代表がスイートピー。
スイートピーは1699年にイタリアから到着して以来、イギリスで育種が進みました。
Cimg8299
という説明が書かれた看板。
なるほど、この甘い香りが名前の由来なのね。
スウィート。

お店で切花のスイートピーを見ても、茎がこんな豆っぽくない。
Cimg8296
四角豆みたいな茎。
いかにも「マメ科」。
切花のスイートピーは、ここを取ってしまったものらしい。

Cimg8311
二色?しかも色の組み合わせが絶妙。

それにしても上手く撮れない。
どうしたらいい?
平野さん。
Cimg83131
プロ並みの腕前、平野さん。
花に水滴吹きかけていた。
そこまでやらなきゃね。

池ヶ原湿原の水芭蕉を撮ってきたばかりですって。
ここ見たら、尾瀬に行けなくなるらしい。
植物園の水芭蕉は終わりましたので、池ヶ原湿原、是非。

水芭蕉の話だったっけ。



| | トラックバック (0)

キャンパス

どうも。

昨日は爽やかな空で。
立山連峰は、清々しくて。
Cimg8257
リポDの旗が目立ちますか。
ファイト一発。

洗濯物もよく乾く。
Cimg82551
犬も干した。
犬です。犬です。

そしてワタクシ、短大を卒業して以来久し振りのキャンパスへ。
Cimg82651
「うわ、キャンパスっぽい」と、シャッターを切る。

「こういうところもキャンパスって感じだよね~」
Cimg82681
今思うと、そうでもない。興奮しすぎ。

全然ここの卒業生じゃないのに、勝手に郷愁に浸りました。

何をしに行ったか。
某大学の公開講座を受講しに行きました。
タイトルは『新聞報道で読む東アジア』
植物園から中国の雲南省へ行ってから、興味があったこと。
その年は中止になり、そのまま忘れていた講座。
ふと思い出して調べたら、締め切りに間に合う。
即決。

久し振りのキャンパスに気持ちが高揚したせいもあり、最後まで充実した講義でした。
ちょうど、「FTAの交渉を年内に開始」というニュースが流れたばかりで、タイミングも良かった。

世界の歴史も絡まり、「もう一回説明してみてよ」って言われたら…できない。
でも、受講したことで、「質問したい」ってことが出てきた。
それって、「何を質問したらいいかわかりません…」からの成長。
受けて良かった。
来週も楽しみです。

あ、ひとつだけ。
新聞を読むポイント
自分に都合良く解釈して「意味の無い楽観主義」に陥らず、「活力による悲観主義」で情報に接する。
ほ~。

で、この講座を知ったきっかけは、植物園。
Cimg82751
こういうパンフレットが集められたコーナー、公共施設などにはよくありますよね。
ここから見つけた。アナログでしょ。
でも、ネットで探すって能動的なことだから、自分から行かないと見つからないものもある。
このようなコーナーは、必然的に目に入ってくる。
良い出会いがあったりする。
他県の情報もあります。
是非、ご活用下さい。
ちなみに、仲語さんによる案内の立山トレッキングも、ここのチラシで見つけた。→ここね

私の新聞の読み方。
一面→「人生相談」(逆も多々あり)
読売です。

| | トラックバック (0)

休園日

休園日に出勤ってなかったのですけど。

まあ、色々で、休園日に初出勤でございます。

お客様のいない植物園ってね
Cimg82361
荒れ放題なのですよ。

階段まで。ひどいわ。誰かしら。
Cimg82491

暴れて日頃のストレスを発散させているに違いないわ。誰かしら。
Cimg82401
「はっ!」

好きなこと書きまして申し訳ございません。
お戯れでございます。

休園日には、お客様がいらっしゃらないうちに、色々メンテナンスでございます。
Cimg82461
ニョキニョキ伸びたブーゲンビレアを剪定する川住君。
頼もしいね。

おじちゃんも頼もしいよ。
Cimg82511
栗林さん、高い所苦手なのに、頑張ってた。
終わったら、グッタリしてた。
こう見えて、栗さん、ゲッカビジンとか、蘭とか、色っぽいものの栽培担当なの。

茂った温室も見応えあったけど、剪定して、まんべんなく日光も当たるようになった。
何より、お客様にぶつかる枝もなくなったし、見やすくなった。

職員さんが汗水流して働いている間、ツバメは何していたか。
Cimg8230
何か、頑張っていた。多分。
長時間、これでした。

明日からまた、植物園へどうぞ。

| | トラックバック (0)

つき

昨夜は満月。

コンビニから出たら、月が大きすぎて驚いた。
地面に落ちそうでした。
そういう時に限って、カメラ、持っていないの。

家に帰ってすぐに撮ったけど、もはや「標準サイズよりちょっと大きめ」くらいの月。
Cimg8219
スーパームーンの夜だったらしいですけど…
写真を撮っても大きさ、わかりませんね。
「比較の為に太陽を並べてみました」
とかできないし。

満月の夜って、感情が活性化して、行動力も高まるらしいです。
月の力って、あまり興味なかったのですけど。
初めて、「これは満月のせいか」と思わされた夜がありました。

雲南旅行、昆明での夜の宴。→しつこいですけど、ここです。
2
昆明植物研究所の皆様と。
とても楽しかったのは、満月には関係なく。
でも、満月の相乗効果、あったかも。

こんなことを、
4

繰り返して、
6

号泣。
4_2
渋谷さんありがとう。

白酒、雲南ワイン、青島ビール。
グラスが空くまで、組んだ腕を離せない。
昆明の1900mという標高。
そして満月。

突然、感情の糸が切れた夜。
水面の表面張力が一気に崩れた。
人生初、悲しくないのに泣く。

細木和子が言ってたな。
「女は満月を見るな」って。
理由は忘れた。
細木和子まで出して、何の話だったか。

月齢は、植物の成長にも深く関わるとか。

植物の生育リズムの最小単位は、旧暦の新月~満月・満月~新月の約15日間で、その間に生長、充実、肥大、3つの生育パターンを繰り返すそうです。
因みに、満月の時、植物は実を充実させている時だって。

このリズムを参考にして作業効率を上げる農業があると知りました。
研究員さんから聞いたわけでなく、わたしが勝手に調べたの。悪しからず。

月の力、無意識なだけに、その影響力の大きさに驚きます。

スーパームーンの昨夜、我が家に何があったか。
カレーがとても辛かった。
それくらいです。

次は、21日の金環月食。
新月の時、植物は茎や葉を伸ばしている時だとか。
皆様には、どのような影響があるか…。

月齢、ちょっと気にしてみてください。

○追記○

間違えたね。
金環日食ね。
まあ、新月ってのは、あってますので。

| | トラックバック (0)

プライベートで植物園

最近、以前のように園内をウロウロしておりません。

昼休みに行けばよいのかもしれませんが。

何よりも昼寝が大切。

で、休日でしたが、植物園内の写真を撮りに行ってきました。

雲南の植物ゾーン
Cimg8051
ウンナンハナズオウ

Cimg80531
終わりかけかな。こんなに花を付けていたけど。

名札を探せずよくわからなかったけど、なにマツ?
Cimg80561
病気?赤茶けていて…
真っ先に「オランウータン…」って思った。ごめん。

こんなに健気に咲いているのだけど
Cimg8057
どの名札を見たらよいかわかりにくい。
職員さん、そこんとこ、よろしく。
この日は休日なんで、お客様目線でございます。

ハンカチ落ちてるよ。
Cimg80631

あら、違うみたい。
Cimg80651

見上げると
Cimg8073
ハンカチノキ

看板で、説明を省く。
Cimg8075

ハナミズキ(アメリカヤマボウシ)
Cimg80841

これは我が家のハナミズキ
Cimg8199
今年はとても色が濃くて、赤さに驚いた。

ソメイヨシノの桜並木
Cimg81001
新しい緑が眩しい。

藤棚は今、見頃です。
Cimg81341
どう撮ってよいやら…
甘い香りに、蜂も夢中。
夢中すぎて、こっちの存在…無視なんで…。
これだけないがしろにされると、少し寂しくもある。

ライラック
Cimg8167
北海道では、どの民家にも植わっているって。
昔、北海道に住んでいた家族曰く。

ボタンも見頃
Cimg8178
日本牡丹‘大正紅’

Cimg8186
‘雪重’

Cimg8182
‘錦王’

名前に「えっ!」ってなりました。
ボタン、ごめん。

このあたり、ツツジやらシャクナゲやらハナミズキやら…
Cimg81961
どの花にも寄っていない写真ですみません。

桜の開花は遅れたけど、急に暖かくなり、一気に開花が重なっていませんかね。
それもまた、「北海道っぽい」らしいです。
「それ~っ!」って、一気に咲くのですって、北海道。

では、このへんで。

植物のおもしろいお話は、こっちへどうぞ。
イキな研究員、琉球の王子が書いてます。
あ、内緒です。

女子目線のブログはこっち
わたしもオンナですけどね。
かわいさが違う。
かわいさが。

| | トラックバック (0)

そういう季節なの。

昨日の帰りに、ツバメを見たら…
Cimg8041
リフォーム完了して、布団の具合を確かめている。

丈夫な子(卵)を産まないといけないからね。
重要よ。
去年の住民は、お家を一から作っていたのだけどね…
同じ方ですか?
見分けがつかないわ。

それと、今朝、この子も見つけた。
Cimg8046
小さすぎてピントが合わない、コッピーの赤ちゃん。
繁殖力は強いはずなのに、ここに来てから初めて見ました!
ここ最近で一番の感動。
共食いに負けない生命力。
この子は強くなる。

植物園内ベビーラッシュか。

それと、園内の天井画、ラフレシア、ジオラマ、シーサー、何でも器用に作ってくれた武市さん。
昨夜、元気な男の子をご出産!
おめでとうございます。

自分で作ったラフレシアを、夫婦で眺める。
Cimg77352
赤ちゃんが、今までで一番の最高傑作でしょ。

今度来る時は3人ですね。

| | トラックバック (0)

今年もきたよ

この子と
Cimg8025
正面撮れないまま、池に逃げた。カエル。

この子
Cimg8031
ツバメ

何を見上げているの?

あ、昨年の家ね。
Cimg8028
古民家再利用?

そちら、パートナー?
Cimg8035
イケてる旦那さんですこと。
「イケダン」って言うんだって。
育児する旦那は「イクダン」だって。
どうでもいい?

子供の声が聞こえた気がしたけど、気のせいだったかな。
写真撮れなかった。
まだ産んでない?

昨年7月のブログに書いてあった→昨年のブログ
てことはまだまだか。
楽しみが増えた。

植物の話、出てきやしないわ。

| | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »