« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

進水式

オオオニバスの進水式が執り行われるということで、池に行ってみた。

Cimg99461
あそこだ。

あれ。
Cimg99501
オオオニバスの葉だけど…何かが違う。
手作りだ。
大丈夫か。

そこに、70kg弱の彼を乗せる。
Cimg99531
いや本当に大丈夫か。
もとは紙とか…

ぐんと沈んだ。
Cimg99571
でもまだ大丈夫。笑顔は引き攣る。

離岸。
Cimg9962
水が入っている。
ふやけてる。
大丈夫じゃない。
浸水式だ。

「直さなきゃ」みたいなこと言ってた。
Cimg9968
まだやるんだね。

大人にも体験してほしくて、作ったのですって。

よくできてる。
本当に頑張って作っていましたよ。
不安材料は残るけれど。

大丈夫。
池は浅い。

| | トラックバック (0)

プルメリア

頭から水でもかぶりたい。

そんなあなたに
Cimg99091
行水の画像をどうぞ。

2,3年前に、植物園でもらったプルメリア。
Cimg9928
「どうせ咲かないよ」と言われておりましたが、あの花を我が家で見られるのを夢見て、育て続けました。…父が。

これって花芽?
Cimg9934
温室なしでも、ここまで育ちました。
あの甘い香りの花が我が家の庭先に咲くなんて、素敵です。
バリ島へ行った時、「現地の女性は、道に咲くプルメリアの花を気軽に摘んで、耳に挿す」と聞いていたので、それができると思うと嬉しくなりますね。

ところでこれ、花芽でいいよね?

今、植物園温室で咲いているプルメリアはこれ。
Cimg9944
この辺り、日本じゃない香り。

| | トラックバック (0)

食虫植物展

もうすぐ、4年に一度オリンピックらしいですね。

なんか、乗り遅れていました、その空気。

富山県中央植物園では、2年に一度のこの企画。

「食虫植物展」いよいよ開催。

なんか、今回、全てがボリュームアップしてる気がする。

ハエトリグサいっぱい。
Cimg98741

サラセニア
Cimg9884

いっぱい。
Cimg98811

ウツボカズラいっぱい。
Cimg98861

モウセンゴケなどの種類もいっぱい。
Cimg98891

水中の食虫植物、イヌタヌキモ
Cimg98931
…撮れない。

暑すぎて、写真撮影に粘れませんでした。
お手軽な画像ばかりすみません。
今回は、約50種類以上の食虫植物を展示しております。

7/20(金)~8/1(水)
長くは展示できない、デリケートな食虫植物。
短期間です。
二年に一度です。
見逃す手はないでしょう。

是非。

因みに

食虫植物栽培担当、兼本さん撮影のグロ動画

見たくない人は見ないで。

って言うと、見ちゃうもの?人間の心理って。

私は見てない。

静止画像で精一杯。

グロいっていうより、むごいから。

| | トラックバック (0)

お久し振りでございます。

温室をウロウロしていたら
Cimg9871
あれ?
なんかおかしい。

…何してるの?
Cimg9866
枝です。話しかけないで下さるかしら!

…枝でした。



多分、トビモンオオエダシャク。

全然わからなかった~。枝かと思った~。(棒読み)

久々のブログがこれですみません。

でも、かわいかったのです。
姿勢良すぎて。
載せたかった。

| | トラックバック (0)

アーティチョーク

あ、昨年の今頃、友の会の皆様と、京都に行ったのだった。

武田薬品薬用植物園へ。ブログはコチラ

一年は早い…って言うと思います?

ありきたりだから言わない。

色々あって充実していたから、それなりに「いちねん」って感じでございます。

その旅から帰って、神戸さん念願の「薬用植物コーナー」を、園内にも造りました。

ここも月日が経った分、少しずつ、見るものが増えてきた。
Cimg98221
規模は違うけどね、丁寧に作ってあると思いますよ。

その中で、見頃がひとつ。
Cimg98211
アーティチョーク

Cimg9812
2品種植栽されていましたが、

「グリーン・グローブ」と「バイオレット デ プロバンス」
どっちがどっちだったかしら…確認してきます。
共に、「肝臓や腎臓の強壮、利尿」に効果があるそうです。

アーティチョークといえば、イタリア料理の前菜にもよく供されますよね。
某サイゼリア、私が高校生の頃は、アーティチョークがメニューにありました。
セレブな皆様は、サイゼリア、行かないかしら。
ミラノ風ドリアが299円でいただけますわよ。
天井のフレスコ画なんて、宛らフィレンツェ。

さて、つぎ。
ハブソウ
Cimg9827
種子や葉を煎じたものが、ハブ茶

毒虫やハブに咬まれた際の民間薬として導入されたことから、この名前が付いたそうです。

まだ咲いていなかったけど、アサガオもありました。
利尿、緩下に効果があるそうです。
身近な植物が「薬用」として昔から用いられてきたことがわかり、面白いコーナーとなっております。

場所は、雲南植物室前。

| | トラックバック (0)

昨日の夜は

前日の倍。
1,000人以上のお客様
Cimg9755
二日目は、咲く花が30こ弱だったのですが。
一つの花あたりの人口密度、たかっ!

ゆっくり開花するので、その間、神戸さんがゲッカビジンの解説。
Cimg9677
この方は、本当にお話が上手。
『これであなたもプレゼン上手』とか、本、出せると思う。

ゲッカビジン栽培担当の栗林さんなんて
Cimg9756
囲まれすぎて埋もれてるよ。
不思議な花ですからね、皆様の疑問に丁寧にお答えします。

私が見られたのは、ここまでの開花。
Cimg9680
20時前には植物園を出る必要がありましたので。
その後の花は、こちらをご覧下さい。→兼本さん
満開は、21時頃だったようです。

一夜明けて、今朝のゲッカビジン
Cimg9762
兵(つわもの)どもが夢の跡…
一晩で一気に咲くって、すごいエネルギー使うのでは?
お疲れ様、頑張ったね。

閉園後の温室からは、こんな空が見えてたのね。
Cimg9724
夜の植物園、良いもの沢山持ってるって、この日にわかる。
いつも見られないからこそ、特別な景色。

そのお話は、また。

| | トラックバック (0)

ゲッカビジン動画

兼本さんが撮った動画

リンクですけど

ご覧下さい。

最後の疲労感、「あああああ」って声が聞こえそう。

| | トラックバック (0)

ゲッカビジンのいま

このように
Cimg9645
花の先が解けてきましたよ。

Cimg96461
鉢も並びはじめた。

今夜は何時がピークで咲くかしら。

カメラマンの皆様、今年は、「アシ!」って言わないでね。
昨年のカメラマン→超真剣でした。

| | トラックバック (0)

「ゲッカビジンは今夜咲く」

って、栗林さん。

Cimg96341
お花武士栗林さん。
今晩の為に、ゲッカビジンを約20鉢、サンライトホールに並べ始めております。

「お花武士」って、私が勝手に言ってるだけ。

毎年、今夜咲くか咲かないかの判断が男らしいから。

で、いまいちハズシタ時は、切腹しそうに落ち込むから。

栗さん、南海ホークスに入団してるより、ゲッカビジンに入魂してる方がカッコイイよ。

よかったね、行かなくて。

ゲッカビジン夜間鑑賞会のご案内はこちら→キテネ

| | トラックバック (0)

「ゲッカビジン夜間観賞会は明日以降だ」

と、お花武士が申しておりました。

武士に二言はないんだって。

毎年この時期、決断を迫られてるお花武士、カッコイイなと思います。

ハズシても、当たっても。

明日以降、お楽しみに。

| | トラックバック (0)

本日のゲッカビジン

首も上がって、花の先も解けてきた。
そろそろ咲く合図。
Cimg9620
でも、開催日はまだ判断しかねるそうです。
ちょっとお待ち下さい。

難しいのよ。
一番多く咲くつぼみの数とか、日にちとか、色々兼ね合いだってあるし。
過去にもフライングとかあったようだし。
お花武士、栗林さんはじめ職員が、命を懸けて判断するわけ。
お花武士だから、一度決めたら変えないしね。
今年は切腹しませんように。
多くのお客様にご覧いただけますように。

毎年言ってるけど、サボテンの花って
Cimg9621
飛んでる鳥を食べそうだ。
首が伸びて、シャーッと…

咲いた姿は美しいですから、ほんと。

| | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »