« プルメリア3兄弟 | トップページ | 世界の菜園から »

本日の植物園

どうも。

残暑お見舞い申し上げます。
いや本当にお見舞い申し上げます。

うちのプルメリアで、避暑するプルメリア一郎と次郎でございます。
Cimg66681
右の下の方と、左の方。

あぁぁぁぁぁぁぁぁぁつぅぅぅぅぅぅぅ…
Cimg6655
って顔。

園内の写真、サボっておりまして申し訳ございません。
ええ、暑さのせいです。
で、残暑の中、行って参りました。

小川の畔、そろそろサルスベリも終わる頃かな。
Cimg66791

いやまだもう少し綺麗かな。
Cimg6686

富山はそろそろ「風の盆」
風の盆と言えば、スイフヨウ
毎年書いている気がしますが、風の盆の頃にスイフヨウが咲くこと、ないです。
Cimg6673
ほら、花芽。
完全にピントがバッタですみません。

酔芙蓉の名前の由来。
Cimg6676
酔って赤くなるから。色っぽいでしょ。

バラ属の野生種
Cimg6699
花が終わった後のかわいい姿。
バラもすっかり果実の頃。

ハナハッカ
Cimg6707
ワイルドマジョラムとも言います。
今、あまり「ワイルド」って言いたくない。

藤棚の下で、時々ランチしていました。
Cimg67131
最近はめっきりです。暑くて。
でも今日、結構涼しくなっていました。

藤もすっかり豆です。
Cimg67181

豆に、テントウムシっぽいけど違う何か。
Cimg6715
羽に私が映りそうだ。

日本の植物ゾーン、海岸の植物コーナーに、ハマカンゾウ
Cimg6733
これもそろそろ花が終わる頃。

今はオミナエシが多い。
Cimg6738

ハチ、お食事。
Cimg6741
必死。

何が見たかったかって
Cimg67571_2
これが見たくてこの暑さの中、外に出た。
ワレモコウ。
吾亦紅。
この花の色談義
「この花、黒じゃないの?」
「おれ、紅色だと思う」
「おれもこの花、紅色だと思うぜ」←ここね。
ここから付いた名前だとか…。

しかしこの花、難しい。
ピントがバックに合っちゃうの。

パンパスグラス
Cimg67631
2m以上はありますね。
ここで月見ができたらいいのに。
中秋の名月は9月30日ですって。

ここまで来て、なんだか自分に違和感。
下を見た。
Cimg6766
彼がもがいていた。
ロン毛の毛虫。
自転車で桜並木を通った時、顔に何か降って来たけど、気にせず進んでしまった。
彼だったみたい。
ポロシャツに体液たくさん付きました。
どうしたら良いかわからなくて、必死だったのか。

桜じゃないけど、適当なところに帰って頂きました。
Cimg6772
よく反るね。

職員さん、見なかったことにして下さい。

毛虫なんていませんでした。

|

« プルメリア3兄弟 | トップページ | 世界の菜園から »

見ごろの植物」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290176/46877218

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の植物園:

« プルメリア3兄弟 | トップページ | 世界の菜園から »