« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

植物園、休園日の舞台裏

どうも。

空は秋っぽいけど、暑いです。
Cimg7273

どうでも良い質問があり、神戸さんを探して園内ウロウロ。

どうでも良い質問だけど、休園日だし、見つかるまで探すぞ。

すぐに見つけてしまいました。
Cimg72711
バックヤードの温室にて。
結構人が集まってるわ。
何かしら。何かしら。

桜の芽接ぎだって。
Cimg7268
これは、なかなか細かい作業だわ。
性格で、結果が左右されそうな…。
何の桜かは教えてくれませんでした。
ちょっと、秘密らしいです。

オトナの男達が、黙々と
Cimg72721

黙々と
Cimg72621

黙々と
Cimg72691
芽接ぎする。

そんな絵ですよ。
地味ですか。

会話も、各自の独り言です。
重低音で、ブツブツと何か言ってる。
適当に質問を投げて、適当に誰かが答える。
答えがなければ、自分で答えていました。

地味でした。

でも、とても繊細で、大切な作業だと思います。
何やら、まだ秘密の桜らしいし。
この地道な作業の結果は、きっと華やかなもの。なの?かしら?

| | トラックバック (0)

ウラギンシジミ

先日の、背中のスペードの子→先日

孵化しました。事務所で。
Cimg7249
出たよ。

羽の裏が美しい銀色だって。
白にしか見えないわ。
でも、きっと銀色に見えるのね。
開くと、表はオレンジ色らしいのですが…
孵化したてなので、まだ開かず見えない。

こうやって、しばらく休んで、羽にも隅々体液行渡らせて、ピンとするのを待ってる。
私は待てないので、仕事へ。

次に見たら、いなかった。
飛んでいって、本棚の下に落ちたって。

産まれて早々、災難。

自分の人生です。
這い上がって下さい。
羽ばたいて下さい。

まず、事務所から出ようか。

| | トラックバック (0)

背中のスペード

ウラギンシジミの幼虫。
蝶になりますよ。
Cimg7207
背中のスペードマークが目印。

アニメだったら、
「あの背中のスペードは!!!」
って恐れられてる、とても強いキャラクター。
いそうでしょ。

でも、だるま型の幼虫です。

コンニチワ。

| | トラックバック (0)

コスモス

どうも。

3連休、いかがお過ごしになりましたか?

私は、度々訪れております、長野県は黒姫へ。
Cimg7170
妙高山を背にしたコスモス。
見頃でしたよ。

ただ、黒姫高原のコスモス園へ続く道は
Cimg71651
大渋滞。

お蕎麦屋さんの駐車場も
Cimg71671
大混雑。

これが連休というものか。

平日の、穏やかな観光地も良いけれど。
連休の混雑も、「活気」と思えば、まあ楽しいか。

皆様も、混雑さえも楽しんで、コスモスを見にお出かけ下さいませ。

| | トラックバック (0)

この夏は、よく空を見た。

植物園の温室から
Cimg9724
夜間開園。
普段は誰も見ることができないの。
この時間の温室からの景色って。

焼岳登山の前の朝焼け。
Cimg9304
これは、まだ夏の始まりの空。

白木峰
Cimg61131
雲がない。

植物園に、天空の城がのしかかる。
Cimg6456
案外降らなかった。
肩透かしな竜の巣。

フレンドリーな雲。「やあ」だって。
Cimg6803
相当ついてきた。
「やあ」って言いながら。

今朝のランニング、4時半の空。
夜と朝の境界線。
Cimg7072

そのうち、この月も、朝に飲まれて消えていく。
Cimg7078
今日、最後で、最初で、最後の月。

立山の方から、朝が来る。
Cimg7117

そろそろ、空で秋に気付きますね。
うっかりすると、体感温度では気付きにくいけれど。

植物園の空は広い。

| | トラックバック (0)

ピンクのフラミンゴ

どうも。こんにちは。

最近、朝4時起きで走っております。
日の出も遅くなり、走り始める頃には、満天の星と、月。
東の空を見ると、少し白んできて…
夜と朝の境界線を、空に見ます。
夜空も朝陽も見るので、一晩中走っていたような錯覚。

手ぶらで走るので、素敵な写真はありません。
気が向いたら、4時半くらいの空をご覧下さい。
消えていく星が見られます。
新聞屋さんに、挨拶できます。

朝活自慢でした。

さて、見頃の植物。
南池の向こう岸に、ピンクのフラミンゴ。
Cimg70271
それよりも、鴨に目がいく。
今年もオオオニバスに乗っています。

急いで降りようとしている。
Cimg70301
その葉はさすがにボロでしょ。

ナツズイセン、今年は遅かった。
Cimg7036
いつもは8月の終わりには咲いているのですが。
今年は今(9月半ば)でも、まだ見られるくらい、遅かった。

地上から、茎と花だけが出ている、スマートなシルエット。
春に出た葉が枯れた後で、花芽が伸びてくるのですって。
この姿が、なんとなくフラミンゴを連想させる。

そろそろ見頃も終わるかもしれません。
花が遅かったことが幸いして、涼しくなってきた今、見られます。
是非。






| | トラックバック (0)

おおかみこどもの雨と雪

どうも、こんにちは。

遅ればせながら、観て参りました。
Cimg63571
「おおかみこどもの雨と雪」

ロングラン中のお陰で、夏休みが終わった9月でも間に合いました。

とても良い映画でした。
私の中では、傑作でございます。

上映開始5分で泣き、エンドロールまで泣き続けました。
「よく開始5分で泣けるね」と驚かれました。
泣きどころはどこだったのか…
東京の風景で泣き、山の景色の美しさで泣き、ストーリーで泣き…
「感情移入しすぎ」とのこと。

この映画、富山県中央植物園も協力しております。
エンドロールに、きっちり名前が出ていますよ。
どんな協力か、中田次長に聞いてみました。
例えば、舞台となる場所、季節などと、登場する植物の組み合わせ。
高山植物とかね。
色々とアドバイスさせていただいたそうです。
植物だけでなく、野鳥のアドバイスまで。
現地にも、一緒に行ったのですって。
あの家や風景、ほとんどが実在するもの。
それ故に、あのリアル感が生まれます。

敢えて、「立山連峰」「弥陀ヶ原」「称名滝」「上市」なんて名前は出てきませんが、富山県民ならすぐにわかる。
山が身近な人には、殆どの風景が記憶のどこかと重なるようです。

様々な視点で見ることができる映画だと思いました。
母の想い
子供の想い
都会で頑張る人の、故郷への郷愁
動植物への愛情
大沢たかおファンの期待
…色々

私は、全てがはまったようで、どの場面でも泣けて、泣きすぎて頭痛。
まだ東京にいたら、恐らく、これ観終わって、その足で羽田直行。
想像に難くない。

故郷が、美しい富山であることの幸せ

両親に育てられたことへの、感謝

母になりたい

そんな想い。

| | トラックバック (0)

くだもの

どうも。

前回のエントリーでは、世界の野菜の展示をご紹介をさせていただきました。

今回は、果物。

素朴な疑問。野菜と果物の違いって?

例えば、果物だと思っていたものが野菜に分類されたり…ありますよね。
イチゴ、スイカ、メロンが、野菜に分類されたり。
これは「果実的野菜」。
野菜にも種類があります。
根菜類、果菜類…。
嗚呼、ここに書くには、定義が複雑だわ。

ですから、野菜ソムリエの講習会で習ったことを、自分なりの解釈で。

花が咲く前、実が完熟する前、野菜にとってはまだ食べて欲しくない時が、人間にとって食べごろのものが、野菜。
これから子孫繁栄の為に準備してる時ね。

実が完熟したものが、果物。
子孫を残す為に、体を染めて、甘くして、誰かが種を取り出し、広めてくれるのを待っている時ね。

例えば、パパイヤ。
まだ青くて、子孫を広めるにはまだ早すぎる時に収穫したら、青いパパイヤとして野菜に。
黄色くて、種も黒々、あとは熟れた香りで、動物達が寄ってくるのを待っている時は、食べ頃な果物。

そんな感じ。
おおまかに。

さて、植物園の熱帯果樹室も、今、果実が豊富。

マレーフトモモ
Cimg6979
色のわりに、案外美味からず、不味からず…。美味からず。

ビタミンC、Aが豊富なグァバ
Cimg6983
グアバ茶は、血糖値の改善に役立つ健康食品

パパイヤ。前述の青いパパイヤだから、野菜か。
Cimg69891
この花が、清々しい良い香り。

これ、かなり実をつけていました。
Cimg6993
アメイシャ
看板に、ピーナッツバターの食感と書いてあったので、完熟したものを手に取ってみた。
うん。ベットリ。ついでに匂いもピーナッツバターのような…気のせいですか。

完熟が待ち遠しいバナナ。
Cimg7008
青い。未完熟。
では、これもまだ果物ではないのだな。

タコノキの果実。
Cimg7018
ここまで色付くと、甘いトロピカルな香り。
そろそろ落ちるのではないかな…
口を開けて待ってると危険。
これがバラバラになったもの、甘い香りに誘われて、舐めてみた。
ちょっと甘いけど、硬すぎ。降ってきたら、多分痛い。
海沿いの植物で、果実が硬い…ということは…
完熟して海に落ちて、種を守りながら遠くへ流すために必要な「硬さ」なの。

サンライトホールでは
これ、展示中。
Cimg6974
…サツマイモ?

ゲッカビジン、2年ぶりに結実しました。
Cimg6976
クリックして、大きくして読んで下さい。
横着しちゃってごめんなさい。
7/10の開花日に交配を行い、成功したものです。
なかなか見ることができない果実だと思います。
是非ご覧下さい。
痩せたドラゴンフルーツ…ってとこかしら。

そして、富山で今、美味しい果物のひとつに、梨があります。
幸水もそろそろ終わりとか。

美味しい梨に出会いました。
Cimg6961
黒部?
富山で梨と言えば、「呉羽梨」なのですけどね。
ここは知る人ぞ知る、特別な果樹園。
何が特別か…
珍しい品種を多く扱っているのです。

秋麗
Cimg6966
青リンゴのような、艶のある青梨。
富山ではなかなかお目にかかれない梨です。
この果樹園にも、数本しかない貴重な梨。
傷付きやすく、育てるのが容易ではないとか。
お味はどうか。
野菜の先生、大原さんと一致した意見は…
上品で瑞々しい。
幸水とは違う、品の良い甘さ。
口に甘さが残らない。
例えるなら、和三盆のような上品さ。

これからは、秀玉かな。
これも富山では他にどこで手に入るの?という貴重な梨。
定番の、幸水、豊水に至っては、言うまでもなく、美味。

どこかは書けませんので、どうぞお調べ下さいませ。

南国の果物からは、太陽の力を強くを感じます。
地元の果物からは、大地からの力を強く感じます。

どちらも好きです。

沖縄の友達にこの梨を送ったら、パイナップルとマンゴーとなって帰ってきました。

| | トラックバック (0)

世界の菜園から

溝口肇のチェロが聞こえてきそうなタイトルでしょ。

何のことか…

以前書きました、ドイツトウヒの大移動。→ここです。

あのドイツトウヒ、どうなったかしら。
Cimg6809
元気そう。
なんか、周りに仲間が増えてるし。

これでした。
Cimg6813
世界16カ国の、普段なかなかお目にかかれない珍しい野菜を30種類展示中です。

桜の先生として有名な大原先生、私にとっては野菜の先生でもあります。
大原さんの育てている珍しい野菜の数々をお楽しみ下さい。

イギリス原産のナス‘アイボリー’
Cimg6826
その名の通り、象牙色で卵のような実のなるF1(一代交配品種)。
味はクリーミーで、病気に強い。

シマシマ模様が斬新なナス‘ウドゥマラペット’
Cimg6832
インド原産。
インドのタマル地方の町、ウドゥマラペットの伝統品種です。
現地では炒め物で食べるのが主流。

ヤエナリ
Cimg6842
って言うとわかりにくい。
緑豆です。

ね。
Cimg6840
ご存知ですよね。
春雨やもやしで有名なあれです。
個人的には、これのお汁粉、好きです。

このバジル、とても香りが良くて気に入りました!
Cimg6844
バジル‘ボロッソ・ナポリターノ’
これ、よく見るバジルの葉と比べて、大きい葉も柔らかそうだし、実際柔らかい。
そして特筆すべきは香り。
ややミントの香りもするような…華もあるし爽やかだし。
大原さん、今日はこれで生春巻き作るのですって。
生春巻き…私は店で食べるもんだわ…。
良いお嫁さんになります。
大原さんが。

トマト、身近なだけに興味深い。

これ、写真の色が悪いわけでなく、こんな黒っぽい赤色。
Cimg6849
ロシアのトマト‘ブラックチェリー’
美味しい。
とにかく美味しい。濃い。
アントシアニンとカロテン、両方の色素を含み、機能性に優れている。
さらに美味しいのですから、これ、文句なし。

アメリカ、アイオワ州原産の…
Cimg6857
トマト‘ワプシピニコン・ピーチ’
言いにくい。
そんな名前の川があるそうです。

寄ってみると
Cimg6856
モモのような産毛、見えますか?
これが特徴だって。
味はフルーティーらしい。
ご存知かもしれませんが、どのトマトもこの産毛、あります。
スーパーではツルツルになってるかもしれないけど。
ここから空気中の水分を吸収します。

これが、新聞にも掲載された青いトマト
Cimg68591
トマト‘インディゴ・ローズ’
青い…藍いかな。
インディゴと言われたら、まあ分かる。
アメリカのオレゴン大学で開発された、皮の一部が紺色を帯びる珍品種。
アントシアニンが高濃度!

これは結構お目にかかるかも。
Cimg6863
トマト‘サンマルツァーノ’
どこでよくお目にかかるかと申しますと、缶詰。
トマトの水煮缶、あれね。
水分や種が少なく、うまみ成分が多い為、トマトソースに最適。

このトマト、信じられないくらいの甘さ、濃さ。
Cimg68651
トマト‘エイミーズ・シュガー・ジェム’
バハマ原産

これを、ナスの台木に接木した。
Cimg68681

見た目同じですけど、食べ比べると、更に甘くなっている!
Cimg68701
細いナスの台木にすることで、吸い上げる水分量が減り、甘い実をつけるのです。
さらに、病気にも強い。
この栽培方法はこれから広がっていくらしいですよ。

このトマトは…
Cimg6876

ピーマンでした~。
Cimg6877
ちょっと書くのに疲れてきたようです。
すみません。
因みに、この料理の写真、各野菜に載っているのですが。
全部大原さんが作ったもの。
忙しいけど、好きなのですって、こういうことも。

ドイツトウヒ。
周りがちょっと賑やかになったし、大原さんがまたここで何かやってくれるらしいし。

ずっとここでもいい?
Cimg68901
「いやです」

いやだって。

| | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »