« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

太陽

こんにちは。

富山は良いお天気です。

太陽を直接見てはいけないので
Cimg9416
池に映る陽射しを見る。
凍っていた部分もあり、反射した光がキレイでした。

雪国の人は、太陽への感謝の気持ちを強く持っている。
低く垂れ込めた空を長く見ていたので、太陽がとても有難く感じます。

植物園の目の前の景色。
Cimg9412
見えますか?手前の畑ではなくて、その奥。

ソーラーパネル畑。
Cimg9414
某電力会社の、太陽光発電所。

何のためか、どれだけの電力を賄えるのか、具体的な広さは如何ほどか…
すみません。
全然知りません。

調べました。

[発電所概要]
規模(発電出力)  1,000kW(総パネル数:4,815枚)
太陽光パネル 多結晶シリコン(出力:208.4W、重量:18.5kg)
想定発電電力量 約100万kWh程度/年
(一般家庭約250軒分の年間使用電力量に相当)
CO2削減量 約300t-CO2/年
着  工 平成22年10月25日
運転開始 平成23年4月20日
 
だそうです。

太陽の力を、光合成で生きる力に変えていく植物たち。
太陽光発電によって、太陽の力を日々の営みに生かす人間達。

これらが、道一本隔てて並んでいる面白さ。
何の意図もないとは思いますが。
たまに、「これで温室を温めたい…」と思うだけ。いやわたしが。
植物園にお立ち寄りの際は、帰りにチラッとご覧下さい。
太陽に生かされているのは、人間も植物も同じ。

あらゆる資源は、なかなか平等というわけにもいかないようで。
時として、土地、島、海の領有権を巡り、諍いを起こす。

まさか、太陽は、取り合わないでしょう。

日照権ではなくてね。

ひとりごとでした。

| | トラックバック (0)

足跡

こんにちは。

昨日は吹雪でホワイトアウト。
前の車も信号も見えず、非常に怖い雪道でした。
乾いた雪が車庫にも吹き込む。
車庫に入っているのに、車の雪下ろし。

サンライトホール前、エントランスにも雪が吹き込んでいました。
屋根があるのに。

こんな感じ。
Cimg9407
かわいい来訪者の足跡。

この小ぶりなサイズは、セキレイさんですかね。
Cimg94091
この風雪を避けて、ここに来たのか。

一昨年の足跡が懐かしい。→一昨年
今年は、ハボタンなどの食料(?)もなく、申し訳ない。
富山の冬、乗り越えて頂きたい。

| | トラックバック (0)

ソシンロウバイ

こんにちは。

ご無沙汰しております。

ボーっとしておりました。

でも昨日、青山さんに、「外のロウバイ咲いてる?」と聞かれ、「そんな時期か!」とハッとしました。
ボーっとしてる場合じゃないわ。見に行かなきゃ。土曜日は暴風雪らしいし。

池ではカモ達がはしゃいでいました。
「週末、雪、すごいらしいぜ。遊んでおこうぜ。」
Cimg93791
はしゃいで見えない?静止画では伝わりませんね。
音声付けたい。
こう見えて、盛り上がってます。
時々「ケケケケケ~」って笑っていますし。
なに。楽しそうじゃない。

ソシンロウバイの蕾は
Cimg9386
これくらい膨らんでおりました。
もうすぐですね。
多分、吹雪で落とされると思いますけど。
もう、そんな季節だと気付くことができて良かった。

ロッカクヤナギも、ちょっと近付いてみると
Cimg93971

芽吹きはもうすぐかな。
Cimg9399

こんなに雪がないと、もうこのまま春かな…と錯覚。

土曜日に再び雪国の洗礼を受けるのだから、束の間の、春の錯覚に酔ってもいいですよね。

| | トラックバック (0)

ミーツファーマーズ

植物園での勤務時間を終えてからのお話ですが…

先日、「ミーツファーマーズ」という、生産者交流イベントに参加してきました。

富山の地場食材を使った料理を、その生産者の方のお話も聞きながら楽しめる企画です。

場所は、富山で美味しいイタリアンを食べたいならここ!っていう、某イタリア料理店。
食材を生かした、優しいお味が魅力。

毎月恒例のイベントで、今月のお野菜は、リーキ(ポロネギ)です。
リーキといえば…
クリスマスイベントでご協力頂いた、アグリッチ農園さん。

松本さん、おひさしぶり。
Cimg9377
リーキ、細いけど案外顔隠すね。
クリスマスイベント時よりも、やや長ネギのようになったリーキを持って。
あの時の太いリーキは迫力あったよね。
しかし、お味は十分甘くて美味しい。

お食事の前に、リーキの紹介などをモニターを使って。
Cimg9360
このように、プレゼン能力をつけることも生産者さんには必要ということで、事前の資料作成も全て生産者さんに任せているそうです。
電話一本かけるのも考え込んでしまうほどシャイな松本さん。
そうは思えない堂々としたプレゼン。
想いが熱い証拠ですか。

食料消費支出の割合をグラフで分かりやすく
Cimg9367
こうして見ると、生鮮食品の割合の減少が著しい。
将来的には、さらに減少。
スーパーを見ているだけでは気付きにくい変化。
これは、生産者さんにとって、今後どう動くかの分岐点。

さらに
Cimg9370
割あわないだろうな。

その点リーキは、最近の外食産業では、需要も知名度も上がってきています。
一本あたりの単価も、なかなかのお値段です。
リーキ、富山の気候も相性良いらしいし、いいんじゃない?
これ以外にも、様々な要素を考えて、リーキ作りに挑戦してみたそうです。
そして、今後を見据えて、飲食店との繋がりも大切にしていらっしゃいます。

でも高級だし、お安い長ネギで代用できるかも…

実際に食べて、確認してみよう。
Cimg9365
リーキを、チキンなどのお出汁で煮たシンプル料理。
長時間クタクタになるまで煮ても、煮崩れなし。
そして、アスパラガスのような食感に変化。
甘みも、長ネギとは違って、にんにくのような甘さ。
太さがあるから、このシンプルな料理でも十分な存在感。
長ネギもクタクタに煮ると美味しいけど、完全な代役にはならない。
うん。リーキの存在は、長ネギとは別のものとして確立されているな。

これは、今回の主役のひとつ、赤ネギを使ったお料理。
Cimg9374
赤ネギと猪肉のパスタ。
こちらは、西洋野菜のリーキとは違って、江戸時代から続く伝統野菜。
色味の美しさと、甘さが際立つ。

黒部のボッサファームのボッサ米と白ネギのリゾット。
Cimg9371
これ、ネギの香りが残っていて美味しい。
そしてボッサ米。リゾットで「お米が美味しい」と感じたのは初めて。


このように、今後の活躍を期待できる西洋野菜や、大切にしていきたい伝統野菜などを美味しく頂きながら、生産者さんの真っ直ぐな想い、農業の実状などを知ることができる有意義な時間でした。

意外な事実が、富山県の野菜自給率の低さ。全国最下位。
富山の気候が実は適しているというリーキなどを起爆剤に、生産力が上がることを期待します。

植物園の昨年のクリスマスのように、富山の生産者さんと協力して、富山の農業を盛り上げていくイベントができたら良いですね。

美味しいイベント希望。

| | トラックバック (0)

梅が咲きほころび始めました。
Cimg9341
麝香梅(ジャコウバイ)

Cimg9354
未開紅(ミカイコウ)

Cimg9357
舞扇(マイオウギ)

ご覧の通りの室内ですから、ちょっと早いわけですが。
あと何度か大雪を経験したら、外の梅の蕾もふくらみ始めるはず。
今週は、雪が続くようですね。
やっと道路が広くなったと思ったのですが。
そうか。雪はまだまだこれからだった。
もう少し、雪と仲良くお付き合いしましょうか。

来シーズンは、スノーシューを手に入れて、雪の植物園内を散策してみたい。
頼成の森では、スノーシューやかんじきで森を散策するイベントがあるそうです。
今は頼成の森で活躍している桐林さんが、「かんじきの手入れをして待ってるよ」だそうです。
見晴らしも良く、気持ちの良い場所ですよ。
様々な動物が残した足跡が面白い。
私は走ったことしかないので、今度はゆっくり歩いて散策してみます。

| | トラックバック (0)

ラン温室

おはようございます。

木曜日は植物園の新年会でした。

とても楽しい宴となりましたよ。

平成元年生まれの23歳青年を捉まえた栗林さん。
一見、正しいことを熱心に語っているように聞こえるけど、よく聞いていると、そうでもない。
酔いに任せて、内容が適当になってきた。
それに必死についていく23歳。なかなか頑張る。
演歌の話に突入。

栗林さん 「おまえ『みだれ髪』知ってるか」
23歳 「与謝野晶子ですか!」

うん。あってるけど。ここでは違う。
よく頑張ったね。
美空ひばりらしいよ。

お酒大好き栗林さん。

ラン温室を、美しい蘭でいっぱいにしてくれます。
Cimg93121
外は冬でも、ここはいつも満開。

今は、カトレア
Cimg9322

シンビジウム
Cimg9325

コチョウランが、見頃です。
Cimg9329

栗林さんが丹精込めて育てている蘭。
この温室を見ていると、酔って呂律が回らなくなってる栗林さんを忘れます。
本当に素晴らしい仕事をしているなと。
オンとオフを切り替える、カッコイイおじさんです。

ラン温室。
是非。

| | トラックバック (0)

「おはようございます」

Cimg9266
……。

はい。おはようございます。
新しく入った方ですか。

新年、初出勤したら、先にいた。
なに、メット被って、やる気満々じゃない。

年を越して、何か変わったかなと、温室散策。

あれ。
Cimg9269
フクベノキ、実が減った。
これは新しい果実。

最初に生った果実はどうした?
こうして、落下防止のネットまで被せて大切にされていたあの果実はどうした?
Cimg82311
平成11年7月で、この状態。
さながらスイカ。

はっ…。
もしかして、あのヘルメット被った新人…。

Cimg9279
「フクベです。」

Cimg9281
「はたらきます。」

あんなに大切にされていたのに…。

働いてもらおうか。




志内さんの仕業。

| | トラックバック (0)

七草粥

昨日は一月七日。

無病息災を願って、七草粥を食べる。
Cimg9251
せり、なずな、ごぎょう、はこべら、すずな、すずしろ、ほとけのざ…

春の七草は言えるようになったわ。

七草粥について、一昨年も書いた。→一昨年

リンクで済ませてしまいました。

年末年始に限らず、日頃、常に満腹状態ということはありませんか?
ついつい口に何か入れていませんか?
胃腸が疲れている、集中力に欠ける…ってこと、ないですか?
体内の血液が、消化活動にフル稼働してしまい、脳の働きが鈍ります。
栄養素のことは、一昨年のブログの通り。
満腹を控えて、胃腸を休めてあげるためにも、時々は、粗食で。

植物と人の体は違いますが、ここで書いた、「週一回のザバッと水遣り」みたいなものですかね。→昨年末のこれ
植物も、人も、ちょこちょこ食べると、毒素が滞る感じ。

粗食のススメ。
腹六分目くらいがいいって。

毎朝空腹で目覚める私には無理ですが。

たまには粗食。
たまにはご褒美。
バランスか。

| | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます。

本年も、富山県中央植物園をよろしくお願い致します。

土曜日から開園しておりますが、私は本日が仕事初め。

今日は、あそこに上って眺めるか。
Cimg9232
チェーンかかってる。
冬季は、上らないで下さいね。

雪で埋まり、階段の意味がない状態。
Cimg9235
ここを上りきると

新年早々、兼本さんが歩いた北池を見下ろせる→ブログをご覧下さい
Cimg9236
雪が水面を覆い、朝陽が反射して眩しい。
今日はもう池の上は歩けない。
凍っても、歩いたらダメ。
マネをなさらぬように。
兼本さんは職員だから特別…なのではなく、特殊なのです。なにかと。
普通の方は、危ないので絶対真似しないで下さい。

入るなとか歩くなとか、「なら載せるな」ってことばかり載せてすみません。

今年はね、良いことがありそうです。
「良いこと」に、気付くかどうか…ですか。

今日の空が青いというだけでも、良いこと。
Cimg9224

2013年も、健やかに過ごしましょう。

| | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »