« 福寿草を見に行きました。 | トップページ | 咲きました。福寿草。 »

節分草ってごぞんじですか?

ナイツ風に問いかけてみました。
ナイツの説明省きます。

昨年は、高山植物室に、鉢で展示していたのですけどね。
1

わたし、覚えていないし、写真も撮っていなかった。すみません。
2
(写真提供:頼りになります青山さん)

日本原産の植物で、関東より西の地域に分布します。
石灰岩地帯を好み、落葉樹林内の斜面などにまとまって自生します。
地上に顔を見せるのは3ヶ月程度。
可憐さが魅力の山野草で、地植えや鉢植えで楽しみます。
開花時期は2月~3月で、節分の頃に花を咲かせるのでこの名前があります。
学名(属名)のエランティスは「春の花」という意味です。

って、ネットに書いてありました。

なぜこれを取上げたか。
一緒に雲南省を旅した、樹木の先生、名畑さんからのご質問で知ったから。
「植物園に、植栽されている?」って。
残念ながら、今年はないのです。
生育状況によって、鉢で展示していたそうですが、今年は芳しくなく、展示をしないとか。
残念。初めて知りましたが、かわいい花ですね。是非見てみたい。
昨年見過ごした、わたしが悪い。

名畑さん、花総合センターの池の畔で見つけたそうです。(今現在は不明)
毎年、この花に会えたら、「恋人に会えたような」気持ちになるのですって。
その感覚、ステキです。
会いたい。
その枯葉の下の恋人、是非会いたい。

そこにあるから美しいわけで。
たまに会うから嬉しいわけで。
山で会えても、連れて帰らない。
来年また、そこで会うのを約束して。

ほら。
しつこいと…アレだし。
会いすぎると…ナンだし。

|

« 福寿草を見に行きました。 | トップページ | 咲きました。福寿草。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290176/49638852

この記事へのトラックバック一覧です: 節分草ってごぞんじですか?:

« 福寿草を見に行きました。 | トップページ | 咲きました。福寿草。 »