« ここ最近の徒然と、本日の植物園。 | トップページ | 母子 »

高山植物室アタック

三浦さん、エベレストからお帰りなさい。
無事に下山なさったようで、ホッとしましたね。

昨日は、登山用品店を覗いて参りました。
季節的に、「夏の剣岳アタックに向けて、まずは低山ハイクから足慣らし」という方も増えてきたようで、お店もまずまずの賑わい。

わたくしは、「山は行きたいけどのぼりは嫌い」とかダメ発言。

そんな、矛盾した願望に葛藤するわたしは、ココへ行く。

高山植物室
Cimg09971
入り口を入った瞬間から、期待が高まります。

カンパニュラ・ポシャルスキアナ
Cimg0962

オンファロデス・ベルナ
Cimg0967

カンパヌラ・フラギリス
Cimg0969

これらの青くて小さい花達に、まずは出迎えられる。

セイヨウウスユキソウ
エーデルワイスです。
Cimg0976
あの歌が先行しちゃうのですよね。
必ず言われるのです。
「思ったより地味だった」って。
小さく可憐な花を想像したら、毛深くてびっくり?

「どんな姿を期待なさっているか存じませんが…。
わたくしのこの姿は、厳しい環境に耐える術でございます」
また勝手に喋らせました。
この毛深いフェルトのような葉で、高地の厳しい環境から身を守ります。
可憐どころか、なんて頼もしい花。

オダマキ属 カエルレア
Cimg0984
人間がガラスで作ったような繊細な形。

キリンソウ
Cimg0989

ジンリョウユリ
Cimg0995
ササユリの変種で日本特産。自生地はごく一部に限られ、環境省のレッドリストでは絶滅危惧ⅠB類に指定されます。

大好きなアサギリソウは
Cimg09851
相変わらず、フワフワの犬のような手触り。(ネコ好きな方には、柔らかいネコ)

三浦さんに憧れるけど「のぼりは嫌い」というアナタ。
わかります。
高山植物室へどうぞ。

|

« ここ最近の徒然と、本日の植物園。 | トップページ | 母子 »

見ごろの植物」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290176/51793496

この記事へのトラックバック一覧です: 高山植物室アタック:

« ここ最近の徒然と、本日の植物園。 | トップページ | 母子 »