« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

こんにちは

ちょっと連休頂いている間に

ゲンカイツツジが満開でした。
Dsc01955_1
いつの間に。

これも、気付いたらこんなに。
Dsc01961_1
そそそそ、ソメイヨシノ?

同じくバラ科、アーモンドの花でございます。
ソメイヨシノよりも、ちょっと大ぶりな花。
開花は、だいたい同じくらいじゃないかしら。

さて…
富山のソメイヨシノの開花予想日は4/5ということなので

さくらまつりの開催日程は

4月10日(木)から4月13日(日)に決定致しました。

詳しくは、コチラ→cherryblossom

水面に映る夜桜をお楽しみ下さい。
002__mg_6907_1

植物園も、いつもとは違った風情。
014__mg_69201
この写真は、2010年かな。

日中の桜も、もちろん良し。
Cimg66321
このあたりは2012年みたい。

一昨年の、ある春の日の、昼下がり。
Cimg66231
たまに過去の写真を振り返ると、なんだか楽しくなってきた。

2012年、ある春の日の、兼本さん→こうみえて、はかせだよ。
Cimg65741

2013年、ある夏の日の兼本さん。
Dsc00271_1

バイクも兼本さんも、こんなに大きくなりました。


何のはなしだったかな。

| | トラックバック (0)

暑い

気温の変動に、身体が追いつかない。

我が家の庭では
Dsc01934_1
昨年から狂い咲きした沈丁花の開花ラッシュに

雪囲いの解除が追いつかない
Dsc01936_1
…。

ローズマリーの開花にも
Dsc01937_1

追いつかない
Dsc01941_1
…。

植物園内、サクラ・ウメ園は撮影日和。
Dsc01944_1
「おとうさん頑張って」

いいわ、二人三脚。

| | トラックバック (0)

春の息吹

今週は、暖かい日が続きそうなので、芽吹きも進むことでしょう。

毎回撮っていますが、確実に蕾が開いてきているユキヤナギ
Dsc01901_1
ひと月前は、このような感じでした→2/26です。

アジサイの新芽
Dsc01903_1

ロッカクヤナギに近づいてみると
Dsc01909_1

花序が大きくなってきた。
Dsc01915_1

咲き始めたミツマタの花を見つけましたよ。
Dsc01918_1
皮は、紙幣の原料となることで有名。

皆が待ち望んでいる、ソメイヨシノの蕾は
Dsc01927_1
もうちょっと待ってね。

アメリカハナノキ(ベニカエデ)
Dsc01931_1
ここからは想像しにくいですが、ポンポンと咲いた姿もかわいいので、是非ご覧下さい。

植物園日和の、爽やかな空です。

長野の更埴にイチゴ狩りに行きたい。

とても具体的な、ひとりごとでございます。

| | トラックバック (0)

本日の植物園

外を歩いてまいりました。

足元から春
Dsc01865_1
クロッカス

ここにも春の黄色い花
Dsc01872_1
菜の花

菜の花が咲いているのは
Dsc01879_1
サクラ・ウメ園の、梅の下。
様々な品種の梅が、次々に開いてきました。

アセビ
Dsc01885_1

ユキヤナギも、気付いたらここまで咲く準備万端。
Dsc01887_1

サンライトホールでは、様々な品種のヒヤシンスを展示中。
Dsc01897_1
それぞれ香りに個性があり、嗅ぎ比べると面白い。

風信子。

かぜのぶこって誰?

ヒヤシンス。

漢字で書くと、こうなのですって。

響きも、字面も、涼しげ。

本日のブログ、シンプル。

| | トラックバック (0)

霜柱

春の手前で、また冬に逆戻りしたような朝。

雪はないけれど、放射冷却現象で、あらゆるものが凍る朝。

そんな朝は、霜柱。
Dsc01860_1
光るえのきだけみたい。

花壇の土が全て盛り上がってる。
Dsc01857_1

初めて見たかもしれません。
これなら見たけど→1月の朝でした。

太陽を浴びてキラキラと融けていく。
柱が次々に倒れる姿に見とれてしまいました。

あまりに美しいので職員さん達に伝えると、「へ~」くらいな…
うわ、なんだろう。この温度差。

「関東では珍しくなかったから…」ですって。
雪のある富山では、なかなか見られなかった現象。
富山の人が、関東の大雪にしらけるのと同じ感覚らしいです。

霜柱に感動し、いなかもん丸出しでございます。

| | トラックバック (0)

青い胡蝶蘭様が…

朝、出勤してみたら

Dsc01845_1
~♪♪

ご老体コッピーが、鼻歌混じりに楽しそう。

なに、元気そうじゃない。

いいことあった?

あああ!!
Dsc01847_1
青い胡蝶蘭様、警備員付き!
帰ったんじゃなかったの??

ご好評につき、世界初の青い胡蝶蘭展示期間が、3月5日(水)まで延長されました。

そっか、青い胡蝶蘭様の滞在が延びたから、サンライトホールが暖かいままで嬉しかったのね。
意味わからない方は、昨日のエントリーをご覧ください→こういうこと

そして、警備員さんも、一緒に延長なのね。

よかったら、私が見張っているけど?

「トイレ行ってる間にキャッツ・アイに盗まれるからダメ」って言われました。

それなら仕方ない。

| | トラックバック (0)

世界初 青い胡蝶蘭

第42回 富山県蘭まつり大会 開催中。

すでに満員御礼。

Dsc01827_1
え、なにに?

これか!
Dsc01828_1
世界初、遺伝子操作で生み出した青い胡蝶蘭。
東京ドームのラン展から直接来ました。
ちなみに、写真は開園前。
開園したら、たちまち人だかり。

二重の防弾ガラス。
Dsc01831_1
うそ。撃たれるわけないから。
気温、湿度、人の呼吸などなど…
とにかくあらゆるストレスから保護しているようです。

閉演後も、青い胡蝶蘭様だけの為に、室温は15度以下にはならないよう保たれています。

「その恩恵に預かります。」
Dsc01838_1
ご老体コッピー。
今だけ、夜も水温が下がらず、超元気。
いつも、夜の間に水槽が冷え冷えだったからね。
よかったね~。
青い胡蝶蘭様、ずっといてくれたらいいね~。

残念ながら、明日までです。

| | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »