« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

紅葉のおはなし。

各地の山では、そろそろ「初冠雪!」って情報で賑わっておりますが。

街中では、紅葉が見頃を迎えている時。

今日は曇り空の為、あまりキレイに見えないけれど。
Dsc04900_1
北池のヌマスギも赤くなってる。

海外の植物ゾーンを歩いていると
Dsc04912_1
曇り空も相まり、イギリスの公園を歩いているような感覚。
行ったことないです。イギリス。

トウカエデを見上げると
Dsc04909_1
まだこれから紅葉が進みそう。

ところで、なぜ、秋になったら紅葉するの?
秋の山に行く度に、長谷川さん(森林研究所所長)から教わっているのですが、感心して、すっかり忘れる。→この時も多分教わった。

そんな、疑問をお持ちのあなたの為に、植物園はあるのです。
Dsc04913_1
トウカエデの下に、「紅葉のしくみ」の親切パネル。
これはうれしい。

では、寄っちゃいます。
Dsc04903_1
寄っただけで済ませようとも思いましたが…見にくいですね。

秋になると、葉と枝が繋がっていた部分に壁ができる。
光合成で生産された糖分が行き来できなくなり、葉に貯まる。
この糖分を基に、アントシアニンという赤い色素が作られる。
葉の葉緑素(クロロフィル)は寒さで分解され、アントシアニンの赤色が目立つようになる。

では、イチョウなどの黄色い紅葉の仕組みは?
もともと葉が持っている色素のクロロフィル(緑色)とカロチノイド(黄色)。
クロロフィルがカロチノイドより多いため、葉は緑色に見えます。
そしてこれもまた、クロロフィルが寒さで分解され、隠れていたカロチノイドの黄色が目立つようになるため、黄色く紅葉するのだそうです。

ざっくりとした、紅葉の仕組みです。
よし、もう覚えた。

秋のブログとしては、これ完璧。
あとは、キレイな紅葉の写真があれば大満足だったのに。

悔しいから、2012年の10月のブログ貼っておきます。
かといって良い写真があったわけではない。

明日から晴れそうです。
秋の植物園、いかがですか。


| | トラックバック (0)

結婚式のおはなしのつづき。今度は花壇ね。

フローラルガーデンについては次回…と書きましたので、続きです。

新郎新婦が愛を誓ったこのステージ。
5
この写真ではちょっと遠いですけど…
うん。新郎新婦が引き立ってる!

10月のこの日を最高の状態で迎えられるよう、春から半年かけて作られてきました。

もちろん、常に花で彩られている花壇ではありますが、今までは、一年草がほとんどでした。
一年草は、咲く期間が長いという利点があります。
しかし、単調になりがち…
そこで、今回は宿根草も取り入れ、季節の移り変わりも感じることができる花壇を作っていきました。

高さや色のバランスも考え、風がそよぐと揺れるような…
そんな、空気の動きも感じることができる花壇。

これは7月の花壇
Dsc08417_1

見る角度で、全く違う表情
Dsc08423_1

きっと、風や、その時の気候でも表情が変わる。
Dsc08414_1

これは8月。
Dsc09628_1
花の再生の為に短く切り戻したりしながら、秋まで長持ちするよう手入れをしていました。
今年は台風も多かったので、時にはネットで予防もして、守り切りました。

そして10月。
Dsc00596_1
本番まであと数日。
予定通り、結婚式にピークが合った!

新郎新婦が上るスロープ。
Dsc00605_1
花達に祝福されながら、ステージへ。

こちらの階段を使っても、やっぱりいい。
Dsc00584_1

そしてこの空も全て独り占め(二人か…)
Dsc00608_1

まるで、自分が作った花壇のように書いて参りましたが…

この花壇は、沢山の人の手によって作られてきました。

デザイン、栽培、計画段階から指揮を執ってきたのは、広世さん。
昨年、園内の見頃の写真を撮っていたので、それを基に、10月に美しい花をリサーチ。
さらに、留学経験のあるカナダで見てきたガーデニングをイメージ。
もちろん、ここは富山なので、富山でしか表現できない、土地に合ったガーデンを作り上げました。

今回のこのブログは、広世さんへのインタビューを基に書かせて頂いたわけですが…
センス、経験、計算、あらゆる知識の融合…
ガーデニングというものの、深さ、広さを垣間見た気がします。

これは植物園のブログなので、植物のことを中心に書かせて頂いております。
植物園非公式ブログではありますが、企画会社さんの宣伝はここではできず、残念です。
ただ、私達だけでは、こんな素敵な結婚式はできなかっただろうなと思います。

花壇も、結婚式も、新郎新婦はもちろん、多くの人の手によって、作られたもの。
多くの人の、祝福の気持ちで、作られたもの。

沢山の人に見守られながら
1

どうぞお幸せに!



| | トラックバック (0)

結婚式のおはなしのつづき…

こんにちは。

先日の、結婚式のお話を、もう少し…

今回の結婚式の企画会社さんからも、写真掲載のお許しを頂きました。
素敵な写真が沢山あって、どれもご紹介したいものばかり。

そしてこれには、「なるほど!!」と感心致しました。

園内バスが、ブライダルカーになってる!
6
彼(バス)が、こんなにおめかしした姿、初めて見ました。
彼も、満更でもなさそうです。

このバスは、環境にも考慮した電気自動車で、音も静か。
そして、ご覧の通りのオープンカー。
風、香り、音などを全身で感じることができるバスです。
心地よい風に、緊張した心も少しはほぐれたのではないでしょうか?

普段はね
このように働いているバスです。→運転手さんの説明付き。
Cimg6611_1
桜の時期は特に、フル回転で大活躍です。

この写真を見ると…
9
ご列席の方々にもご利用いただけたようですね!
皆様にも、植物園の良さを感じていただけたかしら?

次回は、この日に最高のステージに仕上がるように見守られてきた、フローラルガーデンについても、ちょっとお話させて頂きますね。
5
新郎新婦を祝福するような、素敵な花壇でこの日を迎えることができました。

| | トラックバック (0)

結婚式

秋晴れの日曜日。

植物園で、結婚式が執り行われました。



荒天が予想された天気予報でしたが…
お二人の願いが届いて、この空です!
「二人なら、大丈夫」
空からのメッセージですね。

お幸せに!

*他の写真も、後ほど掲載させて頂きます。

とてもステキな結婚式でした!

| | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »