« 結婚式のおはなしのつづき… | トップページ | 紅葉のおはなし。 »

結婚式のおはなしのつづき。今度は花壇ね。

フローラルガーデンについては次回…と書きましたので、続きです。

新郎新婦が愛を誓ったこのステージ。
5
この写真ではちょっと遠いですけど…
うん。新郎新婦が引き立ってる!

10月のこの日を最高の状態で迎えられるよう、春から半年かけて作られてきました。

もちろん、常に花で彩られている花壇ではありますが、今までは、一年草がほとんどでした。
一年草は、咲く期間が長いという利点があります。
しかし、単調になりがち…
そこで、今回は宿根草も取り入れ、季節の移り変わりも感じることができる花壇を作っていきました。

高さや色のバランスも考え、風がそよぐと揺れるような…
そんな、空気の動きも感じることができる花壇。

これは7月の花壇
Dsc08417_1

見る角度で、全く違う表情
Dsc08423_1

きっと、風や、その時の気候でも表情が変わる。
Dsc08414_1

これは8月。
Dsc09628_1
花の再生の為に短く切り戻したりしながら、秋まで長持ちするよう手入れをしていました。
今年は台風も多かったので、時にはネットで予防もして、守り切りました。

そして10月。
Dsc00596_1
本番まであと数日。
予定通り、結婚式にピークが合った!

新郎新婦が上るスロープ。
Dsc00605_1
花達に祝福されながら、ステージへ。

こちらの階段を使っても、やっぱりいい。
Dsc00584_1

そしてこの空も全て独り占め(二人か…)
Dsc00608_1

まるで、自分が作った花壇のように書いて参りましたが…

この花壇は、沢山の人の手によって作られてきました。

デザイン、栽培、計画段階から指揮を執ってきたのは、広世さん。
昨年、園内の見頃の写真を撮っていたので、それを基に、10月に美しい花をリサーチ。
さらに、留学経験のあるカナダで見てきたガーデニングをイメージ。
もちろん、ここは富山なので、富山でしか表現できない、土地に合ったガーデンを作り上げました。

今回のこのブログは、広世さんへのインタビューを基に書かせて頂いたわけですが…
センス、経験、計算、あらゆる知識の融合…
ガーデニングというものの、深さ、広さを垣間見た気がします。

これは植物園のブログなので、植物のことを中心に書かせて頂いております。
植物園非公式ブログではありますが、企画会社さんの宣伝はここではできず、残念です。
ただ、私達だけでは、こんな素敵な結婚式はできなかっただろうなと思います。

花壇も、結婚式も、新郎新婦はもちろん、多くの人の手によって、作られたもの。
多くの人の、祝福の気持ちで、作られたもの。

沢山の人に見守られながら
1

どうぞお幸せに!



|

« 結婚式のおはなしのつづき… | トップページ | 紅葉のおはなし。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290176/57744913

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚式のおはなしのつづき。今度は花壇ね。:

« 結婚式のおはなしのつづき… | トップページ | 紅葉のおはなし。 »