« ゲッカビジンの蕾カウントの結果… | トップページ | 水草展の準備、ラストスパート。 »

次は「水草展」の準備中…。

三晩に渡って開催された「ゲッカビジン鑑賞会」
Dsc06768_1
初日は10輪、二日目は150輪、三日目は250輪、合計400輪以上の大輪の花を咲かせました。
低温が続いたことなどが影響し、一気に400輪とはいかなかったものの、それでも一晩で200輪以上咲けば、十分な数。

そして、来場者数は合計2500人以上。
Dsc06772_1
夜が進むにつれて開いていく花々を、多くのお客様が見届けて下さいました。

毎年、これを撮影するのを楽しみにしているカメラマンの方。
必ず家族揃って見に来て下さる方。
ずっとこれを見たかったと、初めて来て下さった方。
今年に限って見られなかったけど、テレビで見た!という方…
様々なお客様にご覧頂きました。

わたくしも、一晩だけ見に行きましたが…
お花の素晴らしさはもちろんですが、これだけのお客様が、「ゲッカビジン」というひとつの花だけを見るためだけにここに来て下さり、そして一つの花だけを眺めるというこの空間。ゲッカビジンが放つ魅力、人を動かす力に驚かされました。
Dsc06776_1

来年の開花数なんて花自身もわからないことですが…来年もお楽しみに。
なんと申しますか…パワーのある空間だと思います。

さて、イベントも終了し、ガランとしたサンライトホールには
Dsc06789_1
パネルで囲われた謎の空間のみが残る。

もう一月ほど、ここにあったのですけどね。
Dsc06794_1
たまに人の頭が見えたり…
このパネルの中は何か、よく聞かれました。

何があるかと申しますと
Dsc06778_1
水槽でした。

次の企画展の準備中なのです。
Dsc06787_1
『水草展 ―川の中にも森がある―』
7月17日(金)から9月30日(水)までの二ヶ月に渡る長期イベント。
「第35回 全国豊かな海づくり大会」の関連イベント。

この水槽、川の中の森をイメージして水草で作られたもの。
Dsc06782_1
上手く撮れない技術が残念でなりません。
二カ月に渡るイベントの為、その間徐々に水草が成長し、見応えある水槽になるように計算されたものです。
さっきの背中の川住君が作ったもの。
水生植物は、彼の大得意分野。
苗字が、これが彼の天命って感じでしょ?
川の中の森の住民みたいでしょ?

この水槽作り、最近始まったわけではなく、もう何か月も試行錯誤して作られたもの。
バランスが悪かったのか、水が緑色に変色し、中身を総入れ替えしたこともありました。

土を変えたり、ヒメタニシを入れたり…
Dsc06781_1

名前忘れたけど小さいエビを入れたり…
Dsc06798_1

メダカも入ってるし…
Dsc06800_1_2
結果、功を奏したようです。
水の中のバランスが整ったみたい。
水草だけでなく、このような小さな生物たちも共存することで生態系が整うってことがよくわかる水槽になっております
特筆すべきは、水生植物も、小さな生物達も全て、富山県産ということ。
メダカに至っては、植物園の池出身。

川や田んぼ、池の中って、あまり見ないでしょう?
だいたい似たような植物しかないって思いこんでいたり…
とんでもない。
川の中には、地上と同じ、森が広がる。
同じどころか、見たこともない森が広がる。

水槽に植栽された水生植物についても聞いたのですけど、それはまた次の機会に…。

「川の中の森」に興味をお持ちになりましたら、是非この水槽を見にいらして下さい。

|

« ゲッカビジンの蕾カウントの結果… | トップページ | 水草展の準備、ラストスパート。 »

イベント」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290176/60713385

この記事へのトラックバック一覧です: 次は「水草展」の準備中…。:

« ゲッカビジンの蕾カウントの結果… | トップページ | 水草展の準備、ラストスパート。 »