« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

本日の熱帯果樹室

お久しぶりの、熱帯果樹室。

入ってまず目に飛び込んできたのは
Dsc07047_1_2
大豊作のレンブ。
今年どうかした?

真っ赤な果実がたわわに実ります。
美味しそう。
Dsc07046_1_3
まずいけどね!(お味がうすい)

そして定番のバナナ
Dsc07040_1_2
なかなか魅力的な成育状態。
いいんじゃない?

バナナの説明は、何度も書いてきたので省きますね…
って思ったけど、見やすいバナナが近くにあったので、すっごく簡単に説明。
Dsc07042_1_2
この、先端の筆のようなものを花と思いがちですが、この赤い花びらのようなものが苞葉。
この中にある果子が花。これ一つ一つが成長して、あの甘いバナナの房(上の写真)になる。

バナナって、お尻(枝から遠い方)の部分が甘いのですって。
毎朝バナナを主人と半分こしておりますが、実はお尻のほうを私が食べてるのは内緒です。

タコノキの果実も、美味しそうな色に。
Dsc07050_1
でもコレ硬い!
水辺に生息するタコノキは、この果実をポロポロと川に落とし、水の流れで種子を運んでもらう。だから、中の種子を守る為にこの硬さなのですね。
ただ、香りはとてもトロピカルで美味しそう!硬くてもいいからしゃぶりついてみたい。

実は!
Dsc07054_1
これを載せたかったのですが…
「見つけられますか?」って…
見つけられませんでしたすみません。

上を見上げて、とりあえず撮っておけば写ってるかも!って思ったけど
Dsc07055_1
写っていませんでした。雑なことしすぎた。
初結実ですしね!ぜひご来園になって見つけて下さい!
そしてわたしに教えてください。

東南アジアのお土産ではよく見てるのだけど…。
あの豆ですよね。
また探してみよう。

| | トラックバック (0)

ナツズイセン

北池の畔、ピンクのフラミンゴが見頃です。
Dsc07031_1
ナツズイセン。

これを撮りに行きましたら、昨夜のオオオニバスの開花の残り香で、池の周りがパイナップルの香り。

今、北池は、花も香りも楽しめるおすすめスポット。

昨日の夜間開園のオオオニバス鑑賞会、きっと素晴らしかったはずです。

| | トラックバック (0)

オオオニバス夜間鑑賞会

本日8月21日(金)と、明日22日(土)の二日間に渡り、「オオオニバス夜間鑑賞会」を開催致します。
詳細はこちら。

花の蕾も増えてまいりました。
Dsc07008_1

夜咲きの大きな花が特徴です。
Dsc07011_1
これは、恐らく昨夜咲いた花の名残?
これが、一日目は白色、二日目は紅色へと変化するのが面白い。
そしてパイナップルのような甘い芳醇な香りが一層深くなる。

これが蕾。蕾で、大人のげんこつ以上の大きさ。
Dsc07010_1

葉も立派に成長。
Dsc07012_1
乗れそうな位置にありますが、乗らないで下さいね。
お子様のイベントは、重さを分散させているので乗れますが、このまま乗ると重さが集中して穴が開きますよ。
カモなら毎日乗ってますけど。というか穴が開いても乗ってますけど。

そして、今晩一晩のみのステージ。
Dsc07013_1
ウクレレとフラのステージです。
ハワイの夕焼けを想像しながらお楽しみ下さい。

また、夏の夜の温室鑑賞もおススメです。
昼間の温室とは香りが違う。
夜咲きの花の香りは甘く深いですからね。

夏の終わりを惜しみつつ、この夏最後のイベントとして、いかがでしょうか。

| | トラックバック (0)

水中の神秘

好評開催中の「水草展」。

ちょうど一月経過致しました。

目に涼しげだと評判の水槽の中にも、変化が…

水面に浮かぶ白い粒…どこから来たの?
Dsc06996_1

ここから来た。
Dsc07006_1
セキショウモの雄花。

これが開花して
Dsc07007_1
花粉が生産され、水面を漂う。

その花粉が、雄花に吸い寄せられるようにして受粉。
Dsc06991_1
メダカも吸い寄せられて…るわけではないです。通っただけ。

この花粉、ただ漂って、偶然受粉できるのを待っているだけではなく、表面張力を利用して雌花に吸い寄せられる仕組みになっています。
水の中でも、このような子孫繁栄の仕組みが成り立っているのですね。

自分の足元にも気が向かない。
ましてや水中まで気にかけることがない方、きっといらっしゃることでしょう。
私なんて、目の前に見えてるものだけで頭がいっぱい。

今回の「水草展」は、普段見えていないものがよく見える企画展。
水草も、通常は見ることができない角度から見ることができます。

いつも見ている、見えている景色以外に興味を向ける。
そこから、また違うものが見える「きっかけ」になるかもしれません。

9月末までです。
過ごしやすい気候になったのも、良い「きっかけ」です。
是非お越し下さい。

| | トラックバック (0)

水辺に浮遊する花。

この時期の温室の風物詩

水に浮くサガリバナの花。
Dsc06951_1
これは、水連鉢に浮かべた花。
水辺に生息する木なので、花も水に落ちる。

ここから落ちて、フワフワと浮遊。
Dsc06952_1
このように、花が枝から垂れ下がるように咲くことから、「サガリバナ」と呼ばれるようになりました。

花は夕方から夜にかけて咲き、翌朝には落下します。
この、落下した花を綺麗な状態で見られるのが、朝一番の植物園。
西表島などの自生地では、早朝に落下した花が水面を覆い尽くし、美しい景観を作ります

水に落ちなかった花も
Dsc06953_1
ブラシ状なので、フワフワの生き物が寄り添っているような…

これは、枝に咲いているの?
Dsc06954_1
たまたまここに、落ちずに引っかかっただけ。

そして、花を落とした後に果実ができて水に落とし、遠くへ種子を運んでもらう。
Dsc06958_1
これが果実。固い殻で、中の種子を守っています。
できるだけ遠くまで、水に運んでもらえるように。
水辺に生息する植物の、子孫繁栄の術のひとつ。

オオオニバスの花の夜間鑑賞会(夜間開園)の際は、夜に咲くサガリバナもご覧頂けるかもしれません。→詳しくはココ。
沖縄に住んでいた友達も、なかなか見ることができなかった花だそうです。
富山で見ることができる、数少ないチャンス。

来られない方は、朝一番の植物園へどうぞ。
早起きは三文の得。ちがう、徳。

| | トラックバック (0)

乗ってますよ。

まさに今。
Dsc06943_1

大人も乗れる模型も用意。
Dsc06948_1
大人も楽しめるイベントです。

| | トラックバック (0)

「オオオニバスに乗ってみよう」始まりますよ。

取り急ぎ、準備中の様子。

始まりますよ。

やっぱり暑い日ですが、桜並木の木陰です。
Dsc06941_1

詳細は→植物園HPをご覧ください。

| | トラックバック (0)

イベントのお知らせ

年間スケジュールには掲載されていない、夏休み特別イベントのお知らせです。

富山市婦中まつり連携イベント
「スイカ展 ―スイカ大集合―」

開催期間 平成27年8月12日(水)~15日(土)
開催時間 9時から17時(最終日の展示は16時で終了)
入園料 大人500円 高校生以下無料

富山県産のスイカ、大きくて珍しいスイカ等の展示
ココナッツアイランドオリジナルのスイカかき氷販売(数量限定)
スイカ割り(振る舞いスイカがあるか????ココ、断言しませんけど)
そして…

富山県では割と人気の高い
Dsc06933_1
「ジャンボール三世」と!

全国的に確実に人気の高い
Dsc06934_1
「くまモン」がやってくる!
(滞在時間は画像のとおり)

ポスターはこれ
Dsc06932_1
食べ物に!キャラクター!
お子様おおよろこび!

暑い中、もはや行き先に困ってるお父さん。
毎日「お腹空いた」の大合唱をなだめているお母さん。
ゆるキャラファンのあなた。
アウトレットに興味のないあなた。

植物園へどうぞ!

日時は、ちゃんと確かめてからいらして下さいね。
くまモンの滞在時間、30分ですから。
念のため。
ジャンボールは3時間半ですから。
念のため。

格差じゃないですってば。
わたしジャンボールファンです。

| | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »