« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

新商品ですよ。

何年ぶりかの、植物園グッズのご案内でございます。

オリジナルクリアファイルを作りました。
Dsc07618_1
ちょうのすけくんがどんぐり帽子かぶってます。
使いやすさにもこだわりましたよ。

上半分を透明なままにした理由は
Dsc07620_1
中に入れた資料等のタイトルが見えやすいようにという配慮から。

そして下半分のこの欄は
Dsc07619_1
鉛筆でメモ書きできるようになっております。
鉛筆で書けるから、消して何度も使えます。

裏面は
Dsc07621_1
園内のドングリ達の見分け方をかわいいイラストで教えてくれますよ。

小さなお子様でも読めるよう、ひらがな表記。
Dsc07622_1
一つ一つ、違いが分かるように発色にもこだわりました。

一枚100円でございます。

植物園のお土産にいかがでしょうか。
5枚買っても500円(当り前)。

個人的には、「ちょうのすけそう」の妖精のちょうのすけくんが、ドングリの帽子かぶっちゃって、君は何の妖精だったかな?っていうユルさが大好きです。


| | トラックバック (0)

バオバブの花が咲きました。

「星の王子様」にも登場するバオバブの花が開花しました。
夜咲きの花なので、これは昨夜咲いた花。
まだ、今日まではこの開花した状態で楽しめるはずです。
Dsc07605_1
        開花するサイズに達したバオバブは国内には数か所しかなく、しかも当植物園のバオバブは最大級の大きさです。

最近は、温室担当者が試行錯誤しながら改良を重ね、熱帯果樹室内のあらゆる果実がよく結実するようになってきました。
このバオバブは、まだ結実はしたことはございませんが、開花数は確実に増えていると思います。
ただ、たまたま休園日に重なったり、なかなか良い状態でお見せできるタイミングがありませんでしたが…

今日のお花は見頃ですよ!
見やすい位置に、見やすい陽射し。

明日はしぼんで茶色くなります。
是非、本日ご覧下さい。

| | トラックバック (0)

雨飾山登山へ。

下界の緑はまだ紅葉途中ですが…

紅葉真っ盛りの雨飾山登山へ行って参りました。

先日登りました大日岳は2500m級で、もう雪も降っている標高。
雨飾山は1963mで、今まさに紅葉真っ盛り。

前日まで、天気予報が二転三転。前夜まで翻弄されました。
が、いざ朝を迎えると
Dsc07515_1
くっきりとした立山連峰の稜線。そしてはっきりと光る金星。
今の段階では登山日和。
決行。

道中、海を見ると虹が…
Dsc07516_1
キレイだな~!幸先いいじゃん?
なんて見ていたら、これは荒天の前兆とか。
不吉な虹か…。

そして登山口の雨飾高原キャンプ場。
Dsc07524_1
この標高でも、「紅葉してるな~」って思いますが、まだ早い。

登山届は忘れずにね。
Dsc07520_1

林道を歩いている時点で、この紅葉。
Dsc07529_1
前日の雨でぬかるんでいた為、足元ばかり気にしていたのがもったいない。

雲が多くて色が沈んでおりますが、標高による紅葉のグラデーションが美しい。
Dsc07531_1

シモツケソウ?
Dsc07539_1

マムシグサの果実
Dsc07541_1

目的の山はまだこの向こうだって。
Dsc07535_1
え~。
きれいだけど…
え~。

戸隠山まで見えてきた。
Dsc07542_1
そうか、糸魚川だから、信州の山が見えるんだ。
何を見ても「立山連峰」と思ってしまう素人には、こういうことが新鮮。

今回、写真少ないですよ。
あっという間に
Dsc07550_1
頂上が目の前ですみません。
大渋滞でした。
さすが日本百名山。
さすが連休。

ここは猫耳で、ピークが二つ。
Dsc07560_1
もう一つのピークを見下ろす。
しかし混んでる…。

なかなか陽が射した、鮮やかな紅葉が撮れませんでした。
Dsc07563_1
唯一陽が射した山肌。
これでも伝わらない。
実際は、終始感嘆の声でした。

正直に申し上げます。
Dsc07565_1
何かわかりません。調べておきます。
キンポウゲ科?

ここまでピンク色になったマユミの果実は初めて見ました。
Dsc07573_1
紅葉とは違うこの赤みは、一際目を引きます。
園内のマユミも見に行ってみようかしら。

今年は恐らくこれで登り収め。
なかなか行けなかった登山。
今年は秋になって二度も機会に恵まれ、大変満足しております。

前回は園内の今の紅葉具合を載せましたが、山から下りて来た紅葉も、そろそろ園内に到達することでしょう。
これも書きましたが、紅葉する樹木を集中して植栽しているわけではございませんので、「園内真っ赤!」という具合にはいきません。
が、植物園ならではの色付き、植物達の秋の姿をお楽しみ下さい。

今週末も、晴れ続きですって。

| | トラックバック (0)

園内の色付き具合は?

今日は朝から、園内の色付き具合を確認するため、外へ…。

デッキから見る限りは、桜並木の紅葉はまだですね。
Dsc07586_1

桜並木に近付いて、やっと紅葉に気付く。
今はまだその程度。
Dsc07588_1

青空で光を透かすと、色付いた葉がキレイ。
Dsc07590_1
ステンドグラスのような。

ギンヨウボダイジュの黄色い紅葉。
Dsc07596_1
これももう少し色付きが進むはず。

コキアの赤。
Dsc07599_1
毬藻のような緑の球体だったのに、いつの間にか赤い球体に。

紅葉探しの最中に、ジュウガツザクラに出会う。
Dsc07592_1
ちょっと嬉しい。

様々な樹木を植栽している為、山のような集中的な紅葉が見られる植物園ではありません。
しかし、様々な樹木を植栽しているからこそ、紅葉以外の「秋の姿」をご覧頂けます。

紅葉が目立ってくるまで、あと少しかしら?

| | トラックバック (0)

念願の七福園へ。②

お山のお話の続き。
鮮度が落ちないうちに。

木道沿いでは、ウラジロナナカマドの紅葉が目立つ。
Dsc07317_1

そしてハイマツの緑と、黄色い紅葉と、秋の空。
Dsc07318_1
もう、ここだけで十分自然の庭園。(だから帰ろう…って思いもした)

笹の葉に着いた青いペンキ。
Dsc07320_1
こうやって見ると、この青って植物の世界では不自然な存在感。

この時点では山頂に雲が掛かりやすかったのですが。
Dsc07324_1

岩場登っているうちに雲の切れ間も見えて来た。
Dsc07329_1
この岩場登りが辛くて、ここから写真ほとんどないです。

お陰で写真も一気に大日小屋付近。
Dsc07331_1
チングルマ。ふわふわヘアが儚く揺れる。これもそろそろ見納めかな。

ゴゼンタチバナの果実も赤く色づき。
Dsc07332_1

あ、これ、覚えてる。長谷川さんが教えてくれた。
潰したら、サロメチールの香りがするアレだ!
Dsc07339_1
シラタマノキ。

こういう、ワンアクション経たものって、記憶に残る。
でも、潰したら甘い香りがしたのですよね…鼻がおかしいのか。

そして念願の七福園!
Dsc07341_1
に着いたらガス!!
それでも十分美しい。
実際はもっと良い発色ですから。
自然が作った天空の日本庭園。
来て良かった。
「また来たい?」って聞かれて、つい「うん」と言ってしまうほど満足しました。

そして帰り道でふと横を見ると
Dsc07342_1
ああ、あっち弥陀ヶ原か。
いつもは、ケーブルカーとバスを使って行く高さまで、歩いて登ったのか…
たまにバスも見える。

(やっぱりバスで来たい…)←ここは通っていません。


ということで、わたくし、無事七福園にたどり着けました。
皆さまも、今年の紅葉をどうぞお楽しみ下さい。
無理しないで。

| | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »