« 園内の色付き具合は? | トップページ | バオバブの花が咲きました。 »

雨飾山登山へ。

下界の緑はまだ紅葉途中ですが…

紅葉真っ盛りの雨飾山登山へ行って参りました。

先日登りました大日岳は2500m級で、もう雪も降っている標高。
雨飾山は1963mで、今まさに紅葉真っ盛り。

前日まで、天気予報が二転三転。前夜まで翻弄されました。
が、いざ朝を迎えると
Dsc07515_1
くっきりとした立山連峰の稜線。そしてはっきりと光る金星。
今の段階では登山日和。
決行。

道中、海を見ると虹が…
Dsc07516_1
キレイだな~!幸先いいじゃん?
なんて見ていたら、これは荒天の前兆とか。
不吉な虹か…。

そして登山口の雨飾高原キャンプ場。
Dsc07524_1
この標高でも、「紅葉してるな~」って思いますが、まだ早い。

登山届は忘れずにね。
Dsc07520_1

林道を歩いている時点で、この紅葉。
Dsc07529_1
前日の雨でぬかるんでいた為、足元ばかり気にしていたのがもったいない。

雲が多くて色が沈んでおりますが、標高による紅葉のグラデーションが美しい。
Dsc07531_1

シモツケソウ?
Dsc07539_1

マムシグサの果実
Dsc07541_1

目的の山はまだこの向こうだって。
Dsc07535_1
え~。
きれいだけど…
え~。

戸隠山まで見えてきた。
Dsc07542_1
そうか、糸魚川だから、信州の山が見えるんだ。
何を見ても「立山連峰」と思ってしまう素人には、こういうことが新鮮。

今回、写真少ないですよ。
あっという間に
Dsc07550_1
頂上が目の前ですみません。
大渋滞でした。
さすが日本百名山。
さすが連休。

ここは猫耳で、ピークが二つ。
Dsc07560_1
もう一つのピークを見下ろす。
しかし混んでる…。

なかなか陽が射した、鮮やかな紅葉が撮れませんでした。
Dsc07563_1
唯一陽が射した山肌。
これでも伝わらない。
実際は、終始感嘆の声でした。

正直に申し上げます。
Dsc07565_1
何かわかりません。調べておきます。
キンポウゲ科?

ここまでピンク色になったマユミの果実は初めて見ました。
Dsc07573_1
紅葉とは違うこの赤みは、一際目を引きます。
園内のマユミも見に行ってみようかしら。

今年は恐らくこれで登り収め。
なかなか行けなかった登山。
今年は秋になって二度も機会に恵まれ、大変満足しております。

前回は園内の今の紅葉具合を載せましたが、山から下りて来た紅葉も、そろそろ園内に到達することでしょう。
これも書きましたが、紅葉する樹木を集中して植栽しているわけではございませんので、「園内真っ赤!」という具合にはいきません。
が、植物園ならではの色付き、植物達の秋の姿をお楽しみ下さい。

今週末も、晴れ続きですって。

|

« 園内の色付き具合は? | トップページ | バオバブの花が咲きました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290176/62074214

この記事へのトラックバック一覧です: 雨飾山登山へ。:

« 園内の色付き具合は? | トップページ | バオバブの花が咲きました。 »