« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

クリスマスリース

毎年、大きなリースを製作して飾っておりますが、今年のリースは過去最大かもしれません。
Dsc07798_1
アジサイがメインの、シックなクリスマスリース。
寒色系のリースって、こんなに素敵。

大きさ、伝わりますか?
Dsc07799_1
比較に、下に傘を置きました。

そして、今日は「クリスマスリース作り」最終日。
毎年大人気のイベント。
申し込み開始と同時に予約が埋まります。
Dsc07801_1
満員御礼。ここだけ熱気がすごい。

人気の理由。
Dsc07803_1
植物園産の天然素材を

お好きなように使えます。
Dsc07804_1
自分でこれだけ用意するのって、大変でしょ。
お金もかかるし。

素材をかごに集めてきて、作業開始。
Dsc07805_1
もう、これを見るだけでも、素敵なリースの完成が予想できますね。

あまりに人気で、なかなか申し込めない方もいらっしゃるようですが…

吉報。
12月4日(金)~6日(日)まで開催されるクリスマスフェアの中の体験コーナーで、同じようなリース作りができますよ。
詳細はこちら→他にも楽しい催しものが盛りだくさん。
数百円で、とても立派なリースができます。

あ、もう来週です。
上のリンクでスケジュールを確認して、遊びにいらして下さいね。

私が楽しみにしているのは、ヒーリーさんの手作りジャムのコーナー。
イギリス人のヒーリーさんが素敵っていうのは関係ありませんよ。
ジャムが美味しいからです。
ジャムが美味しいから…。

これがヒーリーさんの手作りジャム。
Dsc01317_1

これは昨年の会場。大賑わい。
Dsc05512_1
あ、ちょっとヒーリーさんのジャムが写りこんで…。

さて、そろそろ素敵なリース、出来上がったかな。

| | トラックバック (0)

雪囲い

来週あたりから、富山もグッと気温が下がるとか。

今年も冬に向けて急ピッチで作業が進んでおります。
Dsc07773_1
雪吊り、雪囲い作業。

急ピッチではあっても、確実で、美しく仕上げる。

水戸納豆。
Dsc07778_1
南国出身、ソテツくんです。
こうして、寒い富山の冬を何度も乗り越えてきました。
良かったね~。今年もこれで寒くないね~。
寒くないことはないよね~。
慣れたんだよね~。

今年もソテツくんは頑張ります。

| | トラックバック (0)

明日からですよ。「第9回 秋のラン展」

世間は明日から3連休。

富山はお天気微妙です。

さて、何します?

そうだ。植物園に行こう。(新鮮なセリフですね)

11月21日(土)から23日(祝)までの三連休、「第9回 秋のラン展」を開催致します。

只今搬入作業の真っ最中。
Dsc07757_1
蘭の搬入が進むほど、甘い花の香りが濃くなっていく。

オンシジウム
Dsc07758_1
スカート広げた踊り子さん。

あら、変わった蘭ね。
Dsc07759_1
何かしら…と思ったら、デンドロビウムの一種みたい。
素人の私には、見たことがない蘭がまだまだあって面白い。

そして注目の寒蘭。
Dsc07765_1
鶴が飛んでいるようなしなやかなライン。

今年の特別展は、「寒蘭の新品種」
Dsc07767_1
私には、どれも「特別」に見える。

Dsc07769_1
「富山で育てやすい新品種」なのだそうです。

そして恒例の栽培講習会も開催致します。
「寒蘭の栽培管理」 11月22日(日)13:30~15:00
「洋ランの栽培管理」 11月23日(月・祝)13:30~15:00
共にドリアスホールにて。

もちろん即売コーナーもございます。
なにしろ会場には蘭のプロフェッショナルしかおりませんので…
蘭について質問をしてから購入すると、安心できますよね。

11月から1月は冬期の閉園時間、午後16時30分に変更になっておりますのでご注意ください。

毎度毎度、「ランの撮影って難しい」と言っている。
毎度毎度、「実物をご覧ください」って言うしかない。

| | トラックバック (0)

秋の植物園。冬の匂いもしてきた。

今朝の秋空があまりに気持ち良かったので、ちょっとだけ朝の散策へ。

南池の水鳥…増えたよね。
Dsc07693_1
本当にシベリアからここまで飛んできたのかな…と不思議になるほどふっくらしたおカモさん達。
重くない?海渡るには重くない?

シナユリノキの紅葉。
Dsc07696_1
別名「ハンテンボク(半纏木)」って名前がよくわかる形でしょ。

ボケの花。
Dsc07700_1
ボケたのは決してわざとではなく。
技術が残念だっただけ。

満開のユチャの花。
Dsc07704_1

果実も結実し、花と共に楽しめます。
Dsc07706_1

北米ゾーンの一角。
Dsc07710_1
イチョウに射し込む秋の陽射し。

カシワバアジサイも紅葉するって初めて知りました。
Dsc07712_1

すっかり葉の散った桜並木。
Dsc07713_1
この枝のシルエットに、もうすぐ雪の花を纏う。
冬ならではの美しい桜並木をお楽しみに。

落ちた桜の葉。
Dsc07717_1
この赤色が好き。
目に鮮やかな新緑から秋の紅葉まで、楽しませてくれてありがとう。

ジュウガツザクラ
Dsc07720_1
薄くて儚くて小さな花びらを光が透かす。
この下で賑やかにお弁当広げるような桜ではなく、思いがけず見つけて嬉しくなる桜。

北池の水鳥は
Dsc07722_1
南池より混んでます。整理券配ってます。ウソです。

赤い果実を多く見かける季節ですが、それにも様々な形がありまして

クロガネモチは、ワサッと固まる感じで。
Dsc07723_1

イイギリの果実は、ブドウのような房が下がった状態。
Dsc07726_1

アキグミは、枝にまんべんなく。
Dsc07728_1
甘いかな…。

ハクサンボクは、果実も紅葉も真っ赤。
Dsc07734_1_2

イロハモミジは、まだこれから色付きが期待できそう。
Dsc07731_1
濡れた紅葉も美しいので、雨の日の撮影も良さそう。
カメラがどうなるのかは全くわかりませんが。

花が少ないとはいえ、次のシーズンに花を咲かせる準備をしている植物たちの命の過程も、こんなに美しい。
様々な種類の植物の違いを確認できるのも、植物園ならでは。
ここでしかできない、季節の楽しみ方。

そろそろクリスマスソングでも流そうかしら。

| | トラックバック (0)

紅葉をお伝えしたいのですが。

桜並木の紅葉が進み、晴れ間も出てきたので撮ってみましたら
Dsc07663_1
真っ暗。
シルエットのみ。
これでは何もお伝えできないわと、使いきれてないカメラ機能を駆使して
Dsc07669_1
明るくしてみたらこうなった。
おお、ヌマスギ三兄弟の色の違いもわかりやすくなった。→兄弟かどうかって知らないけど。

もうちょっとやってみる?
Dsc07670_1
ここまですると、見えてる景色と違うな。
苦情がきそうだ。

いかがでしょうか。
桜並木の色付きは伝わりましたでしょうか。
今週はお天気が良さそうです。
青空に映える紅葉をお楽しみください。

植物園は、11月から1月の間、16時半閉園です。
ご注意ください。

| | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »