« メンテナンスあってこそ。 | トップページ | 沖縄展「島の恵み-亜熱帯地域の植物資源の活用Ⅱ」 »

新年初、シモバシラ。

聖母のような大原さんが、「ここ(インフォメーション)は見てるから、外を見てきていいよ。」という優しいお言葉をかけて下さったので、久しぶりに外に出た!こんなに晴れてる日に!
こんな景色を見ることができました。
Dsc003871
立山連峰と大原さんに手を合わせて拝みたい気分。

目的は、大原さんから伺ったコレ。
P10730591
シモバシラ
シソ科の多年草で、枯れた茎に霜柱ができます。
今日みたいな、まるで関東の冬のような晴れた、放射冷却の朝、前日の星空がキレイだった朝、キンキンに寒い晴れた朝に、見られるかも知れません。もしかすると明日も見られるかも…
午後はもう、溶けて見られません。

実は、私が見に行った10時近くには
Dsc003901
この状態でした。これもキラキラして美しいのですが、水あめを巻いたようなあの霜柱をご覧になるなら、絶対に朝の早い時間がお勧めですよ。

こんなにあったみたい!私が見た時は2本だけだったのに。
P10730611
これらは、朝一番に見回りをして下さった山下さんの写真。
うん。上手い。

水あめぐるぐる巻いたようなシモバシラの写真も撮って下さった。
P10730621
水の動きを定点観測したかのような、有機的な形。

さて帰ろう。聖母がインフォメーションで待っている。自転車で風を切って走ると涙が出る。風が冷たすぎます。

カモの安住の池を横目に
Dsc003931
カモ、多い。ペリー来航ってきっとこんな光景。(黒船ね)

そして、今日、写真を撮るヒマもなくあっという間に配りきってしまった、散らない桜のお守り、コシノフユザクラ。
Dsc003981
満開でした!
お守りを受取ったお客様、この花を見に行かれて、満開だったと大喜びでお帰りになりました。わたし、試験ないんだけど、合格した気分。満開って嬉しい。
お守りの詳細はこちら→もう今年の分は終了しましたよ。

さて、明日も午前中は晴れるようです。
シモバシラ、見られますように。

|

« メンテナンスあってこそ。 | トップページ | 沖縄展「島の恵み-亜熱帯地域の植物資源の活用Ⅱ」 »

見ごろの植物」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290176/69151359

この記事へのトラックバック一覧です: 新年初、シモバシラ。:

« メンテナンスあってこそ。 | トップページ | 沖縄展「島の恵み-亜熱帯地域の植物資源の活用Ⅱ」 »