« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

カンザクラ

サクラ・ウメ園で咲き始めました。
Dsc009281
少し肌寒いけど、陽射しが背中に当たると暖かい。
そんな季節に咲く桜、カンザクラ。
漢字で書くと「寒桜」。ぴったりな名前。

二季咲きのジュウガツザクラ
Dsc009331
秋に見た蕾が再び。
久しぶり。また会えましたね。
冬の間見てなかったんだけど、元気だった?
これはまだ冬の蕾の大きさで、本当に春から咲く蕾は倍ほどの大きさになります。

関東では恐らく満開かしら?
Dsc009361
カワヅザクラ(河津桜)の蕾も膨らみ始めました。

そして足元には
Dsc009411
菜の花がスクスク育っております。

紅色、桃色、緑色、黄色の桃源郷になるのも、もうすぐ。
明日からは、三月。

| | トラックバック (0)

春の予感。

ここ数日、一層春の訪れを感じておりましたが…

サクラはまだかいな。
Dsc009171
池の向こうのソメイヨシノの桜並木。
快晴の昨日撮れば良かったですね。
今日は陽射しもなく、この写真では伝わりませんが、なんとなく、なんとなく、枝の先が赤みを帯びてきたような気がするのです。
遠くから眺めていると、そう見えて来るのです。「そんなことはない」って言われましたが。

でもほら。
Dsc009201
真冬より、花芽も付いて、それが赤っぽくなってきた気がする。
これが集まったものを遠くから眺めたら、ぼんやりピンクがかって見える気がするのですけど…。
「気がする」って何回言ったかしら。

この桜のトンネルも、きっと昨日通ったら、少しピンクに見えたんじゃないかな。
Dsc009221
そんな気がするのです。
春の訪れの「予感」だから、「気がする」くらいでいいのです。
気付かない間に少しずつ近付いてくるくらいが、ゆっくり春を楽しめるからいいのです。

| | トラックバック (0)

黄色い花。

早春は、黄色い花が多い気がします。
媒介する昆虫が見付けやすい等、諸説あるようですが…

ミツマタ
Dsc009041
一つだけ咲いていました!

ハマメリス・インテルメディア
Dsc009091
黄色いクラッカーが弾けるように咲いています。

ロウバイ
Dsc009131
蕾も多いので、まだ楽しめそう。

こんなに晴れるとはね。
今朝は雪の中を走っていたはずなのに。
今日は沢山のお客様がいらっしゃってますよ。
こんな気持ちの良い空ですものね。
きっと福寿草も沢山開いていることでしょう。

| | トラックバック (0)

トウツバキ

雲南温室ではトウツバキが見頃を迎えております。
Dsc008761
あら、随分咲いていた。
サンライトホールからほんの少し離れている為、うっかり見過ごしがち。
熱帯果樹室を通り過ぎて外に出て左手に歩いてほんの20秒ほどですよ。

中国の雲南省では、この花の開花で春の訪れを喜びます。
日本で言う桜のような存在です。お花見も、この木の下で楽しむそうです。
もう7年も経ちますが、未だに思い出す雲南旅行。
温暖な昆明では、今ぐらいの季節に、温室ではなく外で満開のトウツバキを楽しめます。

温室では様々な品種を栽培しておりますが、その中からいくつか写真を。
Dsc008771
ツバキの園芸品種‘フランク・ハウザー’
トウツバキの交配種。

トウツバキ‘菊弁’
Dsc008821
奥さまの習い事でこういう石鹸削るアート、ありませんでしたっけ。

トウツバキ‘楚雄茶’
Dsc008861
大輪の花。手のひらくらいはありますよ。

こちらはヤブツバキ‘白秧茶’
Dsc008901
咲き始めなので痛みもなく、とても美しい状態です。

そして足元にはケショウザクラ。
Dsc008941
中国名を「報春花」と言います。
春の訪れを報せてくれる花。
サクラソウの一種です。

外では福寿草も咲き、温室ではケショウザクラも咲き、さて、ソメイヨシノの蕾はどんな状態かしら?て見に行こうと思ったら雪。
すっかり降らなくなった雪。
この雪、いつか見られなくなる日も来るんじゃないかと思うと…もう少し雪も楽しみましょうか。
雪が溶けたら春が来る。この順番じゃないと。ね。

| | トラックバック (0)

足元から、春。

昨日、関東と北陸に吹いた春一番。

植物園では、一足お先に春の便りが届いておりました。

三日前の、春一番。
P21632181
福寿草。

陽射しを浴びようと、落ち葉を押し退けて。
P21632161
可憐だけど、なんて逞しいの。

陽射しと気温が揃った時に開花しますので、そんな天気の日が見頃です。
本日も、恐らく開花しているでしょう。曇り始める前にご覧下さい。

| | トラックバック (0)

最近話題のパイナップル

未だに歌詞の意味はよくわからなくて、笑いどころも全くわからないあの歌で話題の
Dsc007391
パイナップルのお話なのですけどね。

パイナップルの生り方が想像を超えていて面白いってお話は何度か書きました。
木に生るわけでもなく、地下に埋まっているわけでもない。茎の先端で結実します。
そして、六角模様の個性的なあの姿。実は、あの六角形は一つの花から出来た果実なのです。それが集合して、真ん中に通った芯に繋がってあの姿に。私達が食べているのは、子房、苞、ガクの下部が癒着して肥大したものなのです。
私達が見ている「一個」は、実は沢山の果実の集合体なのです。
実は、前回の「女王の涙」もパイナップル科なんですよ。
今、パイナップル科が見頃です。

パイナップル流行りついでに書いてみましたよ。
パイナップル流行りついでに読んで下さいね。


| | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »